南アルプス 白峰三山縦走 2017秋 day3 絶景の北岳へ…

おはよう

b0183911_22093106.jpg





ボイラー音で眠った気がしなかったものの、
すっきりした気持ちで起床できたのはお山マジック〜

明け方、目が覚めた時はテントの側面が氷でバリバリでしたが、
再び目覚めて身支度している頃には氷もなくなっておりました。。
(昨年のOMMの方がよほど寒かったー。)


ダウン着込んで丘に登って眺めるは…
b0183911_22093834.jpg
日の出と富士山。
昨日、夕食を隣でご一緒した方々は日の出を間ノ岳で見るため2時頃起床するとおしゃってましたが…
これ、間ノ岳から見たらもっと凄かったかもしれません。
でも、もうこれだけで十分な景色、存在感。
b0183911_22093106.jpg
ゆっくり ゆっくり
赤く染まってきて
b0183911_22093199.jpg
おはよう、今日の いちにち。




b0183911_22093108.jpg

北岳様もおはようビームで真っ赤。

b0183911_22093071.jpg
雲海の果てにあかあかと姿を表す太陽と、富士山。
自然と「ありがとう」と謙虚な姿勢に心が正されるのもやはりお山マジック。
お天気に恵まれた今回の山行きに感謝。


b0183911_22093146.jpg
予想通り高山病気味で胃のムカムカ感があり、朝は食欲なし。
でも、吐いたり頭痛が起こったりはなく、昨日の徘徊が効いたのか、テントが良かったのか。。
体調悪いものの、気持ちは元気な朝でした。

素早くジェットボイルで沸かしたお湯でお味噌汁のみいただいて、テント撤収に。
が、これが結構時間がかかってしまい、Mママ達に手伝っていただきました。
これも学習だなーー。


7時過ぎ、いざ北岳に向けて!
行ってきまーす!
b0183911_22093093.jpg


北岳様、これが当初予想していた10月の3000メートル級の環境。
風が強くて、さ、寒い〜
b0183911_21552801.jpg

やっと準備してきた真冬装備が効いている?
b0183911_21552900.jpg
振り返るとお世話になった北岳山荘。
こうやって見るとよくわかる稜線に佇むお宿。
ああ気持ちのよい眺めー。


向こうに見えるは北アルプスです!
b0183911_21552931.jpg

振り返ると富士様♡
b0183911_21552910.jpg



1時間くらいだったでしょうか。
日本第二位の標高を誇る北岳様登頂〜!
b0183911_21551732.jpg
オレ様北岳様(←勝手なイメージ)の山頂は物凄い人!人!人!
人気者の北岳様ならではですねー。

青い空、モクモク動く白い雲。
快晴の3193m、最高です!
本日はCTも余裕があり、この山頂をのんびり堪能します。


山頂からはもちろん、富士山♡

b0183911_21550230.jpg
大きく深呼吸。
気持ちいい。



東側は鳳凰三山!
ちょんっと尖っているのがオベリスクです!

b0183911_21551720.jpg

そして、北側には仙丈ヶ岳に甲斐駒ヶ岳。
UTMBの前に行ったねーー。
b0183911_22091971.jpg

こちらでジェットボイル出して一休み。
b0183911_22091908.jpg
ここにきてムカムカの吐き気がおさまったので、
私にとっては朝ごはん♪。
3193mのハーブティー、ゆっくりと胃に染み込み、最高でした!



1時間以上山頂で贅沢な時間を過ごしてから下山開始。
14時半のバスに乗車予定だったので、のんびりと。

b0183911_21551615.jpg
結構ヒヤッとするガレガレのトレイルを北岳肩の小屋まで。



振り返ると人で賑わう北岳山頂と、そして富士山♡
b0183911_21551618.jpg
肩の小屋が見えてきました。


b0183911_21551595.jpg
肩の小屋、おでんが美味しそうでした〜。
絶景の稜線にある良さげな小屋でしたが、北岳山荘よりこちらの方が標高が高いとのこと。
私には厳しいか…

b0183911_21551525.jpg


ここで、ビールがいただけたら最高だなー
b0183911_22091770.jpg




とにかく、ずんずん下る下る〜


やっと同じ目線になった鳳凰三山。
3年前に行ったね。


b0183911_22091783.jpg
徐々に樹木も。

b0183911_21550764.jpg
樹林帯に入ると紅葉〜
b0183911_21550752.jpg

一斉に季節に向かって色付く樹々の生命力、
そして短い期間の紅葉に逢えて嬉しい。


b0183911_22090964.jpg
昨日とは真逆の、とにかくずーっと下りです。


b0183911_22090958.jpg

途中、フラフラしている年配のソロの女性に遭遇。
ヨタヨタしてから、道にうずくまるのを見て、
声をかけてみると、どうやら水も切れて、しかもハンガーノックの様子。

前後かなりの人が歩いていたのですが、
どうも、助けを求められなかった様子。

が、私ももう下るだけ…と思っていたので、
水もわずか100ml程しか残っておらず、食料も昨日の想定外の夕食と、
先程の北岳山頂で食べつくしてしまい
ソイジョイ+αあったのみ。

いつも多めに何やかやと持っているのにこんな時に限って…(汗)
とびっくりしつつも、前を行くMママたちに水などは分けてもらえるので、
すべての水とソイジョイをお渡ししました。

意識もしっかりされていたし、前後かなりの人が歩いていたのでまぁ大丈夫だろうと
先を進みましたが…

ああ、何でこんな時に限ってなんだろうねぇ。。
余分の水と食料、大切ですね。。
b0183911_22090987.jpg


人助けになったのかどうか…
自分の装備のことなどで気づきをいただいた遭遇でした。



お昼過ぎに広河原に下山できました。
以前、鳳凰三山へ行った際に止まった広河原山荘でランチ。

b0183911_22091040.jpg

そして、14時のバスに無事乗車して昨日スタートした奈良田へ。
北岳さま、お世話になりました〜
b0183911_22091091.jpg


ちなみに、帰り通った道路ではあの落石は撤去されており、跡形もありませんでした。あの大きな岩はどこへ持っていかれたんでしょうね。。


---
お天気に恵まれるって、本当に幸せ。
綿密な計画はもちろん大切だけど、登山はつくづく「ご縁」であり運でもあるなぁと思います。
いきなりのルート変更やお宿の食事無しなどにもかかわらず、こんなに充実したアルプス行を満喫できるとは。何事もなく下山できたことも含め、北岳様との良いご縁に感謝です。



今年のアルプスはこれにて終了。

来年はどこへ行こうかねぇ…

[PR]
by tekuteku-m | 2017-12-04 23:36 | 登山 | Comments(0)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28