2017年 新年明けまして…etc

幸先よろし…

b0183911_11100434.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もみなさまにとって幸多き一年でありますように。
(もちろん、私も…!)



---
久しぶりに新幹線乗らずに過ごすお正月。
実家から自宅に戻ってからの初詣は地元の生田神社。山へのジョギング帰りに異人館街を通り抜けて立ち寄る三ノ宮の街中の神社。人混みかき分けお賽銭を投げ、行列に並んでのおみくじ。街中の喧噪と世俗的な賑やかさに
なんだか「神戸」を感じるな。

神戸に戻ってきてからの二ヶ月は自宅近辺や地元のお出かけばかり。思えば、「旅」感を無くして、早く土地に馴染みたかったのかも。
この土地へのよそよそしさももう少し。
そろそろ動かねばね。。







---
年末の山行き第一弾はダイトレ。
楽しみにしていたOSJのグルッとが中止になったので、急遽ぽっかり空いた年末の一日。
前日にふと思い立ち、何年ぶりなんだろ…ふらっとダイトレへ。


b0183911_11100413.jpg
大阪府チャレンジ登山の昔のスタート地点(今は違うみたい)二上神社口からスタート。
7時半頃に着いて、のんびり準備していたら、なんとKさんに遭遇。二上山へ早朝から走りに行って、今下山とのこと。山で知り合いにお会いできる率が高いのが懐かしいのと、やっぱり友人、知人にお逢い出来るのは嬉しいな



ダイトレ、たぶん5年ぶりくらいかな?
あまりに久しぶりで、地図を見ながらのスタートです。
b0183911_11100445.jpg

二上山を下ったところで、いきなりコースアウト。
登山口がわからずグルグルしていると、地元の方が親切にも声をかけてくれました。
ありがとう。


大和葛城山へのトレイルからがこれぞダイトレ〜なトレイル。
b0183911_11100578.jpg
整えられたトレイルと美しい森。
ああ、これよ、これーー。
これぞダイトレ!!とウキウキしながら走る。
ふと思い立っての初めてのソロ行きが思いのほか楽しい。
冒険感?みたいな感じかな。
地図みたり、標識を読んだりしながら自由気ままに進みます。

b0183911_11100558.jpg
ダイトレ名物の「階段」も健在。
きちんとケアされている感のある階段はキライではないのだけど…
b0183911_11100682.jpg
進んでも、進んでも階段、階段、階段〜〜

b0183911_11100685.jpg
ああ、ダイトレだわーー♡




大和葛城山の山頂付近の寒いこと!
b0183911_11100654.jpg
山頂で自販機に立ち寄るもあまりの寒さに即先を進みます。

b0183911_11100736.jpg
寒いけど、雪景色の森は本当に美しい。
キリリと冷えた空気と吐く息の真っ白さと。
気持ちいいなぁーー!

b0183911_11101943.jpg
寄り道は金剛山の山頂と神社へ。
b0183911_11101965.jpg
ダイトレのコースを少し外れるので、この鳥居の奥へ行くのは初めて。

b0183911_11101905.jpg
山の神様へ今年一年の山行きへの感謝をお伝えしました。
良い山行きの一年でした。
そして、再びこの地を走れることにも大きなチカラを感じ感謝。

b0183911_11101917.jpg
金剛山を過ぎるとあともう少し。

昔からのこの先の森の美しさが好きでした。
この季節に来るのは初めてかも。。


先日行ったマリメッコ展の北欧プリント柄みたい〜
b0183911_11102082.jpg
このままプリント生地にしたくなるような色彩バランス。
どこか洋テイストの色合いがステキです。

立ち止まってジーと色彩を見に焼き付けます。

b0183911_11102071.jpg

下るにつれ寒さが和らいできて、
紀見峠まで走りやすいトレイルが続きます。
b0183911_11102070.jpg
標識がしっかりしており、最初にコースアウトした時以外は全く迷う事無し。
さすが、ダイトレだわ〜。

b0183911_11102072.jpg
行者杉を経て

b0183911_11102130.jpg
紀見峠到着〜。


約40キロ程の行程、
気持ちの良いトレイル旅でした。

頑張りすぎず、のんびりしすぎず、時間を測りながらの一人旅。
自由で今の私にぴったりのふらっとトレイル旅でした。
ダイトレ、また通いそう…

そして、関西の山再発見シリーズはまだまだ続きそう


---
神戸に戻れたことだけで大満足の2016年。
そんな年の瀬を過ごしたせいか、なんの気負いもなくあっけなく明けてしまった2017年。
難しいこと無しで、やはり山を楽しみ味わい尽し、自分の好きを追い求められる一年になればなと。
ゆるいのかな??
まっ…こんなのもいいんじゃないかな。










b0183911_11102167.png




[PR]
# by tekuteku-m | 2017-01-10 23:38 | トレイルラン(関西) | Comments(2)

RUN LIFE at みなと神戸 〜コースご紹介&再訪

みなと神戸のランニングコース…

b0183911_22371911.jpg
-----

出戻り? 神戸LIFE も早2ヶ月。
神戸、阪神間の環境の良さを改めてじっくり味わうだけで満足…(笑)「久しぶり〜」なコースや「定番」だったトレイルを一つ一つ再訪しているだけであっという間の2ヶ月…です。




一番の定番だった、
新神戸〜有馬ランをフラリと。

b0183911_22371804.jpg

摩耶古道〜青谷〜縦走路を経て時間によって紅葉谷、有馬三山もしくは魚屋道を経て有馬へ降りるのはお気に入りのルート。昼からふらっと出かけられます。
久しぶりの再訪。山はそれ程変わらないけど、有馬の街に新しいお店がいっぱいオープンしており楽し〜♪

b0183911_22371888.jpg
温泉手前に出来てとジェラート屋さん。ジェラート好きにはたまらない素材の味を活かした感動の美味しさ♡街中プライスでしたが、冬でも絶対のオススメ〜。

そして有馬のお湯。
どっろっとした真っ赤な濃い濃いお湯は健在。上がった後も汗が引かない温泉力を久しぶりに味わえ嬉しかったなぁーー。自宅から4時間程走って汗だくと身体の冷えで辿り着くコースと有馬温泉の魅力を再び。




--
山じゃないけど、定番のランニングコースは摩耶山直下のHAT 神戸。
港の運河沿いを片道2.5キロ走れるコースです。
b0183911_22371914.jpg

ここの魅力はなんといっても港神戸のこの景色!
六甲&摩耶山の山並みと街の景色と…
b0183911_22371911.jpg
潮風漂う本当に気持ちの良いコース。

兵庫県立美術館の前では
b0183911_22371893.jpg
ヤノベケンジさんの作品が立っております。安藤忠男建築が背景のこのビミョーな違和感感じる景色、お気に入りです♪


b0183911_07302781.jpg

夜景もステキ♪


div>

b0183911_22372018.jpg





たまにHAT 神戸の西側へも。
HAT 神戸のすぐ西側はacsicsと神戸市が共同で開発したランニングコース。
b0183911_22372043.jpg
b0183911_22375997.jpg
これ、私が神戸不在の間にできたもの。
ウッドチップのコースも有り、なかなか良い感じ。

そのコースの先がみなとの森公園
b0183911_22375973.jpg
一周何故か460mという中途半端なトラックですが、街中の気持ちの良い公園です。


そして、このすぐ側の東遊園地で毎週土曜日に開催されているファーマーズマーケットがあります。
b0183911_22375909.jpg

週末の朝ジョグの寄り道がこんなオサレなマーケットなのが嬉しい…(嬉)


b0183911_22380089.jpg

地産地消。
EAT LOCAL KOBE の活動、共感します。

b0183911_22380012.jpg




---
東方面がオサレ神戸なら、西側はディープな神戸。
お風呂セット抱えて新神戸から摩耶山ではなくって、再度山公園のトレイルヘ入って山を越えて行く先は…
新神戸〜北野道〜再度公園(休息)〜太子道又は防火道辿ってたどり着くのは神戸の古き良き下町、平野。

b0183911_22380099.jpg
そして、湊山温泉!
ここ、有馬と同じく赤茶けたお湯です。少しアクセス不便な場所にありますが、ココのお湯はやっぱり良い!

平野と言えば…
b0183911_22380023.jpg
このカタチをみてわかる方、通ですね!平野の商店街の中華饅。
「豚饅」ではなくこのカタチの「野菜饅」が一番オススメ〜。
3年ぶりの再訪にも変わらぬ美味しさでした。
中華の美味しさはやっぱり神戸です。







関西やっぱりイイなぁ…がまだまだ飽きずに持続中。一度離れたことで、客観的に環境を見直せたり、自分の知らなかった自分のこだわりや好きへの気づきが得られたりしています。当たり前だと思っていたことを実は自分で選んでいたのだと。自分で選択したことなのだと意識して行動するのは大切なんだなぁ、なんて。

みなさま良いお年をお迎えください!



[PR]
# by tekuteku-m | 2016-12-31 23:32 | トレイルラン(兵庫) | Comments(0)

Trans Alpine-Run トークイベント 〜濃密な二人旅

地図、大きいぞ…
b0183911_23344936.jpg
少し前のお話ですが…
ドイツ、オーストリア、イタリアにまたがるトレイルを、二人ペアで7日間走り続ける総距離247kmのステージレース、trans alpine-runを完走した山田琢也さんのトークイベントに参加しました〜。

b0183911_23345068.jpg
7日間毎日一緒に走るパートナーは、あの奥宮俊介さん。
b0183911_23345045.jpg

珍道中…そう言ってしまえば簡単なことなのかもしれないのだけど、お互いトレラン界のトップアスリート。この道で数少ないプロとなった特殊なお二人の7日間もの旅のお話とは。。際立った個性が無ければプロなんてなれない世界で生きているお二人。ある意味自分軸がガッツリしているので、他人への許容範囲が広いのか、琢也さんの奥宮さん談は面白可笑しく語られて。調子を崩した山田さんを気遣えなかったと奥宮さんが泣いた話など…。オトコ二人って面白い。
ヨーロッパアルプスを縦断するレースの醍醐味や写真等はもちろん魅力的ではあったのですが、お二人の心の持ち様等のお話が本当に興味深く面白かった!

山の数だけ世界にはいろいろなレースがあるのだとは思うのですが、二人ペアで7日間も走るレースは別次元。
ソロで250キロ走るものとは奥深さも意味も異なりますね。。



b0183911_23350387.jpg
山田琢也さん!
志賀高原エクストリームで少しだけお会いした程度だったのですが、
真近で接してその好青年というか、お人柄の良さに感動ものでした〜。


ここはカフェでしたっけ??
と思えたOシェフの絶品料理にも感激〜

b0183911_23345050.jpg





↓毎日別室で、それぞれインタビューを受けたとか。。
放映が楽しみ!!
b0183911_23350086.png

[PR]
# by tekuteku-m | 2016-12-24 08:00 | トレイルラン(全般) | Comments(0)

2016冬 神戸合宿 神戸をご案内の二日間 神戸摩耶山編

大好き、摩耶山♪

b0183911_23061274.jpg
神戸合宿二日目はRちゃんも参加でにぎやかに。
本日は摩耶山〜再度公園ルートです。
午後から雨の予定なので午前中勝負で。


キツイ登りはあるけれど、黒岩尾根の森は摩耶山一のオススメルート。
二日酔いFさん以外(笑)は、みんな元気にガシガシ登って…
あっという間に山頂〜


b0183911_23090377.jpg








昨日に引き続き掬星台にて一休みして


b0183911_23061246.jpg
アゴニー坂下って
徳川道へ。

b0183911_23061335.jpg


b0183911_23061882.jpg

森林植物園手前を森林管理道へ。


b0183911_23061306.jpg
まだまだ紅葉きれいです。


b0183911_23061489.jpg

ドントリッジ〜高尾山手前をMTBのコースを経て再度公園へ。
再度公園にて雨がぱらつき始めたので、急いで大龍寺方面へ。

で、寄り道は「大龍寺」〜
紅葉がめっちゃキレイだった…との隊長&Mさんのコメントから立ち寄ってみたら…

b0183911_23061728.jpg
銀杏の絨毯〜♡

縦走路の通過地点のせいか、今まで境内に入ったことなかったのですが…(汗)
これは、寄り道すべきスポットでしたね!
灯台下暗し?大龍寺オススメです。

b0183911_22231339.jpg

小雨がぱらついてきたので、当初予定していた太子道はパスして、新神戸への下山を急ぐべく北野道方面へ下山です。
b0183911_23061829.jpg



本降りになる前に新神戸へ下山できました。





---
私にとっては昔馴染みのメンバーの集合。
神戸に戻ってきてから、二年半の月日に気後れ気味だったのですが…
懐かしいメンバーでのトレイルランはリラックスして走れる時間でした〜。


やっぱりトレイルラン、楽しいな。
山っていいな。
そんなことを実感できた二日間に感謝♪
















b0183911_22241421.png





[PR]
# by tekuteku-m | 2016-12-17 08:50 | トレイルラン(兵庫) | Comments(0)

2016冬 神戸合宿 神戸をご案内の二日間 芦屋六甲編

絶壁と広がる街の景色、蒼い海、空。
Mt.Rokkoーーー!

b0183911_23242723.jpg


ハピトレ繋がりかな…??
名古屋の隊長にまつわる昔なじみのメンバーが神戸集合。
六甲満喫の週末を楽しみました〜。




---
一日目はMさんプロデュースの六甲ルートへ。
芦屋川スタートです。
b0183911_23242564.jpg

芦屋川から登る六甲、久しぶりーー
ゴールデンルートのロックガーデンではなく、
荒地山ルートからトレイルへ入ります。

b0183911_23242645.jpg

この眼下に広がる街と海の開放感溢れる景色と岩山トレイルが六甲ならでは。

決して低山でも地方の里山というものでもなくって。登山の文化が根付く都会の山とでも言うのででしょうか。
山に対する表現ではないかもしれないけど、
スタイリッシュで粋な山…。

やっぱり六甲〜気持ちいいー!
豊かな環境だなと、改めて思います。


b0183911_23242720.jpg

お約束の岩梯子やテーブルロックやらを楽しみ…

b0183911_23242829.jpg
b0183911_23242896.jpg
六甲山頂へは立ち与らず(地元ならでは)、横池、雌池を経て

b0183911_23242825.jpg
七兵衛山〜打越山を経て石切道へ。


b0183911_23242949.jpg


b0183911_23242892.jpg
六甲銀座(?)ルートはロックガーデン経由の山頂〜ガーデンテラスなのですが、Mさんプロデュースルートはあくまでも舗装路を避ける地元通のルート。


石切道を経て縦走路を繋ぎ摩耶山へ。

b0183911_23245003.jpg
快晴のこの日、最高の景色♪でしたー。

掬星台からは青谷〜旧摩耶道〜雷声寺から下山。
b0183911_23245116.jpg
まだまだ紅葉♪

b0183911_23245144.jpg

馴染みのとっておきルート…

b0183911_23245139.jpg
b0183911_23245220.jpg
真っ赤に染まる雷声寺
b0183911_23245207.jpg

約23キロ程。
いわゆる「六甲」を気持ち良〜く縦走できたコースでした。


新神戸下山後のお約束は…



二宮温泉と
そのご近所「全州」!
b0183911_23245386.jpg

b0183911_23245320.jpg
昔からある女子率の高い韓国料理屋さん。
神戸不在の?いつの間にか大人気になっており、週末は予約の1時間半制となっておりました。
野菜たっぷりの一品料理にサムゲタンにサムギョプサルにマッコリに…
久しぶりに美味しゅうございました…


b0183911_23245380.jpg

そして、本日のメインイベント??

b0183911_23245498.jpg
ルミナリエ〜。

3年ぶりで嬉しい♪
いろいろありますが、
やっぱり、やっぱり、美しいなと思います。


二次会は二宮温泉近くにオープンしていたクラフトビールのお店にて。

山をめいっぱい走って、温泉入って、おいしいご飯をたっぷり食べて…
「合宿」、やぱり楽しい♪






二日目に続く…

b0183911_23270618.png


[PR]
# by tekuteku-m | 2016-12-12 22:09 | トレイルラン(兵庫) | Comments(0)

OMM JAPAN 2016 Nagano Omachi day2 〜ちょこっと攻めてみる…

真っ青な空の先に見える白いアルプス…

b0183911_22410228.jpg


初のテント泊。
どうも位置が悪かったのか…少し傾斜の下側に頭を置いて就寝してしまったせいか、寝心地悪くなかなか寝付けず(涙)しかもお隣テントのイビキが耳栓していてもかなりの音量。でも8時半頃に就寝しているので、結構寝ていたのかもしれませんが。


「寒さ」で目が覚める。
気が付いたら、なんと!! 
寝袋の下に敷いていた骨骨エアマットの空気が抜けていたのです〜(涙)
あーん。
お尻下にザックの背板のマットも敷いていたので、地面から内蔵へ届く冷えは避けられたようで、なんとなく眠れてはいたようですが…(汗)

ちなみに空気抜けちゃったエアマットはコチラ…
b0183911_23223264.jpeg
KLYMIT イナーティXアフレーム。まさか、このタイミングで空気抜けちゃうとは…(汗)
これ、私には合わなくてあまり使っていなかったのですが、今回軽量化を図り選んだものの見事失敗…(涙)



---
時計を見ると3時。起床予定時刻は4時半だったので、あと少し…と、寒さに耐えて寝返り打ちまくり(涙)ふと触ったテントは凍っておりバリバリ…外は寒そう。寝袋の外側とカバーのエスケープビビーの間は結露でグッショリ…(涙)4時まで我慢するも、不快感に耐えきれずテントの外に出てみる。(後で聞いたら寝袋の結露はこんなもの…とのこと)


まだ辺りは真っ暗。もちろん氷点下でしたが…
湿った寝袋の中より思いのほか寒さ感じず、そのまま身支度整えることに。(この後夜明けかけて気温が下がった…)


Fさんアドバイスでホット専用のペットボトルにワインを移し替え持参、飲んだ後はお湯をいれて湯たんぽにしておりました。そして朝はそれを湧かしたらお湯湧くのが早かった!ナイスアイディア!夜は温かく、朝は全て凍ってしまっている世界だったので、凍ってないお水は有り難かった。

日が登った後のテントサイト。
辺りは霜で真っ白〜キラキラ。
朝のこの光景もなんかいいなぁ…

b0183911_22403054.jpg

身支度、食事、テント撤収などで約1時間半程かかりました。
本日のスタートは昨日とは逆で二番組。
b0183911_22403195.jpg
指定されたグループ時間に並び、スタートしましたが、人が少ない…(汗)昨日は人が多かったので、なんとなく人が集まっている場所=コントロールだったのですが…
b0183911_22403194.jpg

朝焼けと霜の広がる牧草地が美しい。

b0183911_22403221.jpg
昨日は簡単なコントロール中心に回ったため得点ほとんど稼げず。順位は後ろのほうでした。この日Fさんと申し合わせたことは「高い得点狙おう!」でした。走らないFさんを考慮して、スタートから後方のコントロールは捨て、ゴール地点へ向かう方向のコントロールを目指しました。


ワタシ、勢い余ってFさんから離れてダッシュしてしまったせいか、立ち入り禁止区域に入ってしまう。Fさんがまだそのエリアに入っておらず、私があわてて引き返したためか?失格免れる。スタート20分後にやらかした事件への反省、その後「立ち入り禁止区域」には敏感になりました〜。これも経験かしら。。

b0183911_22403260.jpg
この日は最初のコントロールから藪漕ぎ。
見当つけてよじ登った尾根の先にコントロールがなく、やや彷徨い時間かかるも、見つけられた時の「ピッ」の嬉しさといったら…!(笑)

舗装路中心ではあったけど、藪漕ぎ、よじ登りを増やし、ちょっぴり攻めている感の嬉しさ。高得点の70点コントロールは諦めたものの、その代わりの直進よじ登りやら薮こぎ、これぞOMM〜な醍醐味、コントロール見つけられた時の達成感は格別でした。




快晴でアルプスの絶景が見えます。

b0183911_22403286.jpg
レース忘れて記念撮影なぞも…
b0183911_22403367.jpg
気持ちいいなぁ…
b0183911_22403489.jpg

---
この日の制限時間は6時間。
1時間前に谷の向こう側のゴールエリアに入り、ゴール地点目指しダッシュします。
…が、これがゲレンデの結構な登りで。
ゴール前に必ずチェックしなきゃならないコントロールがゲレンデのはるか彼方上!


急登を見て、Fさんが、「制限時間までに戻るのはもう無理…」と弱音を吐いたり、
「じゃぁ、ワタシ荷物持ちますから!」と二人分の荷物をワタシが前後に担ぎ、最後の坂道を二人でダッシュしたり…。迂回した舗装路にて、応援の京都のTちゃんが車で通りかかり、荷物を前後に担ぐ私の姿を目撃されたり…(汗)


きゃあーきゃあーーゼイゼイ…と
最後の必死の珍道中(笑)


なんとか最終コントロールを10分前に通過でき、確実に制限時間に間に合うとわかった後、ゴール目指して気持ち良〜く駆け下りるFさんの図(笑)いろんな意味で最高の眺めでした〜。
間にあって良かったー。ゴールでFさんの良い笑顔が見れて嬉しくなったのもOMMの醍醐味でしょうか。

b0183911_22403528.jpg

この日、制限時間を超したチームが多かったこと、得点高いコントロールを攻めたことが功を奏したか、順位は前日よりかなり上がっておりました。嬉しいな。最後、無理を言いましたが、一緒に頑張れたFさん、どうもありがとうございました!



ゴールで振る舞われた猪汁はラストスパートのおかげもあり絶品♪
猪のミートボール美味しかった!

b0183911_22410297.jpg


ゴールした後も…
地図見てAさん達とワイワイ。
b0183911_22410230.jpg

ちなみに、OMM参戦のきっかけを作ってくれた蓼科結婚式の主役でもあったKちゃん、ストレートロング女子ペアの部で優勝!でした。
b0183911_22410304.jpg

KちゃんNちゃん、かっこ良すぎーー

b0183911_22410348.jpg



---
事前に読んだ雑誌で、「ルートはキレイな軌跡を描くことにこだわる」やら、「攻めてこそ楽しい」などと書いてあり未知の世界だな…と思っていたOMMですが…。二日間を通して、直進チャレンジの「攻めてこそのOMM」、行きやすいルートのピストンではなく、敢えてコントロールつなぎの藪漕ぎも厭わない「きれいな軌跡を描く」ことの楽しさ、なんとなくですが理解できたと思います。。「速さ」だけではないOMMの奥深さの楽しいこと。



テント泊もトラブル有りつつもなんとかなりました(*^^*)GPS禁止=携帯使わないのゆったりした空気やテントサイトでの過ごし方も全て全て良い経験であり良い時間でした。来年は走れるストレートにチャレンジしてみたいなぁ…なんて。。すっかりOMMの洗礼を受けてしまっているのかもしれませんね。。





復路の車中では早速発表されていた上位選手達のコントロールの回り方なぞをビール片手に熱心に見てしまう。こういう回り方なんだーって。

そして、レース後の関西での集まりで、上位の方々のコントロールの回り方、どのルートを通ったかなども教えていただく。ああ、等高線で行くのねーとか、ここを避けてコチラの舗装路を回ったか…とか。実際参加していたので、おもしろいこと!viva!関西〜〜こういう集まりがあること自体にも感謝。


終わった後もまだまだたのしいぞ…
これぞOMMの世界、OMMの楽しみ方♪







b0183911_22252385.png

[PR]
# by tekuteku-m | 2016-12-06 23:58 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*