一日の終わり
夕日とおしゃべりと そしてビールー♪

b0183911_22352709.jpg


まだ4月の旅のお話ですが…(汗)

始まりはなんだったかな??
年末に六甲に遊びに来たH王子が岡山に転勤しており、オススメしたのが小豆島。
じゃぁ、小豆島合宿でしょーーとなり…

結局H王子がドタキャンでいつものハピトレ仲間での弾丸ツアーとなってしまったのですが。
にもかかわらず、思いのほかの充実っぷりに小豆島LOVEとなった旅。
いかに…



---
金曜日の夜11時待合せは…
b0183911_22355349.jpg
ここで名古屋の隊長と待合せして一杯(いや二杯!)飲んでからいざ神戸港へ。
小豆島へのフェリーで唯一の夜行便が神戸〜小豆島間の便。
夜中の1時出発。Sさんの車と一緒に乗り込みました〜。

私とRちゃんは雑魚寝の女性専用客室へ。
乗船後、即寝袋広げて眠ったのですが…
エンジン音が大きすぎてほとんど眠れず(汗)
朝の3時に高松港に着く音楽で起こされ、4時頃の出発の音楽でも起こされ
まぁ…あまり眠れるものではないですね。。

ただ、船内は広くて清潔で心地の良い空間でした〜
b0183911_22355391.jpg
うどんからwifi出ております…さすがうどん県!(笑)

朝、下船前に寄ったのは
b0183911_22355399.jpg
トラやーン!
ヤノベケンジさんの作品がフェリー内にあるのです。
2016年瀬戸内国際芸術祭の作品がそのまま残されているみたいで、テンション上がります♪


朝7時、定刻通り小豆島の坂手港到着。
Sさんの車で下船して真っ先に向かった先は…


どど〜ん!!
b0183911_22355413.jpg
レストラン、シェフかわぐち
朝ご飯を食べるところが無かったので、モーニングを予約していたのです〜。

…が、朝からこのボリューム…(汗)
卵三個は使ってそうな本格的なフレンチオムレツにたっぷりの付け合わせのお野菜にグラタン、サラダにパンに
そして最後には
b0183911_22355357.jpg
手作りケーキのデザートまで!
お腹いっぱいを通り越して満腹過ぎでした…(汗)
ごちそうさまでした。


満腹のお腹を抱えて向かったのは本日一つ目のお山、小豆島霊場大一番洞雲山&碁石山。
趣のある入り口。
b0183911_22355635.jpg
くねくね細い道を車で上った先に駐車場が有りそこからてくてく歩いて
洞雲山の境内へ。



小豆島、実は弘法大使 空海が修行を行った地で険しい洞窟や浜辺の庵など多くの霊跡が伝えられている場所。山岳信仰の地でもあるのです。
歴史ある興味深い島だったんですね〜。

で、この洞雲山(お寺)がいきなりスゴイお寺でした〜
b0183911_22385288.jpg

なんと、洞窟の中にあるのです!!

b0183911_22385356.jpg


小豆島面白いーー
と、テンションアップで境内グルグルして、
b0183911_22355716.jpg
こんな岩場の祠の横から本日のトレイルスタートです。


いきなりの直登&岩よじ登り系!!
b0183911_22355754.jpg
よじ登った先は絶景〜
b0183911_23303269.jpg
崖っぷちから望める瀬戸内の景色ステキです。




どうやら洞雲山の山頂のようです。
歴史感じる祠が鎮座しており、小豆島の山岳宗教の歴史感じられます
こういうの好きだなぁ…

b0183911_22385223.jpg

山頂からは岩イワの稜線を這って進み…
b0183911_23303272.jpg
(結構怖かった…)

b0183911_22385300.jpg

岩を抜けると普通の気持ちの良い瀬戸内のトレイル

b0183911_23303236.jpg

洞雲山から続く碁石山はまぁ普通のお山でした。
b0183911_22362080.jpg
とにかくあまり登山者が入らない様で、ピンクテープ辿っての山行でした〜。




碁石山から急登をくだって駐車場へもどり…
車に乗って向かったのは



b0183911_22362053.jpg
マルキン醤油の記念館&醤油ソフト!
みたらし団子風のお味??
醤油ソフト、意外にイケました!
小豆島は醤油造の島なんですよね。。



その次は…
小豆島唯一の酒蔵、森國酒造が経営するモリクニベーカリー、
b0183911_22362036.jpg
古民家をリノベーションしたオシャレな外観!
b0183911_22362114.jpg


カフェが併設されており、パンも珈琲も美味しそう〜♪
だったのですが、シェフかわぐちのモーニングがボリューム有り過ぎて胃に余裕無し。
コッペパン1個購入したのみ…
パン好きとしては悔いが残るぞ(涙)

その後に本家?森國酒造にも
b0183911_22362123.jpg
どうして、「酒蔵」ってこんなに美意識の高いところが多いのでしょうか。
オシャレで心地の良い空間でした!
食へのこだわりも感じられ、次はもっとのんびりここで時間を過ごしたいなぁ…と思いました。




小豆島では干す前の素麺、「生素麺」が味わえるとのことで、
この次は生素麺のそうめん工場直営店「なかぶ庵」へ。

b0183911_22362132.jpg
コチラもリノベ系のステキな佇まい

もちもちの素麺は別腹??
つるっと食べちゃいました〜
b0183911_22362184.jpg



そうめんから移動しての
午後のお山は、小豆島一番の観光スポットであり小豆島のちょうど真ん中に位置する寒霞渓へ!

b0183911_22362231.jpg
ロープウエイ乗り場に車を止めて、
もちろん歩いて登ります。


小豆島のお山ってとにかく急登ばかり!
岩山が特徴なのですが、そびえ立つ山が多く必然的に走れない急登なのです。
コチラのトレイルは山頂までほぼ舗装路でした。
b0183911_22362298.jpg
気持ちの良い新緑の中をてくてく登り、
40分程で寒霞渓の山頂へ。
b0183911_00055212.jpg
途中景色は面白く
b0183911_00055195.jpg
歩いて登る価値アリの登山道。


寒霞渓からさらに登り、瀬戸内海最高峰??星ヶ城山へ。

途中にあったお社。
どこか沖縄のウタキっぽいですね。
島文化とでもいうのでしょうか。
興味、好奇心そそられる佇まいにワクワクします。


b0183911_22394464.jpg



最初のピーク西峰にてのんびり休息
b0183911_22394417.jpg
瀬戸内直下ののんびりした景色、いいですねぇー
最近、どうだったああだった…なんて近況なぞをのらりくらりとおしゃべりしたり、
そんなことはどうでもよくなってしまう、この空間、景色こそ瀬戸内マジック。
小さな事は海が飲み込んでくれます。




東峰のピークでは南北朝時代の遺跡が。
b0183911_22394435.jpg
アンコールワットぽい??(笑)

降りは直登コースを経て
b0183911_00055284.jpg

b0183911_22385155.jpg

岩ハシゴくぐって
b0183911_22394555.jpg
これまた洞窟内の神社にお参りして
b0183911_22394530.jpg
で、ここでおみくじ引いたら全員大吉のミラクル〜!!
b0183911_22394541.jpg
強運のメンバーが集まってるねー。



そして、ロープウエィ乗り場にさくっと戻ってこれました〜。
寒霞渓お手頃です。




寒霞渓から下山して温泉へ移動する途中の立ち寄りは…
b0183911_22394569.jpg
その名も!
(美味しく無いはずは無い〜〜 ←個人的感情)

地産地消、小豆島特産の素材を活かした濃厚なお味。
ジェラート好きにはたまらない美味しさでした!!!
b0183911_22394509.jpg
ジェラートの後にまだまだ寄り道♪

b0183911_22394697.jpg
観光スポット「エンジェルロード」をひやかして
(干潮の時だけ渡れる)
オリーブ温泉で汗を流してから本日のお宿へ。





直前に予約したお宿だったのでそれ程期待してなかったけど、
「サンセットコースト」という名のペンションの名に恥じない
見事なまでの小豆島の最西端に佇む夕日の絶景が眺められるお宿でした〜
b0183911_22394657.jpg
到着して、まず屋上でお疲れビールで乾杯〜。
沈み行く夕日をのんびり眺めながらのらりくらり。
夕食前のこういうなんにも無い時間って 本当に贅沢。
ああ、旅に来てるんだなぁ…
と。


そして、ほろ酔いで食堂へ移動しての夕食は瀬戸内の幸♪
b0183911_00563766.jpg
ちょうど日が沈むタイミング。
明かりを灯さず、ワインを飲みながら楽しみました!
b0183911_00563781.jpg

で、この日はまだまだ終わらず。
夕食後、タクシーを呼んで移動したのは…

b0183911_00593761.jpg
こだわりの酒屋さんの地下にある隠れ家バー、ドニズバーへ。
何気ない酒屋さんの下にこだわり空間が広がっておりびっくり〜〜

コチラはオリーブビールです。
b0183911_00594054.jpg
ここのおつまみ、お酒が洗練されたお味、そして粋なメニューで感動でした!
b0183911_00594529.jpg
絶対、再訪したいお店です。
小豆島、奥が深いぞー


夜行のフェリーで移動したせいか早朝から行動ができて充実感たっぷり〜。
盛りだくさんの一日目終了。

二日目へ続く…








b0183911_23055100.png


[PR]
by tekuteku-m | 2017-05-23 23:04 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)