<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初秋 比婆山〜吾妻山 小川壮太さん講習会

秋の比婆山…
b0183911_10060641.jpg
ランニングショップ主催、比婆山で行われた小川壮太さんの講習会に参加しました〜


UTMFから二週間ぶりの山!
そして、ラン
b0183911_11302923.jpg

過去二回100マイルを走った後は、足を痛めましたが
今回はさすがに学習して2週間全く走らずにして足をお休みさせていました。



やっぱり身体は重く、炎症をおこしていたところに違和感はありましたが…
b0183911_10061496.jpg
二週間ぶりの山…
しかも、比婆山、
最高に気持ちいい!!

b0183911_10061025.jpg


広島県の山で特に比婆山は大好きな山。
講習会というよりはこの季節の比婆山に来たかった。

島根県との県境に位置し、広島市内から車で約2時間の距離。
アルプスとまではいかないけれど、市内の里山とは別格。
天然の美しいブナ林がここまで広がる山は珍しい。

b0183911_10061875.jpg
振り返ると何層にも重なった山並み。
山が深い
視界が広い
気持ちいいなぁ…




県民の森〜毛無山〜吾妻山へ。
b0183911_10061613.jpg
吾妻山、直登〜

b0183911_10061961.jpg
b0183911_11302474.jpg

思いのほか山頂は広かった。
逆側を下ると宿泊施設もあり、トイレや補給もでき使い勝手の良いトレイルでした。






そして、小川壮太さん。
魅力的なお人柄、かっこ良かった!
b0183911_10061231.jpg


説明が論理的で言葉が知的。
勝手に若いスポーツ選手…といったイメージを持っていましたが、スポーツ選手というよりは大学の先生?といった風格。人前で話すことに慣れており説明の仕方が本当にお上手でした!

山岳競技の経験もあり、「山」やトレイルランに対する考え方にも非常に共感できすっかりファンに。何より楽しそうに走っている姿が印象的。やっぱり山は楽しいところ…そんなことを身体で表現できるトップランナーの姿に刺激をいただきました。



b0183911_10062497.jpg






---
山もトレイルランもやっぱり大好き
でも少し 立ち止まって ひとやすみ…
しばらくのんびりと秋と秋の山を楽しみたいなと思います。





















b0183911_11174485.png



[PR]
by tekuteku-m | 2015-10-17 22:54 | トレイルラン(広島) | Comments(2)

ULTRA TRAIL Mt.FUJI 2015/ UTMF 2015 後半

ドロドロ…
は 実は大したことなかったな…(笑)

b0183911_22331592.jpg
◆A4こどもの国〜A5富士山資料館
待ちに待ったA4エイドに入ると、「ハナちゃん〜」と呼ばれて。
MさんとYさんの突撃サポート組。
b0183911_12323946.jpg
お二人は混み合ったエイドから少し離れた場所にスペースを確保しており、お世話になりました。ここで着替えや洗顔など。Mさんに煮麺をごちそうになりました。ありがとう。ドロップバッグにいれていた豆乳やジュースを飲み気力復活。ただ「気持ち悪さ」は続いており、ああ、胃腸をやってしまったなぁ…という不安。胃腸炎のせいでいつもより早くに終わってしまった胃腸。この後どこまで自分の身体が持つのか…この時点で「完走」することだけに目標スイッチ。A4はMさんに見送られてスタート。ここで隊長や富山のSちゃんカップルにもお会いできました〜。

A5まではトレイルを少し走った後に美しい湿原へ。
b0183911_12324650.jpg
たぶん晴れていたら美しい湿原も、足下はグショグショ…
先ほど靴下を履き替えたばかりの身にはショックな状況。ここで、エイドから折り返して来る選手とすれ違い、知り合いにいっぱいお会い出来元気もらえました。


◆A5富士山資料館〜A6太郎坊
A5にて富山のSちゃんカップルの応援や去年のリタイアの友Yさんの応援にもお会いし元気いただく。これ程友人、知人にいっぱい会えるレースはやっぱりUTMFならではだなぁ…て。選手として参加できていることのありがたみを感じながら次のエイドへ向けてスタート。この時はまだ豆乳が効いていたのが元気でした。
b0183911_12324971.jpg
太郎坊までは登り基調のトレイル。
b0183911_12324562.jpg
美しい森…なのですが、ここもまたドロドロ。
ただでさえハンガーノックで登りをのぼるパワーがないのに、ずるずる滑るためエネルギーを多く使いハードでした。


もの凄い勢いで後ろから来た選手の危険?ともいえる転倒しながら急斜面を駆け下りる姿にビックリしたら…STYのトップ選手でした〜。バランス感覚が良いのか転んでもすぐに態勢を立て直すので、転がりながらドロドロの急斜面を駆け下りるスピードが凄くてびっくりでした。次から次へと勢いのある選手が後ろから来るのでヨタヨタの足で登ったり降りたりする身には辛かった…。そんな中「ハナちゃーん」と言いながらなんと神戸のH君が10位くらいでやってきてびっくり〜。凄く嬉しくなったし気が付いてもらえたことに感謝です、H君、結果STYの上位に入っておりました。おめでとう〜。


後ろからやってくるSTY選手をかわしてるの図↓
b0183911_12325184.jpg
STYの選手をかわしながら、ヨレヨレで登る泥トレイル。だんだん足が上がらなくなってきて3歩進んでは休むという状態。次々抜かされて行くしもう延々太郎坊には着かないんじゃないかと…胃腸の気持ち悪さも増してきてだんだん涙目に。この区間が本当に辛かった。違うカテゴリーの選手といえどあれほど後ろから抜かされ続けるのは精神的になんとなく折れてきますねぇ。。

b0183911_12325242.jpg
びっくりするくらい時間をかけて太郎坊到着。
エイド入り口にいたSさん達に「もう私ムリかも…」と泣き言を言っておりました。スミマセン…


◆A6太郎坊〜A7ずばしり
太郎坊で休もうと思うも寒すぎた…しかもSTYの選手で混雑しすぎているため、比較的近いずばしりエイドで休もうと15分程休息してスタート。この時最後のゴール手前を並走したPゴニアのNさんと休息室でお会いしておりました。

A7までは下り基調。確か舗装路が大半だったはず…とお気楽にスタートしましたが、去年、一昨年とルートが異なり小さなアップダウンのあるトレイル。舗装路の横を並走したり横切ったりするもあくまでもトレイルを走らすコースは結構しんどかったー。食べていない身でも降りはなんとか足が前へでるためありがたい降り基調のコースでしたが。


◆A7ずばしり〜A8山中湖きらら
A7にやっと到着して救護室で休もうかと思ったらこどもの国でお会いした突撃サポートのMさん達にまた遭遇。車に招待?されてまた煮麺いただきました。ありがとう。あずけていた豆乳ももらえてありがたかったです。煮麺いただいた後にすぐにマッサージ室へ。足のマッサージと胃腸不良を訴えたら胃腸を温めてくださり、かなり復活。1時間以上休息してとっても元気になってスタート。エイド出口で隊長&Mちゃんのお見送り。ありがとう!

この後の800m程の登りはガシガシ登れて好調〜。
STYの選手をどんどん抜かせて復活かしら〜と思って調子にのってたら…「後4キロ下って3キロ平坦な舗装路ですよー」と言われてペースアップしたのち舗装路の振動に胃腸が悲鳴をあげたのか吐き気と嗚咽がひどくなる。

動くと「オエェーー」
嗚咽がひどく何度も立ち止まってしゃがみ込む始末。もうお茶も気持ち悪くて何も無い胃腸から出て来るのは酸っぱい胃液のみ。吐き過ぎて横隔膜が痛くなりガードレールにしがみつきながら歩いた坂道の長かったこと。3キロ平坦な舗装路は早歩きも辛い状態。もう次こそ救護室…ととなえながらフラフラ状態でA8エイドへ。

A8エイドに入るや否や、なんと装備チェック。気持ち悪くて吐きそうだったのでスタッフに肩を押さえてもらいながら装備を出す始末。何のプレッシャーも無かったのですがここで失格となった選手は20人くらいいたとか…。今年のUTMFは厳しいですね。

その後救護室。薬も無いし休んでください…といった感じ。ストーブのある部屋で休むこと1時間。突撃サポートのYさんに起こされ1時間眠ってしまったことに気付く。起き上がるも腹痛と吐き気が収まっておらずあまり回復していないことに気付く。持参の薬を医者に見せ、何と何を飲めば良いのか確認し3種類程の薬を投入。3.4時間で効くよと言われそれを信じてフラフラ状態でエイドスタート。本当に辛かったけど何故かここで辞めようとは思いませんでした。


◆A8山中湖きらら〜A9二十曲
気持ち悪い〜と一人ゴチながら真っ暗な中一人歩く。既にSTYの関門が終わった後にスタートしたので前後に人が全くいない真暗闇をふらふらと。ただ、一人だという危機意識からか意識がはっきりしており、白い誘動テープをしっかり確認しながら進むいつもの慎重な自分は健在。そんな自分を信用しながらとにかく前へ前へ。石割り山への登りがこのレース最大に身体が動かず、体調の悪さマックスだったかな。「オエェーー」と何度も嗚咽を繰り返し、我ながらこれを聞く方は不快だろうなと思いながら進み、案の定、ボランティアの方や前後の方に大丈夫ですか??と何度も声をかけられる。過酷なレースなのだからと気丈な自分とは裏腹に周囲に心配をかけてしまったことに心痛みます。

b0183911_12325980.jpg
石割神社にて神頼み…(笑)

二十曲でリタイアすべきかな??と思いながら全部歩いて次のエイドまで。
すっかり弱気になっておりました。


◆A9二十曲〜A10富士小学校
二十曲にてボランティアの看護師の友人お遭いし、いろいろアドバイスをいただく。冷静で的確なアドバイスに弱り切っていた気持ちが冷静になりとにかく前へ行こうという気分に。ここでいただいたおぼろ豆腐が胃にも優しく美味しくて感激でした。
b0183911_12330386.jpg
二十曲からは本格的な登り、二年前はこのルートは「楽しかった」という記憶。この記憶があったからこそ、山中湖のエイドをスタートできたのですが…。弱り切った身には本当に長かった。なにより睡魔が襲ってくるので何度も倒木の上などに座って仮眠をとってしまう。傾斜のきついルートのため仮眠場所を選んでは休みの繰り返し。まさかこの難所を睡魔タイムの午前2時代に通過しなければならないとは…とトホホな気分で登って登って。登っても登っても杓子名物の鎖場が現れずきつねにバカサレタのかな??という気分になるくらい。いろんなものが人に見えるという幻覚も見え出しもうフラフラでした。まさかこんなに前後人がいない杓子を登るとは…


なんとか山頂にたどり着いて「あとは降りですよー」と言われて喜び勇んで進むもびっくりするくらいヌルヌルドロドロのトレイルでペース上げられず。真っ暗闇、ハードでしたー。


◆富士小学校〜ゴール
何時間かかっちゃったのかなぁ…
二年前の記憶とは全く違う杓子を越えて記憶にある林道を下って下って下ってA10富士小学校。

Sシンさん、Iさん、Mちゃん…
レースで前後していたみなさんにお会い出来て嬉しくなる。
ゆっくりしていたら結構厳しいよと教えてもらい、うどんを少しいただいて即スタート。

Sしんさん、Iさんと3人でスタートするも、ハンガーノック気味の私は登りがついていけず、遅れてしまう。今年UTMBも完走されたSしんさんのパワフルさに感動しながら必死で後を追う。すっかり夜があけた早朝のトレイルの美しいこと。このレースで初めてトレイルを眺める余裕が出てきたのはもう最後だという心のゆとりかな。
b0183911_12330779.jpg
最後の峠ですよー。ここからもう降りですよ!!と教えていただきました。
最高に幸せな気分に。
ボランティアの方々に心底感謝です。


あとはとにかく下って下って。
ドロドロなのですが、気持ちの良いトレイルが続きます。

もうゴールは近い…

そんな思いがこんなに幸せな気分にさせるとは。

会うボランティの人がみなさん「お帰り〜」「頑張ったね〜」となどと言ってくださることが素直に嬉しい。
頑張ったよ私。
そんなシアワセかみしめながら下ってくだって。

b0183911_12330913.jpg
舗装路が見えて河口湖大橋が見えた時にはこみ上げて来るものがあり、涙目に。

この後、3キロ程河口湖をぐるっと走るのですが、レース中に仲良くなったPゴニアのMさんと並走。おなじ100マイルを同じ時間帯で抜けてきた連帯感、ゴールは間近という興奮、二人でいろんな冗談を言いながらテンションマックスで楽しい3キロでした。Mさん本当にありがとう。


お出迎えは今回麓でリタイアとなったFさんと隊長。
お二人のお顔をみた瞬間、涙が出そうで…
本当に嬉しかったです。
ありがとう。

b0183911_12331004.jpg
ゴール前では
突撃サポートのYさん、
富山のSちゃんたち
金沢のMちゃん、
関西の友人、
トレイルで出逢った友人達

b0183911_12331315.jpg
b0183911_12331234.jpg



38時間台で完走した時のゴールより
何倍も嬉しい44時間45分のゴールでした。


これぞ100マイル。
そんな感無量のゴール。


A8で心配されたドクター
厳しいことをのたまった六花さん
励ましあった友人。
ゴールでお会いできました。

応援そして、見守ってくださった方々に感謝です。


自分の「強さ」を信用できた濃い時間でした。
そして、久しぶりに「自分」を信用できた時間でもありました。





---
以前の自分に比べると、コンディションを整えることも出来ずダメダメな100マイル…
でも今の自分自身に出逢え、自分の「軸」を感じ考えながら進むことができたなと。
2週間経った今改めて思います。

新たなスタート。
そんな気持ちで2015年のUTMFを終えることができました。







やっぱりUTMFは日本一のレースです。
運営、スタッフ、コース…全て。
全コースを走れたことを嬉しく思うと共に、
携われた関係者及び全ての方々に感謝します。
ありがとうございました。























[PR]
by tekuteku-m | 2015-10-12 19:29 | トレイルラン(レース) | Comments(6)

ULTRA TRAIL Mt.FUJI 2015/ UTMF 2015 前半

上手く行かない のも 面白い…

b0183911_12315246.jpg
STYから数えると4回目。
日本で一番有名なトレイルランレース、ULTRA TRAIL Mt.fujiことUTMFに今年も参加してきました〜


前日の河口湖。
まさかの雨…(涙)
b0183911_12320474.jpg

悲しいことにコース変更も
b0183911_22162755.jpg
前半、竜ヶ岳に登らず、東海自然歩道へ迂回。2年前には竜ヶ岳でスーパームーンに涙したけど仕方ないなぁ。。


後半、三国山も迂回して途中から下って舗装路に変更。神?妖精を感じさせた神秘的な佇まいのこの森にも行けないのも残念…


ああ、距離も変わるしスピードレースになるのかな
などとこの時は思っていましたが…
ややテンション低めの前日。



予報では金曜日は雨、土曜日から曇りマーク…
スタートはやっぱり雨
b0183911_12321025.jpg
b0183911_12321203.jpg
去年のUTMBもスタートの時大雨だったなぁ…なんて思い出します。あの時は大雨で全身ずぶ濡れ、ドロップバック地点で全部着替えましたっけ。そんな記憶を辿りながら慌ただしくドロップバックや装備の入れ替えをしていざスタートへ。
b0183911_12321606.jpg

スタートは小雨程度に。
これがやっぱりUTMFですね!
富山のFさん達とご一緒させていただき、リラックスしてスタートです。

今年は胸に着けたバーコードを読み取って自動的に写真をFBにアップしてくれるサービスを利用しました。コース上3カ所で撮影ポイントがあります。スタートはコチラです。↓面白いシステムですね!
b0183911_12454416.jpg
スタートして20分程、河口湖をぐるっと回ってトレイルに入るところでスタッフからストップがかかります。トレイルが渋滞していて進めないとのこと。
b0183911_12322006.jpg
ここで10分くらい待ったかな?私はちょうど真ん中くらいでしたが後ろの方の方はもっと待ったはず。イライラしそうでしたが100マイルの長旅は怒ったら負け。気持ちを平らかにしておく最初の鍛錬か?などと思いながら待ちました。たまたまいた友人との談笑は有難かったです(*^_^*)

が、トレイルに入ってもなかなか進みません。
ドロドロで登りが普通に登れない、下りも滑る…という状況での渋滞のようでした。
b0183911_12322270.jpg
一番厳しい富士宮の関門は私の予定到着時刻の1時間前。コンディションが悪いのでその1時間が天子で奪われると考えたらのんびりできません。少しずつ少しずつ抜かしてなんとなく前へ。

おかげでA1には予定通りの時刻に到着。
トイレにいって直ぐに出発

◆A1精進湖民宿村〜A2本栖湖
このコースは去年新設され、リタイアした私がたどり着けなかったコース。以前ハピトレで石川弘樹さん達と走ったコースなので、なんとなく記憶もあり、一旦登ってしまったら結構走れるんだと覚えており、とにかく上へ上へ。途中、山中でトランペットとピアニカの2人組の演奏の応援。粋なはからい、そして小雨の振る中ステキな生演奏に思わず拍手。UTMFはこうじゃなくっちゃねぇ…という嬉しい気持ち。ステキな生演奏、ありがとうございました。


しかし、ずーっとトレイルはドロドロで、富士山の姿も全く見えません。
b0183911_12322572.jpg
前を行く外国人が誘動スタッフに「神秘的な美しいトレイルだ!」と感想を述べてbeautyful〜!を連発しており、そうそう雨のトレイルも悪くないよね…と気が付いたり。そんなことに気付かさせてくれた外国人選手に感謝。彼とはこの跡も道中ずっと前後しておりました。(笑)


A2本栖湖〜W1麓
A2にも幸い予定通り到着。ゆば丼美味しかったです。
ボリュームゾーンの様でエイドの混み具合が凄いです。
京都のMちゃん他関西組の友人達とお会いでき元気貰えました。こういうの嬉しいね。
b0183911_12322834.jpg
ここからコース変更になったところなので、次は予定より早く着くかなぁ…などと楽天的にスタートしたのですが…

登り基調の東海自然歩道が走れてしまう。
それを頑張って走っていたらだんだん気持ちの悪くなってくる自分がいて。機能性胃腸炎を煩っており、体調は万全ではなかったと思い出し、途中で薬を投入。吐きそうになると歩いて、復活したら走るいうペース。W1には予定より10分早く着きましたが、貯金をほとんど作れませんでした。


◆W1麓〜A3富士宮
え?もうここで胃腸ヤバい?早すぎるなぁ…と言う状態で麓に到着。
エイド入り口でMちゃん笑顔で手を振ってお出迎えありがとう。
頑張って持参のお饅頭を食べましたが、もうジェルを受け付けない状態。これから天子なのにどうしよう…と不安になりながらも前半の大ボス天子山地へ。

b0183911_12323450.jpg
最初の急登から渋滞。ドロドロで滑るためロープの順番待ちという状態でした。気持ちが悪かったので私にはこののんびりペースがちょうど良かった。このあと気持ちの悪さにもう写真無し。

雪見岳までののぼりはとにかくゆっくりペース。いったん登っても細かなアップダウンがいっぱいあるのが天子だとわかっているけど、このアップダウンが胃腸の調子が悪い私には本当に厳しかった。先ほどの本栖湖外輪とは比べ物にならない泥。真っ暗な中ツルツルの泥トレイルを降って行くのが思ったより時間がかかる。なにより、気持ちが折れそうになるくらい転倒の繰り返し。本当にハードでした。

長者ヶ岳まできてあと15キロです〜と言われなんと8キロを4時間半もかけて来たことにびっくり。関門が気になりますがペースもそれ程上げられません。吐き気もして気持ち悪い。トレイルを出たところであと10キロです〜と言われた時点で関門2時間前。確かこの後はアップダウンがあまりなかったかな。2時間あれば大丈夫…とホッとしながらトイレに寄ったりして進みます。

…が、意外に登りも多く。
舗装路を走ったと思ったらすぐにトレイルヘ入り、あまりスピードが上げられません。1時間以上走ったところで、感覚的にはあと3キロくらいかなと思ったら「あと5キロです」と言われ焦りまくり。気持ち悪さを押しのけて走れるところはとにかく走るも思ったより傾斜のきつい登りが多くて。関門まであと10分というところであと1.8キロです…と言われた瞬間周囲全員歩く。もう間に合わない〜(涙)(涙)。でも、もしかしたらインの関門4:50が無理でもoutの関門5時までにたどり着いてたら良くならないかな?などと考えとにかくエイドへ。

エイドの入り口で富山のSちゃん達の応援。涙目で「間にあわなかったよ…」と伝えたら、なんと「関門1時間延びたよーー!!」と教えてもらう。驚きとこの先もまだ走るのかという微妙な気持ちでエイドへ。

ちなみに、関門が1時間延びてもここで700人以上関門アウトだったとか。

天子山塊を脱出の図↓
b0183911_12323783.jpg

◆A3富士宮〜W2粟倉
エイドにて気持ちの悪さにブルーシートの上に横たわること30分。関門ダッシュで無理し過ぎたみたいでもう胃腸がノックアウトでした。回復してないけどそろそろ動かねば…という状態で粟倉へ向けてスタート。富士宮では何も食べられず。さすがに、力がでず2/3以上歩いて粟倉。

お湯を貰って持参のインスタントみそ汁を飲もうと思ったけど、なんと粟倉にお湯無し(涙)前はあったのになぁ。。

◆W2粟倉〜A4子どもの国
食べてないのだから、チカラがでないのは当たり前。こどもの国に置いてある豆乳を飲みたい一心でほぼ歩いて進む。だんだん気持ちも滅入ってきて、後半のルートも知っているしと気持ちはリタイアへ。

二年連続は情けないなぁ、でも辛すぎるし…なんて言い訳しようかな、とかグツグツと考えていた時、関西の友人Iさんに遭遇。

すごく嬉しそうに走っており、何故か電話とメールをし出す。こどもの国に友達が待ってるから連絡しなきゃ、あ、家族からメール…とか。なんていうかとってもお気楽。UTMFの素晴らしさを教えてくれたのはハナさんですよー頑張りましょうーと笑顔で言われた時、リタイアを考えていた自分がバカバカしく思えて。

機能性胃炎の原因は「ストレス」なのですが、このストレスの原因が見えたような気がしました。

そうだそうだ、時間はまだある行けるところまで行こう、いやいやゴールを目指そうじゃないか。タイムとかは小さなプライド。せっかく出場できたUTMF、ゴールまで行くことが私の挑戦…そう思えたら急に元気が出てきて。広島にきてから忘れかけていた自分の楽天的なトコロも思い出したり。
結局「気持ち」なんですよね。。。この時、気力が湧いて来るのがわかり嬉しくなり全部歩いていたのをなんとか小走りでエイドまで。


後半に続く…
(長いです…)



b0183911_23072970.png

[PR]
by tekuteku-m | 2015-10-06 23:08 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧