<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミラクル! 広島 白木山縦走 上三田〜中島駅

ミラクル…!!
b0183911_00135175.jpg



広島で一番のお気に入りの白木山。
難点は上深川まで縦走しても13キロ程と物足りないこと。

なんとか距離を伸ばせないかな?不便な芸備線じゃなくて可部線に乗れないかな〜?と、ウンウンと調べていると、白木山駅から2つ先の上三田という駅からも白木山に登るルートを発見〜。そして可部線の中島駅付近に降りるルートもあったので繋げて行ってきました〜

b0183911_00135401.jpg
もちろん無人駅♪
駅を出て左手に進み、可部街道を右へ。


あっ…
b0183911_00135656.jpg
一応標識がありました〜。



本日の同行者は、同じく1月から広島に転勤で来ているIさん。
広島お山探検仲間です。
b0183911_00135998.jpg
この先に奇跡的に自販機もありましたが、トイレが駅にも何処にも無かったので要注意です。


この白い階段の上のお墓のところからトレイルに入ります。

b0183911_00140165.jpg

いきなりトレイルが不鮮明。
テープを頼りに進みますが、尾根までとにかく適当に登れば大丈夫。
尾根できちんとしたトレイルに出会えました。
b0183911_00140360.jpg
登って、少し下るの繰り返し。
全体的に登り基調です。

b0183911_00140885.jpg
297ピーク。
広島に来て初めて知ったのですが、名前の無い山はその標高で呼ばれるんですよねー。



ここからしばらく行ったところで、

ガサガサ、ガサガサ…て音がして。
何かの動物がいるなぁと警戒しつつも、
こういう場合は変に見たりせずに、さりげなく通り過ぎるのが、その動物を刺激せずに済むので通り過ぎて行ったのですが…

少し進んでも音がして。
なにやらついて来るような…

最初、目線が高かったのと、森の保護色でその正体がわからず

え??何だろ
何?
と音の正体を探していたら…
b0183911_00141262.jpg
きゃーー、きゃーー♡

なんと!ヨチヨチ歩きの鹿の赤ちゃんでしたー。

無邪気に近付いてくる様子にびっくりしたけど、
同時に親が近くに居るはずだと警戒して周囲をキョロキョロ。
そうこうしているうちにどんどん小鹿ちゃんが近寄ってくるので思わず逃げる。
b0183911_00141401.jpg
もう1メートルくらいの至近距離でした。

思わず触りたい、頭を撫でてあげたい、という衝動に駆られたのですが、野生の小鹿、親が襲って来るんじゃないか、人間の匂いを付けたらダメなんじゃないかという考えが頭をよぎり、写真を撮って直ぐに小鹿から離れました。
b0183911_00141637.jpg
可愛かったなぁーー。
生まれたての赤ちゃんは、どんな動物でも守ってあげたい、庇護してあげたいという衝動に駆られたてさせる才能というか、本能があるんでしょうね。

純真、無垢、無邪気…


自分に沸き起こった感情から感じたことは
赤ちゃんって誰からも愛される才能を持って生まれてくるんだなぁということ。生き延びる本能とでもいうのでしょうか。そんなことを感じた森での出逢いでしたー。



もう興奮して、このあと、ずーとIさんと小鹿トーク。
あっという間に胡谷山をこえ、あとはあるのか無いのかわからないトレイルを、テープ頼りに進むという広島っぽいトレイルを進みます。
b0183911_00141749.jpg
幾つかピークや鉄塔を越えて、
b0183911_00141991.jpg
道なき道を見少しずつを進むのでそれ程走れる訳じゃなく、
b0183911_00142167.jpg
b0183911_00142448.jpg
標高が上がっているので白木山に近付いているんだろうなと思う直登の坂を登って藪漕ぎした先に

でたー!
白木山トレイルの9合目でしたー
b0183911_00142634.jpg
いい意味で踏み固められた硬いトレイルにホッとします。
トレイルランするには、やっぱり整備された登山道が安心だなぁ。
ふかふかのトレイルはある意味不安道なんですよね。。

b0183911_00143045.jpg
山頂は人が結構居ました〜。


ここからは勝手知ったる白木山トレイル。
ぐんぐん進んで、林道へ。

で、目印となる倒れたカーブミラーから、トレイルに入り、初めての林道へ。この林道の終点から中島方面へ降りるトレイルへはいります。
b0183911_00143232.jpg
林道終点からは、広島市内一望の景色でしたー。

ここから少し下って、反射板2基のところの分岐で迷う…
b0183911_00143488.jpg
これ、落ちていた標識。

ネットの下調べでは歩きやすい整備されたトレイルとあったのですが、道なき道の急登を下るスリリングな道
b0183911_00143675.jpg
戻ろうかと何度か話し合いましたが、街の喧騒が近く、とにかく下っていくことに。



な、なんとか生還?
b0183911_00143861.jpg

安佐北区スポーツセンターに下山予定でしたが、それよりもかなり西側に降りてました…(汗)
ま、いっか…





本日の収穫はやっぱり小鹿の赤ちゃんとの出逢い。
おかげで終点ウキウキした気持ちで過ごせました。
鹿は神さまの使いなんて言われたりするけれど、
なんだか良いこと、良い出逢いに恵まれそうだな〜、
なんて(←単純…)




今回もIさん、お供いただきありがとうございました!

[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-30 10:27 | トレイルラン(広島) | Comments(4)

東京GW バーチャルUTMB試走 河口湖駅〜御坂山塊〜富士山五合目〜富士山駅

富士さん♡
b0183911_11191346.jpg

その発想、いったいどこから…??
と思っちゃう、いつも面白い登山ルートを考え出すMさん。
今年UTMBにチャレンジするので日々コース研究に余念がないのですが、
UTMBのスタートからレ・シャビュー(LES CHAPIEUX)の高低図とそっくりなルートを発見したとのことで、
今年のUTMB組と一緒にそのバーチャルルートをご一緒してきました〜。

コースは河口湖駅スタート〜河口湖ぐるっと走って御坂山界(鬼が岳、雪頭ヶ岳)〜西湖〜精進口登山口から富士山五合目〜吉田口登山道〜富士山駅の約55キロです。




始発にのって大月駅にてJRから富士急行に乗り換え。
改札に何故か鳥居…(笑)
b0183911_10540145.jpg
7:44河口湖駅到着〜
東京から電車乗り継いで行けるんですねぇ。。
b0183911_10540650.jpg
いつもバスか車なので、電車で来るのは初めて。
関西からだとアクセスが不便な河口湖駅。東京からだと日帰り圏内なんだなぁ。。

河口湖からのんびりジョグでUTMFのルート、湖畔沿いを走ります。

富士山♡
b0183911_10540921.jpg

最後の補給場所、湖畔のデイリー山崎にて食料を少しゲットして、大石峠からトレイルヘ。
この8キロ程の小さなアップダウンの感じがUTMBのシャモニから最初のエイド、レゾッシュにそっくりです。
b0183911_10541157.jpg
しばらく林道を進んで美しい新緑のトレイルヘ。
b0183911_10541508.jpg
b0183911_10541749.jpg
ところどころから富士山が見えてテンション上がります。
b0183911_10541819.jpg
新芽がかわいいなぁ。
b0183911_10542004.jpg
一気に800m程登って鬼が岳、1738m。
遠くにアルプスも見えます。
快晴に感謝感謝♪
b0183911_10542610.jpg
そして、後ろは富士山。
b0183911_10542265.jpg
b0183911_10542881.jpg
ハシゴ下って、少し進んで
b0183911_10543044.jpg
富士山絶景ポイントの雪頭ヶ岳。
b0183911_10543110.jpg
富士山、今からそちらへ行きます〜。
待っててねーー(笑)

御坂山界はUTMFのコースにも検討されていたそうですが、危険な箇所が多いため外されたそうです。でもここからの景色は最高でした〜。
ここから、西湖のキャンプ場まで急な傾斜をくだります。
一旦700m登って下るの、サンジェルベのエイドまでのコースとそっくりだわ〜。

しばらく舗装路を進むので、自販機で飲み物の補給をします。
(一応仮想サンジェルベエイド)


しばらく舗装路を走ってから、樹海に入り
b0183911_10543389.jpg

樹海を突っ切って精進口登山口から富士山へ。
このゆるーいなだらかーな長い長い長い登り、セーニュ峠までの延々続く登りにそっくりだわ〜。
なんだか思い出すなぁ…って。
b0183911_10543513.jpg
そして、思い出したのが、このコース、Fuji Trailheadの相馬さんツアーで走ったルートだったこと。確かあの時は12月で1合目のスキー場まで車で運んでもらい、この長い長い長ーい登りをふかふかの雪の中、下ってきましたっけ。(そのときの記事はコチラ)相馬さん大石さんと写真を撮ったなぁ…なんて思い出しながら登山道を歩いたり走ったり。あの時相馬さんとした会話や言われたことなどが、走馬灯のように頭の中に流れ、不思議な気分でした。こうやって人の心の中に生き続ける人なんだろうな。

何時間くらい登ったかな?
3合目でKちゃん、Fさんが富士スバルラインを走ってくだるとのことで、エスケープ。
みんなここまで頑張ったね。
b0183911_10543678.jpg


残り4人で終電の21時までに下山しなければならないので、ペースアップして5合目までを急ぎます。


それにしても精進口登山口からのルート長かったなぁーー。
確かにUTMBも「うんざりする登り」の連続だったなぁ。
b0183911_10543961.jpg
4合目過ぎてから…
b0183911_10544170.jpg
雪!
5月ですがやっぱり2000m超えると積雪ありますねー。
b0183911_10544578.jpg
最後、何故かペースアップしまくりで五合目到着〜
b0183911_10544744.jpg
富士山山頂が直ぐそこ!
近いなぁ。。

そして、急に観光客の姿が…(笑)
到着は17時過ぎ。普段は17時までの営業で自販機も閉じてしまうとのことですが、この日はGWの特別営業でまだ売店が開いており、飲み物の補給もできてラッキーでした。
b0183911_10544822.jpg
帰路は富士吉田口から下山。
雪の中をザックザック進みます。
b0183911_10545094.jpg


b0183911_10545324.jpg
左下には雄大な樹海〜
b0183911_10545568.jpg
実はUTMF以外で富士山に登るの初めて。5合目まで登るのも初めて。
古来から「神様」と崇められて来たこの山の他にはない神秘感じられる雄大さ、凄さを感じられずにはいられませんでした。次は山頂に登ってみたいなぁ。

b0183911_10545684.jpg
b0183911_10545801.jpg
この辺りからライト点灯でナイトランに。
富士登山競争のルートを下っていきます。
本当にずーっと下りなんですねぇ。
b0183911_10550082.jpg
b0183911_10550451.jpg
馬返しからは舗装路を走ります。
富士登山競争て半分は舗装路なんですね。

富士山を祀る神社、浅間神社(せんげんじんじゃ)にて
Mさん達の完走祈願。
絶対完走してね!
b0183911_10550617.jpg
あとは富士山駅までの道をてくてく歩きます。
富士山を祀る神社のお膝元の街、神社のような飾り物も多く、不思議な雰囲気の街でした〜。こんどは昼間に来てみたいな。


富士山駅に20時過ぎにゴールできました!
約12時間、一応バーチャルUTMBの関門にはひっかからなかったようです(笑)
濃くて長い旅で面白かったー。


9時の終電までの時間は…
b0183911_10550824.jpg
b0183911_10550994.jpg
おつかれさまでした!


激走モンブラン、ならぬ「妄想モンブラン」!
私にとっては「回想モンブラン」。
そうそう、こんなうんざりする登りだったなぁ…とか。雨降ってドロドロだったよなぁ…とか。
思い出したり、そういう会話ができるのが嬉しかったり。
いいメンバーで今年モンブランへ行きますね。
Mさん達、本当に頑張ってね。


そして、富士山。
こんなに気軽に来れるなんて、関東の人達は山のフィールドに恵まれてるなと思います。
こんどは山頂まで行きたいな。







b0183911_10551485.png

[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-24 12:21 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

東京GW 雲取山トレイルラン♪ 〜東京都最高峰のお山

来ちゃった…♪

b0183911_23023930.jpg




2015年のGW後半は東京をベースに関東で過ごしました。
もちろん、関東のお山も♡


行ってみたかった東京都最高峰のお山、雲取山へ
関東のお友達と走ってきました〜。




都心から電車を乗り継いで集合場所の奥多摩駅へ。
電車を乗り換える度にアウトドア率が高くなり…
奥多摩駅ではこの人だかり〜(汗)
b0183911_23024398.jpg
大きなザックがわっさわっさ♪
通勤ラッシュの様です…
でも、みんな山の格好なのが微笑ましい。


こんな登山客いっぱ〜いの駅も東京都なんだなと驚きです。
東京、スゴイなあ…。

b0183911_23024597.jpg
奥多摩駅にて、友人達と合流。
あの大勢いた登山客はみなバス停に向かっておりました。(長蛇の列!)
b0183911_23024777.jpg


でも、私達はここから登山道へ。
b0183911_23025020.jpg
舗装路をしばらく歩いてから、石尾根縦走路ヘ。
本日のコースは奥多摩〜石尾根〜雲取山のピストン約40キロ。普通の登山客の方が一日ではしない距離ですね。


石尾根縦走路、とにかくずーっと登りが続きます。
b0183911_23025212.jpg
本日のメンバーは、
3月に鎌倉をご一緒した2015年のUTMBメンバー+広島に同じく転勤となったIさん関連の方々。

b0183911_23025468.jpg
意識も経験値も高いメンバーです。
会話もなんだか楽し♪


奥多摩駅から雲取山へのルート、石尾根はひたすら登りで。
久しぶりに長〜い長〜い長〜い登りを経験しましたが、
楽しく登れたのは、やっぱりみんな一緒に登ったからかな。
山頂までキツかったなーーー。


感動の富士山♡

b0183911_23025701.jpg
関西の人間にとって、くっきり見える富士山なんて感動モノ〜。(画像がよくなくてスミマセン)

鷹巣山避難小屋で唯一の水分補給。
Hさんにお願いして水場まで行ってもらいました
(ありがとうございました!)


b0183911_23030186.jpg
鷹巣避難小屋からは山頂を迂回して山の側面を回って行く「巻き道」が続きます。
山の側面のルートだからかなりの崖っぷちなのですが、このルートが小刻みなアップダウンの走れるルートで、景色も良くて気持ち良かったなぁ…

b0183911_23030583.jpg

まだまだ5月初旬。
標高が1500m以上に来ているんだなぁ…と思える山の風景。
5月の標高の高いお山が新鮮でキョロキョロしながら走ります。

b0183911_23025974.jpg

雲取山少し手前の七ツ石山山頂にて。

雲取山までもう少し!


b0183911_23030727.jpg
…がここからのアップダウンがかなりあり、
意外と山頂まで遠かった(汗)




山頂手前のテント場はカラフルなテントがいっぱいです。
電車で気軽に2000m級のお山に来れてテントもできちゃうのいいなぁ〜。

b0183911_23030989.jpg

山頂目の前!

b0183911_23032792.jpg

東京都最高峰!雲取山2017m
今年初の2000m超え♪

b0183911_23031417.jpg
頑張った頑張ったー

b0183911_23031630.jpg
ここで別ルートで来ていたMさんとも合流できました。
しばらく山頂で遊んでから来た道を戻ります。



さっきは気持ちよく下った坂なんだけど…(汗)
b0183911_23031187.jpg
といえど、基本下り基調。
復路はなんだか早いなぁ〜と感じながらスイスイ〜。
b0183911_23031803.jpg
Mさん、Kちゃんと賑やかにおしゃべりしながら走ります。
大きなブナの姿に惹かれ、写真を撮るために少し止まってから進むと、
先ほどまで賑やかにしゃべっていたMさんKちゃんがしゃがんでいて。

Kちゃんが転倒した様子。
転倒したところをたまたま見てなかったのですが、
普通に転んだだけ…とのことなのですが、何かにひっかけたのかタイツが破けており、そのキズの酷いこと!
皮膚の内部が見えており、脂肪が露出していました。

後ろから来たメンバー達もみんなおどろきそれぞれのエマージェンシーキットを出し合います。

避難小屋がもうすぐなので、そこで手当をしようということになり、先発隊に水を汲みに行ってもらい、Kちゃんと歩きながら避難小屋まで進みました。痛みがそれ程酷くないとのことですが、とにかく見た目と出血がすごくて…

避難小屋にて、先発隊が汲んできた水で傷口を洗い→マキロン→軟こう→滅菌ガーゼ→テーピング→三角巾
と手際良くKちゃんが自分で処置をしていましたが、
私、そしてみんなオロオロ…

それにしても山に慣れたメンバーだったので、みんなきちんとエマージェンシーキットを持っていたのが救いでした。Kちゃんが三角巾まで持っていたのはさすがです。自分のエマージェンシーキットを見直す良いきっかけになりました。
b0183911_10151581.png



ここからは七ツ石山から先に下山をしていたDちゃんを追いかけるチームと、
Kちゃんとエスケープルートでバス停に降りるチームの二組に別れて下山。

私はMさん、Iさん、Kちゃんと一緒にエスケープルートへ。
エスケープといえど、700m程まだ降りなければならないため結構急な下りが続きます。
Kちゃんの傷口が広がらないようにゆっくり進むも、登山口に近いバス停のバスが一日3本で、それが17時。あと2時間で間にあうかな?そのバスを逃すとさらに5キロ程車道を先に行たバス停にしかバスが来ないとのことで、気持ちが少し焦ります。それにしても、きちんとバスの時刻表をもっていたMさん、さすがです。地図読みもMさんにまかせ、とにかく下って下って。


あんなに酷いキズを追っていたのにKちゃん強かった。
膝じゃなくて良かったね、自力で下山できて良かったね、消毒液があって良かったね…とMさんと三人で不幸中の幸いだったことを言いあいながら、Kちゃん気遣いながら下山。Kちゃん1㎜足りとも弱音をはかず結構なペースで降りていきました。


「バス停まで30分」という表示が見え、そのときあと20分位だったので、
Iさんに先にダッシュで降りてもらってバスに少し待ってもらうようにすることに。


Kちゃんのペースもはやくなり、山道転がるように駆け下りていくと、
登山口にIさんが。

??

と思ったら、なんとIさん、たまたま登山口に付近にいた地元の方に、
けが人が出たからと、バス停まで車で送ってもらえるようお願いしたとのこと。
Iさんの機転に感謝〜〜。

地元の方が、自宅から車を出してくださり、
私達はそれに乗せていただき、無事にバスに間にあうことができました。
バス停が思いのほか遠く、車で送ってもらえなければたぶん間にあわなかったかな。
本当にありがとうございました。



Kちゃん、奥多摩駅から自宅付近の救急病院へ直行。
抗生物質の点滴などをしてもらいキズはひどいものの
大事には至りませんでした。
良かった。


---
山での事故は自己責任で、
自力で下山というのが基本だというのを改めて実感。

普通の人だったらおそらく下山に3、4時間はかかったかも、
もし一人だったら、
もしエマージェンシー持ってなかったら…

2000m級の山はやっぱり深く、トレイルラン、登山は危険と背中合わせなんだなぁということを実感した出来事。

Kちゃん、終始前向きで気丈でした。早く治りますように。





---
都内から日帰りで2000m級に行けるなんて、
関東のフィールド恵まれてますね。
お手軽な低山の関西とは異なり、コチラの山は山が深いなと感じます。


まだまだいろんな関東のお山へ行ってみたいな。



[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-16 10:09 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

京都合宿2015 春バージョン

もう何回目だろう…
b0183911_21352997.jpg


はじまりは2年前の冬…
冬場は雪で山を走れない富山のSちゃん達がSTY&UTMF練習のため、京都に来たのをご案内したのが最初だったかな。
(第一回目はコチラ
それから冬に何度も京都を一緒に走りましたっけ…
いつの間にかそれを「京都合宿」と言うようになり、実は今年も1月に走りました。



その進化版、「春の京都合宿」に参加してきました〜。
今回は隊長プレゼンツ、東京のMさんお招きして富山チームと、京都の仲間のご案内というにぎやかな合宿でした。


土曜日の朝10時頃、お馴染みの伏見稲荷スタート。
b0183911_11340220.jpg
生足ランスカガールズ達。
カワイイね〜〜。

いつもは冬に来る伏見稲荷ですが、GW始まったばかりの伏見稲荷は観光客でいっぱい〜賑やかでした。
京都組の案内で東山36峰のレースコースを逆走します。


春だなぁ…
b0183911_11340738.jpg
今回の合宿はみんな大きなレースが終わったばかりだったので、の〜んびり観光トレランです。

京都一周トレイルを、清水山から少し下って、清水寺へ寄り道。
b0183911_11340663.jpg
清水の舞台、凄い人だわ〜。
それにしても、新緑の美しいこと!
「京都の新緑」ってやっぱりどこか雅ですね。。


観光客で溢れる清水の舞台には寄らず…
b0183911_11342267.jpg
地主神社に寄り道。
縁担ぎを狙う女子達と…

b0183911_11352767.jpg
縁の下のチカラ持ち?な男子達(笑)


再び京都一周トレイルコースへ戻り
いつもはスルーする将軍塚でもきちんと景色を堪能。
b0183911_11342974.jpg
いい天気だな〜。

大文字へ登る前に疎水を辿って、インクラインに立ち寄り。
b0183911_11343592.jpg
レンガの陸橋、ステキですよね!
b0183911_11344371.jpg




再び、京都一周トレイルルートへ戻って…
b0183911_11353597.jpg
大文字の火床〜。
快晴〜!!
何度来ても気持ちの良い火床です。

b0183911_11344666.jpg
b0183911_11344929.jpg
しばし火床で遊んでから、銀閣寺へ下山、
寄り道は…
b0183911_11360301.jpg
夏場の定番、銀閣寺アイス。
もう充分美味しい季節になりました。
手作りアイス、美味♡


ここから、比叡山へ向かうもタイムアウトで、
途中、北白川、曼殊院方面へ下山。
b0183911_11354643.jpg
あくまでもの〜んびりトレランです。



いつもの五条のお風呂屋さんにて汗を流してから
隊長が予約をしてくれていた「おにかい」にて宴会。

走った後の仲間と飲むビールて本当に美味しいな。
b0183911_11355452.jpg



---
合宿二日目。
ゲストハウス近くのカフェの朝ご飯からスタート。
いつもはご飯のおかわりができる「やよい軒」ですが、この日は軽くカフェめしです。
b0183911_11362345.jpg


北山で京都組と落ち合ってから、
鴨川添いをワイワイ賑やかに走ってトレイルヘ。


b0183911_11371602.jpg

京都の火床の「舟形」の船山です。
b0183911_11365811.jpg
今日もいいお天気だわ〜。

b0183911_11370198.jpg
b0183911_11370430.jpg
京見峠を経由して、本日のメインイベント?
山の家「はせがわ」での早めのランチ〜。
b0183911_11371814.jpg
朝ご飯はこれのため「軽め」でした(笑)
はせがわ、やっぱり美味しいですね〜。



お腹をたっぷり満たして、
はせがわから高雄までぐいぐい走ります。
b0183911_11372119.jpg
この日の高雄の気温、なんと28度!
まだ4月なのですが、きっと京都市街は30度越えてるんだろうなぁ…

b0183911_11372627.jpg
清滝へのトレイルは気持ちの良い川沿いのトレイル。
b0183911_11373425.jpg
新緑のトンネル気持ちいい〜。


清滝から愛宕山アタックに行くには時間が足りなさそうだったので、
京都のT君が秘密のトレイル?をご案内してくれることに。

清滝から保津峡へ行き、保津峡駅から嵐山という山を越えて嵐山駅に降りるルートがあるとのこと。


水が新緑カラーだわー。
保津峡ステキ〜。

b0183911_11380502.jpg
トロッコ保津峡駅から
b0183911_11380960.jpg
ホーム手前の川沿いにそって駅の裏側へ回って
b0183911_11381217.jpg
駅の裏側にある地図には載っていないトレイルヘ。
b0183911_11381859.jpg
このトレイルがかなりの急登〜。
森林整備用のトレイルの様で、直登も多く、みんな無言でガシガシ登って…
名も無き山のピークに着いて、そこからは尾根道。



小刻みなアップダウンを繰り返して
嵐山へ。
b0183911_11382178.jpg
何度も「嵐山」には来ているのだけど、嵐山という「山」に来るのは初めてです(笑)
このトレイル面白かった!!
まだまだ知らない京都のコースがあるんだなぁ。。


嵐山からは京都一周トレイルの西山コースに合流。
4時頃嵐山へ下山できました〜。

b0183911_11383528.jpg


---
お天気にも恵まれ、楽しい二日間でした。
広島ではあまりできないディープなトレラントークも楽しく、
水を得た魚のように京都の山をピチピチと跳ね回っておりました。

関西に住んでいた頃にはわからなかった京都の「ブランド力」を改めて実感。
やっぱり京都、山も街も景色も歴史を積み重ねて来た雅な風情が感じられていいですね。


それにしても「合宿」楽しいなぁ。。
最近仲間と行くレースでも無くトレーニングでもないロングトレイルが楽しいなぁ…って。
記録や結果にこだわらない「トレイルラン」が生活に一部になってきているなぁと感じます。



合宿、またしたいね。。



[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-10 23:32 | トレイルラン(京都) | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧