<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

UTMB 2014 旅の記録 レース後半 ゴールまで

ホントに遠かった…
b0183911_15581641.jpg




---
ラフーリ(LA FOULY)108キロ地点はスイスのエイド。
もう走れなくって本当にヨレヨレで到着。
荷物を置いてから、あまりの胃腸の気持ち悪さにエイド脇の芝生にゴロンと寝転がっていたら…

ふと目を開けると真上に人々が覗き込む顔。
身体にはエマージェンシーシートがかぶせられてて…
なんと、そのまま救護室に運ばれてしまいました〜(汗)


救護室に運ばれたと同時に、有無をいわさず、上着を脱がされ、血液検査、脈、血圧などが測られて行き…。寝かされたクッションの温かさがあまりに気持ちよく、カラダをそのまま任せてしばらく横たわることに。
少ししてから起き上がると厳しい口調の女医の方に言われたのが、
「STOP!」でした。

UTMBのスタッフも来て、何やら話し合い。意味わかんない…と驚いて様子をみていたら、どうやら海外でのドクターは権威が高く、医者の下した判断は絶対のようで、医者が「STOP」と言ったらそこからレースは進めない様子。

一瞬「ドクターストップでリタイアしました…」だったら、格好がつくかな?
もうしんどすぎるし、ここでUTMB止めようかな…?このまま眠ると気持ちいいなぁ…
という気持ちが湧き上がりましたが…


リタイアした自分を想像した瞬間、弱り切った気持ちに「ダメ、ダメ!」と強く反発する自分がいて。
ふと浮かんだ言葉が「自分のプライド」「誇り」という言葉。
ここでリタイアするのは「ワタシ」じゃない。
自分が自分であるためには、絶対にここで止めちゃダメ…
と。


極限の状態で自分を動かす原動力がまさかの「プライド」「誇り」だったとは。
人間っておもしろいですね。。


「絶対に止めない」

気持ちをはっきりと決めたら、そこからワタシ、強かったー。

「身体は大丈夫です。ゴールを目指したいです…」
「こんな夜中に、しかも貧血のあなたをここから出すのはクレイジーだ。次のエイドまでの距離と標高差を知ってるの?」
(そんな全うなこと言われても、UTMB自体がクレイジーなんだけど…笑)
「大丈夫」に説得力が無いのがわかったので、「次のエイドは大きなエイドで、仮眠室があるのでそこで休息します」「ここで止めても結局次のエイドまで行かなければならないので」等々…とにかくあらゆる理屈を拙い英語で並べて気迫の主張、そしてドクターとの押し問答。

急に精気を取り戻してまくしたてる私を見て大丈夫だと思ったのか、ドクターが下した診断は、関門時間まで寝ていなさい、それからスタートしなさい、
でした。


---
救護室はエイドを出た関門の外にあったため、関門時間を過ぎてからのスタート。
このエイドでの実質のラストランナーでした。


少し進むと、何故か日本人ばかり。
日本語をしゃべれる気安さに気を許してしばらく一緒に歩いていたのですが、はっと気付いたのが「この人達はゴール出来ない人達なんじゃないか…」ということ。このままだと次の関門に間にあわない…と。

なれ合い?気安さを吹っ切って、自分を引き締めて、暗闇の中を一人先に急ぎました。
最終組だったせいか、前後人のいない漆黒の闇。しかも、ここは遠い異国のスイスの山の中。こんなに頑張ってももしかしたら間にあわないかもしれない…という焦る気持ち、独り真っ暗闇を走る不安、異国のドクターとの押し問答で昂った気持ち、ぎりぎりの自分に負けなかったこと、いろんな気持ちが混ざり、涙がポロポロ出てくるも、泣いてもしょうがないよ私、と何度も言い聞かせ、とにかく前へ前へ。幸いにも一時間近く救護室で寝ていたため調子が復活しており、ペースをあげることができました。



次のエイドはまだ??
とガシガシ登りを歩いている時、ライトを顔に当てられ驚いていると、「あっ、ハナさーん」と同宿でサポートのKさんの笑顔が前に!
この時の嬉しかったことといったら!張りつめていた気持ちが緩み、涙目でKさんに前のエイドでの顛末を話しながらシャンペ湖エイドまで。

後で、Kさんにもの凄い勢いで話し出すからびっくりした…と言われました。



b0183911_23164076.jpg

123キロ地点のシャンペ湖(CHAMPEX-LAC)〜ボヴィーノ(BOVINE)〜トリエン(TORIEN)まで、あまりにしんどかったのでほとんど記憶無し。とにかく「辛かった」とだけの記憶。


見上げると永遠と前に続くヘッドランプの明かりに気落ちしたこと
終わりが無いのじゃないかと本気で思えた長い長い登りのトレイル
ぬかるんでドロドロの道。
何の気なしにした外国人との会話。
足首が痛くてテーピングを巻いたこと。


これらが、いったいどこでのことだったのか、もう全く覚えておらず。
記憶にのこるは「ただただ辛かった」ということだけ。



--
最後の大きなエイド、ヴァローシン(VALLORCINE)で夜明け。
パスタを一口くらい食べたけど、あとは何もカラダに入らず。
b0183911_23172352.jpg
制限まで1時間くらいでスタート。
この最後の山が高くて高くて遠くて遠くて。
b0183911_23172637.jpg

ほとんど食べていなかったので、登りを登る力が無く、数歩登っては休むの繰り返し。
もう空っぽのカラダから絞り出すエネルギーの源は「絶対に止めない」という気持ちだけ。
自分の我の強さだけを頼りに一歩ずつ前へ。




稜線が見えてきた時は嬉しかったー
b0183911_23173507.jpg

が、ここからが…

b0183911_23173292.jpg

関門まであと一時間。
たぶん次のエイドはあそこ!!??と思えるところが前方に見えて。それがもの凄く遠い!前後にいた日本人もさすがにみんな走り出し、ワタシもそれに着いていくことに。

そのダッシュのおかげで、最後のエイドには30分前に到着。でも、そこで力を使い果たしたのか、最後の7キロの下りが全く走れないワタシ。
足首はどうやらアキレス腱を痛めているみたいで、一歩一歩の痛いことといったら。




---
シャモニの街が見えて来たー!
ただいま〜。
でも、まだまだ遠いー(涙)
b0183911_23173780.jpg

レースの終わる寂しさと嬉しさ…
なんてモノはなくって、とにかく早く終わりたいーーーという気持ち満載で最後の長い長い長い長い下りを足をひきずりながらシャモニの街へ。


トレイル抜けたけど、ゴールまでまだある…(涙)
b0183911_23174548.jpg
あ、花道のゲートだわ〜
b0183911_23174736.jpg
ここで、サポートのKさんのお出迎え。

「おめでとう〜!」と言われ
始めて「あ、完走できるんだ。嬉しい!」という気持ちに。

帰ってきたんだなー。


b0183911_23175013.jpg


b0183911_23175879.jpg
---
長い長い長い旅。
45時間17分でした!

転勤や引越しでの準備不足の感はあったものの、まさかの45時間台ー。
やっぱりUTMBは凄かった。
そして、本当に長かったー。



「戦った」と感じた45時間の旅。
UTMB前の怒涛の二カ月も含め、自分との戦いだったUTMBの旅。自分を深くみつめ、そして自分の強さを信じることのできる旅でした。



--
UTMBのコースは一つ一つの山が想像以上に大きく、全く最後まで気が抜けないというコースでした。そして、やっぱり名実ともに、世界一のレースだなと感じました。レースの規模、コースの厳しさ、エイド、応援、そして参加選手達。こんなレースに参加でき、完走できたことは幸せだと思うと同時に、こういうレースに「参加しよう」と思えたこと自体を誇りに思います。

だけど、ひたすら辛かったという記憶に「悔しい」という気持ちも大きく、またチャレンジしたいという気持ちもフツフツと…(笑)






レースでお世話になった方々、支えてくれた人達、そしてたくさんの応援…
ありがとうございました!




[PR]
by tekuteku-m | 2014-11-18 22:52 | トレイラルラン(UTMB) | Comments(8)

UTMB 2014 旅の記録 レース後半 クールマイヨール〜ラ・フーリ

石畳の街中をグルグル…

b0183911_12423940.jpg



クールマイヨールのエイドでSシンさん、Kさん達とお会いしパワーアップ。
特にSしんさんは急遽サポートで選手エリアに入ってきていただき
着替えや荷物の交換を手伝っていただきました。ありがとう!
(↑エイドにはサポートパスを持っている人しか入れない)



お友達に会えた嬉しさなんかでこの時は超元気だったワタシ…
ちなみに、本当に何も無い地べたに座ってます。
シートなんてありません。
こういうところが海外レースだなぁ。。
b0183911_11150685.jpg

本当に全身ドロドロだったので、
レースで初めて靴から下着まで全て着替えました。
レース歴6年でも初めてのことがいっぱい起こる…
やっぱりUTMBですね。。


この後、Sしんさんと別れて、選手しか入れない補給食エリアでどん兵衛を食べていたら…
もらったお湯の温度が低かったせいか、美味しくない、油揚げ気持ち悪い…と思ったら
急に気持ち悪くなり…。胃の中のものが全て逆流。ゴミ袋に向かって全て吐ききってしまいました。

その時、自分が疲れていることや体調のことを急に思い出し…
ヤバい…とは思ったものの関門まで30分を切っていたため、そのしんどいままクールマイヨールを出発。
(これ、後で考えたら失敗だったなぁ。。)


次のエイド、ルフージュバルトン(REFUGE BERTONE)まで約5キロ、標高2000mまでの登り約800m…
ま、大丈夫だろう…と軽く考えスタート。


b0183911_23162239.jpg
快晴のクールマイヨールの街は四方を高い山に囲まれ本当にステキな街♡
街の中をグルグル走って、トレイルへ。
あと3キロくらいかなぁ…と思いながらつづら折りの登りをひたすら上へ上へ。


良く考えたら、クルーマイヨールで食べたもの吐ききったので、カラダの中に何も無い…
全く力が出ず、この登りのカラダの重かったこと!!
どんどん抜かされていき、関門30分前に出たため、いつスィーパーが来るのかとドキドキしながらフラフラで休み休み登る。ここ、予定では1時間だったのですが、もう既に予定も計画もどうでも良くはなってたけど、なんと到着まで2時間半も…(涙)


え、エイドが見えて来た〜
嬉しさでパチり。
b0183911_23162594.jpg
REFUGE BERTONE、石積みのお家がカワイイ!
ハイジ〜と叫ぶ気力もなかったけど、気分はペーター?
山の中腹のエイド、ステキでした〜。

ここで、昨日一緒にゴハンを食べたMさんに遭遇。お互い体調が悪く励ましあいながらおしゃべり。
目の前に本物のアルプスの山〜〜。
でも、気持ち悪くってあまり余裕無し…(笑)

b0183911_23162748.jpg
ルフージュ・バルトンから次のエイド、ルフージュ・ボナティ(REFUGE BONATTI)まで比較的フラットな爽快なトラバース道が続いていて、気持ちよーく走れる…はずだったのですが、もう気持ち悪くって…


次のエイド、どこやね〜ん。
とひたすら、次のエイドを目で探しながら進むワタシ…(笑)

b0183911_23163047.jpg
途中、芝生で寝転んで体調を整えて、回復したら進む…の繰り返し。
ルフージュ・ボナティ(REFUGE BONATTI)〜アルニューヴァ(ARNUVA)の下りが本当に辛くって。
b0183911_12111141.jpg
UTMBのコースの特徴はとにかく下りがキツイということ。
こういう比較的走りやすいシングルトラックの急な下りが何キロも続くのです。だいたい1000mくらいこういう下りを下ってエイドのある村に降りるので、エイドにつくころには胃腸がシェイクされて気持ち悪くって…それの繰り返しです。


アルバーニュ(ARNUVA)のエイドは激混みでほとんど座ることもできず。
調子が悪かったけど、フルーツを少し食べてすぐに出発。
なんとしても最難関のフェレ峠(2537m)を日が暮れないうちに登りきりたかったから。


景色ステキだよー、頑張れワタシ〜
(ゼイゼイ…涙)
と自分をだましながらヨレヨレで登る。

b0183911_23163237.jpg
調子の悪いカラダで1000m登ることの辛いことといったら…
ストックが折れるんじゃないか?と思えるくらいストックにもたれて何度も休息。

なんどもなんども上を見上げ、ピーク(峠)らしきものを探すも無い〜。
もうここまで来たら慣れてきてるのですが、こちらの山、明確な「ピーク」がなくって、
え?ここ??と思うところにテントが張ってててどうやら関門のようだわ=峠?
という感じ。


コチラが死ぬ程嬉しかったペレ峠の関門。

b0183911_23163441.jpg
たぶん、これがピーク??
UTMB最高峰記念にパチり。
2537m、頑張ったぞワタシ…。


b0183911_23163804.jpg


あとは下り10キロだ〜
待ってろスイス〜〜と
喜び勇んでペレ峠からの下りを走りましたが…
b0183911_23163639.jpg
中々着かないスイスのエイド、ラフーリ(LA FOULY)。
アップダウンが意外に多く、ここでカラダもですが心もかなり参ってしまい、
正に精魂尽き果てたヨレヨレの状態でエイドに到着。

このあと思いがけないドラマが…


続く。


b0183911_13044859.png



[PR]
by tekuteku-m | 2014-11-16 12:56 | トレイラルラン(UTMB) | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧