<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

TJAR応援♪ 北アルプスの旅 DAY1

良い旅になりますように…
b0183911_21231438.jpg



台風到来の天気予報だったけど、とにかく富山集合〜ということで。金曜日の深夜0時過ぎに富山の高岡着でこの日はFさん宅泊。翌朝、4時起きで折立から予定通り北アルプス。
(早朝から車で送ってくれたFちゃんありがとう!)
b0183911_21305089.jpg




東京のKちゃんプランで、TJARのコースを逆走して選手に会っちゃおう〜という名目で北アルプスに行ってきました!

プランは…
1日目、折立〜太郎平〜薬師岳〜スゴ乗越小屋(宿泊) 二日目、五色ケ原山荘〜獅子ケ岳〜一の越山荘〜立山(宿泊) 三日目、劔岳〜 というTJARのルート逆走プランです。


台風の予報でしたが思った程天気は荒れておらず、折立〜太郎小屋まではスイスイ〜

こちら野生のブルーベリー!
地味溢れるお味。
b0183911_21385492.jpg


4年前にも来たね。太郎平♪
b0183911_21394977.jpg



太郎平〜薬師小屋の間で雨の到来〜
b0183911_07260853.jpg


気温も下がってきて寒い寒い〜
で薬師小屋到着。
b0183911_07274928.jpg


温かいおうどん、美味しいかったー。
b0183911_07282776.jpg



で、ここからが森林限界を超えた砂礫の山の強風の凄かったこと…。真っ直ぐあるけない強風に地元富山のFさんになんども「私達、大丈夫??」と聞いたくらい。このくらいなら大丈夫…との言葉信じて暴風雨の薬師岳超えへ。

b0183911_07321943.jpg

b0183911_07331184.jpg


あまりの雨風に写真ほとんど、無し…


でも雷鳥さんはパチリ♡
b0183911_07344574.jpg

なんと3羽もお出迎え!
大サービス状態だわ〜



樹木が増えてきて、もうすぐ小屋だよーという辺りで…

前を行くFさん、Tちゃんから悲鳴が…

んんー?
と慌てて二人の視線の先を見ると熊らしきシルエットが…

なんと、Fさん、Tちゃんは熊が慌てふためいて走って逃げていく姿を見たとのこと…。びっくりしたー。


ここから三人で歌を歌いながら小屋まで。



暴風雨&熊にもめげず、スゴ乗り越え小屋到着〜
b0183911_07403286.jpg

前の山小屋から連絡を受けていた小屋の方が出迎えてくださってました。無事で良かったねーて。


なんと、お盆休みというのに小屋には私達以外にたった二人だけというほぼ貸し切り状態〜。みなさん台風でキャンセルだったんだって。

b0183911_07442242.jpg


ずぶ濡れの身体を乾いた衣服に着替えて…
とりあえず…
b0183911_07452821.jpg

カンパーイ♪

晩御飯も美味しいね。
b0183911_07460451.jpg


ご飯の後は作業。
b0183911_07463424.jpg

明日使うために…
b0183911_07465785.jpg

Tちゃんが応援用のフラッグを用意してくれました。Tちゃんさすが!気が利くねー。


この日の深夜、TJARはスタートです。携帯の電波通じず、台風でもスタートしたのか定かじゃなかったけど、明日コチラに向かって来るであろう選手達のことを思うとワクワク〜の私達♪

この日は20時頃就寝。



[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-25 21:18 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

くぎづけ… TJAR とてつもない旅

もう、ずーっと見てます…

b0183911_11472514.jpg

TJARこと、トランスジャパンアルプスレース、今年開催されてますね〜。



日本海の富山湾から太平洋の駿河湾まで、約415キロ。
北アルプス、中央アルプス、南アルプスを通って
自分の足で日本海から太平洋まで8日以内で走破するというレース。


各選手がGPSを持っておりHPで位置がアップされているので、
もう…ずーとそのページにしています。

様々なメディアがFBやツイートに様子をアップしており、
その逐一が面白い。
山から街へ降りてきた際に普通の飲食店でゴハン食べたり、
足湯に浸かったりしている姿がなんだか微笑ましい。



6月の甲斐駒ケ岳へ行った際、たまたま遭遇した予選会。
その際にお会いした方々のあの空気に感動。
知っているお顔もちらほら。
そんな身近な彼らが創り出しているとてつもない旅にくぎづけです。

b0183911_20390455.jpg

実は、富山まで応援に行ってきました〜
そのレポはまた後日。


お盆休み後半は、引っ越し準備とTJAR観戦ウィークになりそう〜





自分の限界と戦っているだろう選手のみなさんが
無事に太平洋へたどり着きますように…
b0183911_20390692.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-13 00:09 | トレイルラン(全般) | Comments(4)

南アルプストレイルラン 鳳凰三山&仙丈ヶ岳 二日目 仙丈ヶ岳♪

おはよっ。
b0183911_21235670.jpg
南アルプスの二日目。
朝5時頃起床。
b0183911_21235892.jpg
スティック状の納豆美味し♡



この日の目的は南アルプスの女王様、仙丈ヶ岳へ。
北沢峠まで6:50発の南アルプス市営バスで移動です。
b0183911_21240129.jpg
30分程で北沢峠着。
先月も来たね〜。
b0183911_21240204.jpg
7月の連休になってもまだ大平山荘からのルートが積雪で通行止めで、こもれび山荘からのルートの仙丈ヶ岳〜馬の背ヒュッテ〜こもれび山荘のピストンコースへ。8時前スタートです。
b0183911_21240469.jpg
雨で緑が活き活きしてるね。
b0183911_21240511.jpg
小仙丈ヶ岳手前で雨に
b0183911_21240788.jpg


うーん、曇って見えない〜。
たぶん前方に女王様の姿が見えるはずなんだけど…
b0183911_21240846.jpg
小仙丈ヶ岳到着。
小さい僕も登ってきています。
b0183911_21240974.jpg

たまーに晴れて、視界が広がります。
美しい稜線。
わーい。

b0183911_21241480.jpg
で、この3000m手前にして、前方から「ハナちゃーん!!」との声が…

!!??

なーんと。
名古屋のSさんでした〜。



毎週のようにアルプスに登っているのはFBで見てしってたけど、まさか2900mで遭遇するとは。
お友達とのアルプスでのバッタリ…嬉しいですねぇ。





そんなこんなでテンションアップで仙丈ヶ岳到着〜。
私人生二回目の3000メートル越え。
b0183911_21241843.jpg
b0183911_21242119.jpg
本来、お花畑の広がる景色が見れるはずなんですが、
ガスで視界が悪く手前のお花だけをパチリ。
3000メートルに可憐に咲くお花さん達♡



寒さで山頂はすぐさま撤退〜。
少し下った仙丈小屋にてお約束のカップヌードル♪
b0183911_21242496.jpg


少し休息して、
馬の背ヒュッテ経由で下山します。
b0183911_21242620.jpg
今年は雪渓がいっぱいまだ残っているとか。
b0183911_21242769.jpg



走れる下りなのですが、登山客いっぱいなのでここはゆくりと。
b0183911_21243100.jpg

b0183911_21243334.jpg

登りの半分くらいの時間で北沢峠に下山出来ました。




こもれび山荘にて…
b0183911_21243535.jpg

おつかれさま〜。
b0183911_21243627.jpg
13:30のバスの時間まで1時間近くあったのでこもれびさんそうでのーんびりしてたら、
こもれび山荘のスタッフから声をかけられました。
「先月も来てましたよね?」って

TJARの予選会の時たまたまここに来たことを覚えてくださってました〜。
しかもPゴニア白馬のスタッフで、もともと京都の方。
そして、もう一人は10月から神戸に移住するという方。
共通の知人も多く盛り上がりました〜。
人って繋がってるね。



---
北沢峠〜広河原まで30分程。
広河原〜芦安〜竜王まで2時間程。

現在早川尾根も通行止めになっているため、
なかなかアクセスの難しい仙丈ヶ岳でしたが、
先月の宿題?を片付けられて良かったな。



今年二回目の南アルプス。
二回ともいつもの嘔吐を繰り返す高山病にならずに下山できました。
少し高地になれてきたかも。。



やっぱり山はいいなぁ…
そして、もっともっと行ったことのない山々へ行きたくなりました。
Yさん、今回もありがとうございました!




b0183911_12004374.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-12 12:09 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

南アルプストレイルラン 鳳凰三山&仙丈ヶ岳 1日目



ブランド水だね…
b0183911_21204092.jpg


7月の連休は再び南アルプスへ。


今回Yさんの立ててくれたプランは、
1日目:夜叉神峠〜鳳凰三山〜白凰峠〜広河原、広河原山荘泊 2日目:北沢峠〜仙丈ヶ岳〜仙丈小屋〜馬の背ヒュッテ〜北沢峠、というルート。

が、一週間前の台風の土砂崩れで夜叉神峠〜広河原のバスが不通となり、竜王に車を置いて、バスで夜叉神峠へ向かうという、行きも帰りもバスに頼るプランとなりました〜。


b0183911_21201019.jpg
竜王駐車場にて車中泊で仮眠。
バスにて夜叉神峠にむかい、朝6時頃、夜叉神峠登山口をスタート〜。


急登がいきなりありますが、比較的登りやすいトレイル。
ずんずん進んで
b0183911_21201437.jpg
夜叉神峠へ。
雨の予報が晴れてて、嬉しいねー。
向こうに見えるのは白根三山かな〜。
b0183911_21201909.jpg
今回のお供はまたまたYさん。
実はRちゃんも参加予定だったのですが、体調不良で急遽キャンセル。。Rちゃん、ご一緒できず、ホント残念でした…

b0183911_21202331.jpg
(Yさん、またまた木と交信中…? 笑)



登りがつづきますが、
やっぱり南アルプスの樹林帯、好きだなぁ〜
b0183911_21202617.jpg
苺平を経て
b0183911_21203166.jpg
南小室小屋へ。
b0183911_21203818.jpg


ここでもうお馴染みになっちゃったカップヌードル♪
b0183911_21204448.jpg
山で食べるとなんでこんなに美味しいんだろうねー。




ここから先、樹林帯を超えたら
b0183911_21204980.jpg


あーっ、これぞ南アの景色が!が目の前に!
b0183911_21205260.jpg


b0183911_21205734.jpg
岩と砂礫のトレイル!!
南アルプスの景色だわ〜〜
嬉しいなぁ。



まずは薬師岳をクリア。
b0183911_21205984.jpg
ずんずん進んで
b0183911_21210263.jpg
観音岳もクリア。
b0183911_21210924.jpg
鳳凰三山をめぐる稜線のトレイル、本当にステキ♡



賽の河原に一旦降りて…
b0183911_21211146.jpg
あーん。
ガスが出てきた〜(涙)




Yさんが、少し待ってみよう…
ということで、Yさん持参のお座りシートに座らせていただき、
のんびり補給食食べながら待つこと数分…
(シート、本当に快適でした〜(^^))

b0183911_21212259.jpg


少し晴れてきたかな〜と思ったら…
b0183911_21212533.jpg
地蔵岳のオベリスク
どーん〜。

これぞまさに南アルプスの風景!
ホント感激〜
b0183911_21213282.jpg
嬉しくって、大写真大会?となりました。

b0183911_10033606.jpg

b0183911_21200861.jpg
晴れた晴れた〜
オベリスクが見れて嬉しいね。




少しゆっくりし過ぎたので、
先を急ぎます。

b0183911_21213869.jpg
鳳凰三山行きで注意されたのが、
とにかく13時くらいまでには稜線を抜けること。
南アルプスの稜線は午後からカミナリ酷く
毎年雷で命を落とす方がいるのです。
b0183911_21213927.jpg
白凰峠を超えて
b0183911_21214172.jpg
白川尾根には当分行けそうに無いですね〜
ここから広河原へ下山。
雷は大丈夫でした〜
b0183911_21214661.jpg


少し雨も降ってきましたが、樹林帯を抜け、下って下って…
1時間半程で広河原到着〜
b0183911_21214832.jpg
本日のお宿は広河原山荘。
b0183911_21214996.jpg
バスの不通が影響してか、連休なのに比較的空いていてラッキーでした。


寝床を確保して、
少し休んで、お散歩した後に
b0183911_21215108.jpg
山のビール、美味しいね♪



そして、ここの夕食は…
b0183911_21215224.jpg
なんと赤ワイン付き。
甘い赤ワインが山の疲れに美味しかった〜!


b0183911_21215538.jpg
夕食が終わった後も、まったり〜。
ネットも通じず、何も無い、山小屋の夜時間。
人との語らいが一番の娯楽。
なんだか贅沢だね〜(*^^*)




この日は8時ごろ就寝。






二日目に、続く…

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-08 23:11 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

Kyoto Woods Rakuhoku Trail Running Race 2014 芦生杉の巨樹


粋な感じ…



b0183911_12242513.jpg
もう先月のことなのですが…(汗)
トレイルランを始めた頃からのお付き合いのneighborのスッシーさんがコースディレクター、師匠の石川弘樹さんがプロデューサーを努めるレース、「京都洛北トレイルランニングレース40K」に参加してきました〜。


前日は、東京のお友達を向かえて京都のゲストハウスにて隊長達と宿泊。
b0183911_12241129.jpg
東京のお友達の一人は、今年のUTMFリタイアした時に、
同じ救護室で寝込んでいた方。何でもご縁だわ〜(笑)
b0183911_12241471.jpg
関西へようこそ、ということで、隊長が「おにかい」を予約してくれて美味しい京都の宴。レース前日なんだけど食べて飲んでリラックスモードです。




翌朝、出町柳からシャトルバスで会場へ。
なんと、バスが遅れてスタート30分前に到着〜。
しかも…
b0183911_12241863.jpg
大雨〜。
ひょえぇーーと思いながらも、慌てて準備。

スタートセレモニーも急遽屋内です。
b0183911_12241754.jpg
スタート時間15分を過ぎた頃から雨が奇跡的に上がり…
b0183911_12242006.jpg
なんとか雨具着ずに予定20分遅れくらいでスタート!


が、直ぐに雨が降り出します。
先日の八ヶ岳に続き、今年のレースは雨の当たり年だな〜。

最初は登り基調の林道をずーと走って、シングルトラックに入ると、
すでにトレイルがドロドロ〜。

b0183911_12242138.jpg

この直後くらいかな。
写真を撮ろうとカメラを前に向けたまま前から滑って転倒〜カメラがドロドロに〜(涙)
電源を入れても、レンズが閉じたり開いたりが止まらず、もうあきらめてバッテリーを抜いてしまうことに。

愛用のCX5君ご臨終…、チーン…
(涙、涙、涙…涙)



この先が本当に本当に素晴らしい森で。
芦生の森に来た時にみたあの杉達が雨の霧の中、次々現れて。

カメラ小僧としては心の中で
「カ、カメラ〜(号泣)」と叫びまくっていたのですが
そこは、あきらめて心の中にあの素晴らしい森をしっかり収めることに。

でも、ちょっと寂しいので、スッシーさんの写真を少し拝借。
b0183911_12295505.jpg

b0183911_12243106.jpg
b0183911_12295749.jpg
(すみません、無断で借りてます…笑)



実は、生活環境が変わるいろんなことがあり、そのことでアタマがいっぱい。レース中に会った友人達にもその報告を走りながら話しして、驚かせたり…(ゴメンネ〜)正直、レースには集中出来ていなかったのですが…


この巨樹達とあまりに美しい森、コーステープを常に見ておかないとコースアウトしてしまうコースにだんだん無心になって走っている自分がいました。レースコースの相性、とでもいうのでしょうか。中盤からはああ気持ちいいな〜と五感をフルに動かして「楽しい」という気持ち全開にして夢中になって走っていました。スイッチが入るのが少し遅かったのかもしれませんが、久しぶりに楽しかったと思えるゴールができました〜。

レースの後半はこれがコースなの??という川の中をバシャバシャ入っていかなければならないルート有り、
ドロドロの下りで大転倒してしまい、身体中泥だらけになり、
テープを見失い、何度か軽いミスコースもし、
雨も降ったり止んだり、


でも、本当に素敵な まさに「トレイルを楽しむ」コースに大感動でした。


トレイルランはスピードを競うだけのモノじゃない…
そんなスッシーさんの気持ちがこもったコースレイアウト。


走りながら、コースに込められたメッセージが感じられる
そんな経験ができたレースでした。





---
「楽しい」はやっぱり大きなエネルギー?
苦手な50キロ未満のレースを入賞という良いイメージで終えることができました〜。お友達もいっぱいボランティアとして参加しており、たくさんいただいた声援も嬉しかったな。




ご一緒していただいた隊長はじめ、ハピトレ仲間&東京のYさんMさん
そして、レースに携わったみなさま、
ありがとうございました〜















b0183911_12260270.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-03 07:35 | トレイルラン(レース) | Comments(8)

熊野古道 小辺路 夏のナイトラン 70K

んん…? 夜?
b0183911_10425305.jpg







熊野古道の小辺路(こへち)とは数ある熊野古道の中でも、
高野山〜熊野本宮大社をつなぐ70キロの参詣路。
久しぶりにこの小辺路を夜スタートで一気に走ってきました〜。

b0183911_10425675.jpg
行って来まーす。


高野山〜大股までは比較的林道や舗装路も多く進みやすいコース。
のんびり進みます。
b0183911_10425869.jpg
本日のお供は元気印のRちゃんとOSJ上位入賞者のIさん。

ちなみに、ナイトランなので、夜の写真はほとんど無し…(汗)




あっ…!
b0183911_10430022.jpg
大股のトイレ脇にあったノートをパラパラめくっていたら、
あのジョーグラントのサインを発見〜!

そういえば、昨年SHMWの北野さん達が小辺路を走ってたな〜って。
手書きの文字、いいですね!


大股から小辺路最難関の伯母小峠をゆーくり進みます。
なぜゆーっくりかというと…
日の出が見たかったから。

が、この日はあいにく小雨、3時過ぎになっても本当に真っ暗な山頂でした…(涙)
b0183911_10430335.jpg
3人でライトを消すと本当に真っ暗…
ま、こういうのもイイネ。


で、またまたゆーっくり進みます。
b0183911_10430517.jpg
だんだん夜が明けて来ましたー
b0183911_10430878.jpg
この、朝と夜との境目の時間、
新しいモノが生まれてくる瞬間とでもいうのでしょうか。
やっぱり、「朝」というのは何かパワー感じますね。。
b0183911_10431732.jpg
b0183911_10431085.jpg



で、なぜゆーっくりゆーくり進んでいたかというと。
朝6時に、三浦口の以前お世話になった農家民宿の方にお弁当をお願いしていたから。
あまり早く到着し過ぎてもご迷惑かしら…と思って。


コチラ、農家民宿政所さん。
b0183911_10432074.jpg
手作りのお弁当をいただきました〜。
b0183911_11014385.jpg
めはり寿司、美味しかった〜。






三浦口からは、これぞ、THE熊野古道〜なトレイルが続きます。
b0183911_10432536.jpg
吉村家跡そばの防風林
b0183911_10432753.jpg
この木、本当にかっこいいな〜
b0183911_10433053.jpg
b0183911_10433259.jpg



第二の難関、三浦峠まではひたすら直登、そして、山頂からはひたすら1時間以上は下りです。
これが、熊野古道の特徴で、アップとダウンが激しいのです。









西中の集落からは十津川村の舗装路を8キロ程走ります。
b0183911_10433789.jpg
なんだか趣きある集落をいくつか抜けて…
昴の里(ホテル)にて一休み。
ここに、自販機などがあります。






昴の里からが最後の難関果無峠へ。
b0183911_10434367.jpg
b0183911_10434625.jpg
石畳の登りがキツい〜。
でも、登った先の絶景がステキ♡
b0183911_10434827.jpg




で、この途中にあるのが果無集落(はてなししゅうらく)
b0183911_10435007.jpg
名前からして旅情がかき立てられる集落ですが、
その期待を裏切らない、日本の原風景が楽しめる集落です。
b0183911_10435236.jpg
b0183911_10435485.jpg


果無集落を抜けて、またまたひたすら直登〜。
b0183911_10435690.jpg



お地蔵さんが約33体あり、17番目が山頂。
お地蔵さんの番号をついつい見てしまいます。

b0183911_10435898.jpg



峠をこえると、今度はひたすら下り〜。
b0183911_10440599.jpg
熊野の街が見えて来たー。

が、何故かここで道迷い
b0183911_10440072.jpg
この標識、思わず左にいくのかな?と思ってしまうのですが、
左には「ここは熊野古道ではありません」という看板が…


??と思い、周辺を行ったりきたり。
バスの時間が迫ってきており焦る焦る〜。

結局、とにかく下山しようと、続く道を進んで行くと、
お地蔵さんに出逢い、このルートが小辺路だとわかりました。
うーん、この標識、紛らわしいぞ…
(みなさま、ご注意ください)




三浦の集落を朝6時頃に設定しており、
ついそこで1時間くらいゆくりしてしまったせいか、後半は時間が足りず…

道に迷ったせいもあり、予定のバスに間にあわず、
これをのがしたらヤバい的な最終のバスを目指して、
最後は舗装路をレースなみの猛ダッシュ…



いやーご一緒してくださったみなさんが、強者さん達でよかった。
ちょっと泣き言でそうでしたが、バス出発の15分前になんとか到着ー。
b0183911_10440708.jpg
Rちゃん、Iさん、本当にありがとうございました。

累積標高4700mの70キロはやっぱりハードでした。
そして、その三つの難関を越えてたどりついた熊野本宮大社はやっぱり感動で。
汗とともに流れてしまったモヤモヤ達をぬぐい去り、
気持ちの良いお祈りができました。




お遍路効果?抜群の小辺路、
本当に良いトレイルです。





ちなみに、世界遺産ですので、トレイルは完璧に整備されており、トイレも困ることがありません。
ただ、アクセスが悪く、熊野本宮大社15時ぐらいのバスに乗って、2時間程で紀伊田辺。
紀伊田辺から特急列車で2時間で大阪、神戸には21時頃着、という帰りも4時間以上かかってしまうという場所です。
次回来るときはやっぱり熊野で後泊してゆっくりしたいかな。





この熊野古道ビール、最高に美味♪
b0183911_10440834.jpg












b0183911_10441186.png




[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-01 23:06 | トレイルラン(関西) | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧