<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

摩耶山 大雨の後のトレイルラン

b0183911_23574447.jpg
今日はジムでバイクかな…
と思ってしまった大雨の日曜日の朝。

どうしてもお外を走りたくなり、窓の外をそわそわと何度も確認し、
雨が上がったタイミングで出かけた摩耶山のジョギングコース。


今日は六甲の草レース「キャノンボール」の日で友人、知人、私設エイドの方々いろいろにお会いしました〜。途中、Kさんと少し並走。いろいろお話でき楽しかった。


この日布引貯水池はもうMAXの貯水量。


で、布引貯水池すぐ下の五本松の滝…
b0183911_23574732.jpg
ひょえぇ〜〜
トレイルに水しぶきが降り注ぐ勢い。

その下の橋からは濁流が…
b0183911_23574981.jpg
いつもは上品な流れの雄滝も…
b0183911_23575172.jpg
どどどどーーー(汗)
と凄い勢いの水の流れ。


ちなみに普段はこんな感じなんですが…↓
b0183911_22342449.jpg


その下の夫婦滝からも
b0183911_23575367.jpg
ここ、新神戸駅から徒歩15分くらいのところなんですが…

この辺りの川は傾斜がキツくてすぐに鉄砲水状態になるので、要注意ですね。
それにしても、昨日の雨の量、すごかったんだな〜。




ところで、こんなコンディションの中開催されていたキャノンボール。
時間的に選手より私設エイドの方々にいっぱいお会いしました。

なんだかみなさん選手よりも楽しそーな感じで(笑)ふらっと一人出かけたにもかかわらず、いっぱいいろんな方とおしゃべりできました。
無許可のウチワノリの草レース、と、興味の無かったキャノンボールですが、こうやって選手以外の参加者も楽しめる空気っていいですね。






b0183911_00283002.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-31 00:37 | トレイルラン(兵庫) | Comments(4)

高野山トレラン合宿♪ DAY2  子継峠〜北又集落〜黒河峠〜 面白地元ルートへ

b0183911_10550241.jpg
高野山合宿2日目。
ゲストハウスのカフェ風朝食。
カウンターで並んでワイワイと。
b0183911_10550594.jpg

そして…
木箱でドーン〜
b0183911_10550755.jpg
柿の葉寿司♪

Hちゃんの差し入れ、九度山町の名物です。
Hちゃんは町石道のスタート地点、九度山町にお勤めの生粋の地元っ子。
Hちゃんオススメの九和楽さんの柿の葉寿司、優しいお味で美味しかった〜。
ありがとうございました。




そして、ゆっくり準備して
b0183911_10550908.jpg

柿の葉寿司を携えて、この日はHちゃんの案内で奥の院からスタート。
b0183911_10551187.jpg
b0183911_10551394.jpg



三本杉〜女人道〜子継峠



b0183911_10551642.jpg
ここからアドベンチャーコースだよ〜
とHちゃん
b0183911_10551831.jpg

??アドベンチャー?と思っていたら、
斜度のキツイところに無理矢理作ったトレイル、身体が傾くのです。
そこをHちゃん、ひょいひょい〜と身軽に走って行くのでステキ♪
b0183911_10552785.jpg

整備された森は美しく、ちょっぴり春の日射しでした。


子継峠からひたすら下って下って、北又集落到着。
b0183911_10552909.jpg
もう廃校になっているという小さな小学校。
この桜が咲いているところを見てみたいな〜


ワォッ…
懐かしの金次郎〜〜

b0183911_10560027.jpg
校舎、意外に新しい??と思ったら、
なんと火事で焼けてしまった校舎を、最後のたった一人の卒業生のために、
集落の方々が建て直したとか。これももう20年以上前のお話…

b0183911_10553082.jpg

今は公民館として使われているとか。
でも、現在北又集落は一世帯のみしか残っておらず。最後の卒業生ももう30代。へぇーーと、Hちゃんのそんな話しを聞きながら小学校の中をグルグル。
山奥の小さなオアシスとでもいうのでしょうか。気持ちの良いところでした。

b0183911_10553258.jpg




---
北又からは黒河峠方面へひたすら登っていきます。
林道をずんずん。
b0183911_10553566.jpg
気持ちの良い渓流。
夏の水遊びスポットとのこと。
b0183911_10553378.jpg
b0183911_10553456.jpg
現在、この辺りは古道として世界遺産への登録を目指しており(今は世界遺産ではない…)世界遺産になってしまうと自由に木を伐採できなくなるため、山主さん達が今のうちにと見境無く木を伐採しているとのこと。

b0183911_10553862.jpg
なので、急に禿げ山が現れたり

伐採のしすぎで、台風などで山が崩れやすくなったり…
b0183911_10553708.jpg
世界遺産もいろいろ問題あるんですね…

b0183911_10554233.jpg
町の職員のHちゃんのそんな地元話しはいくら聞いても飽きず…
ちょっとした知識のおかげで、森や山がまた違った風に見えますね。



林道を過ぎると激登へ。
b0183911_10554406.jpg
柿の葉寿司補給などをしながらゆっくり高野山へ登っていきます。

b0183911_10554608.jpg

1時間程で黒河峠、女人道に合流。
b0183911_10554772.jpg
天軸山を経て、高野山の町に降りました〜
歴史や地元のお話を聞きながらのトレイルラン、面白かった!





で、ここからは…
b0183911_10554918.jpg
Fさんオススメ、高野山名物のあんぷ(餡+麩)の麩善さん
b0183911_10555050.jpg
何個でも食べられそう♡

そして、かさ國さんのくるみ餅♪
お茶は無料サービス。店内でいただけます。
b0183911_10555134.jpg


そして同じかさ國さん系列のカフェ「KASAKUNI CAFE」

b0183911_10555478.jpg
外観も店内のもオシャレです。
b0183911_10555375.jpg


そんなこんなで、高野山の町中ぷらぷらしながら、ゲストハウスまで。
高野山スイーツも満喫♡




---
高野山合宿、楽しかった!
レースだけじゃない、こういう楽しみ方を知っているハピトレ仲間とのトレラン旅。「トレイルラン」を好きになった原点を思い出させてくれます。

単に走るだけじゃなく、森や山や自然や歴史や文化までも楽しめるトレイルランの魅力。
日本の山にはそのトレイルを創ってきた古人の歴史と蓄積された文化が必ずあり、それを知って楽しみながら走るのもトレイルランの魅力の一つ。トレイルランに体育会系というよりどこか文化系空気が感じられるのもそのせいかもしれませんね。




そんなこんなをイロイロ感じた充実の高野山の2日間。

企画のFさんはじめ、ご案内のHちゃん、ご一緒したみなさま
ありがとうございました〜。





b0183911_10560247.png


[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-29 12:48 | トレイルラン(関西) | Comments(2)

高野山トレラン合宿♪ DAY1 後編 小辺路 まったりした時間




b0183911_00262934.jpg

11時頃、準備も出来ていざ出発。
Fさんプランの一日目のメニューは熊野古道の小辺路を途中まで。


小辺路は熊野古道の一つで、高野山〜熊野大社までの約76kmのルート。
3年前、震災の一週間後にMちゃんと二人でチャレンジしたことのある思いで深いルート。
懐かしい〜と思い出しながらスタートの金剛三昧院まで町中をてくてく。



途中、Fさんオススメのコンビニcoco!にてデカおにぎりを調達〜。
b0183911_12034895.jpg
このおにぎり、美味しくて感激〜!
正に「手作りの味」。コンビニおにぎりの油っこさが無くて海苔のお味もしっかりしておりました。サンドイッチも魅力的でした!高野山でオススメの食料調達場所ですね。



小辺路の看板。ココからスタートです。
暫く舗装路の林道を進みます。
b0183911_12035066.jpg


ゆるい登りの林道がしばらく続き、途中から一気にくだります。
まだ雪が残ってる〜
b0183911_12035173.jpg
熊野古道らしい石仏さん。

b0183911_12035361.jpg
下りきって少し登った先が一つ目の集落、大滝集落。
b0183911_12035558.jpg
きれいなトイレがありました。

ここから、再び峠を越えます。

b0183911_12035609.jpg
これぞ、THE熊野古道な整備されたトレイル〜。
雪景色も残った美しい森が続きます。

b0183911_12035840.jpg

b0183911_12035939.jpg
いったん、舗装路にでて…

歩行者注意の看板はお遍路さんイラスト。
一度このお遍路ウエアを来てみたい♪

b0183911_12040108.jpg

一旦トレイルに入り、水ヶ峯のドライブインを目指すも、タイムアウト。
予定は5時間のトレイル。すでに3時間近く進んでいたので、途中で引き返すことに。

 

復路はまた違った景色が見れました〜
b0183911_12040718.jpg
久しぶりの深い山々。

b0183911_12040949.jpg
晴れてよかったね。

b0183911_12041070.jpg

途中、女人道に入り、ゲストハウス付近までトレイルを進み、16時過ぎにゲストハウスに戻れました〜。約20キロ程、朝の町石道のウォーミングアップ?を含めたら約40キロ。気持ちよく走れて満足です。


ゲストハウスに戻り、シャワーを浴びて…
b0183911_00261917.jpg

夕食前の何も無い時間をリビングでまったり。
各自SNSを見たり、おしゃべりしたり、本を読んだり。

薪ストーブに火がくべられておりました。
b0183911_00261900.jpg



ゆったり何も無い時間。個人プランの旅ならではですね。
贅沢だな〜。



6時過ぎ、高野山のFさんのお出迎えでお店へ。
本日の打ち上げ〜。

ビールが最高に美味しかった。
高野山の食べ物って美味しいんです。
6キロ四方の街に1900人くらいの人口、そのうち僧侶が900人くらいという宗教の街(Fさん談) 皆知り合い的な空気のある街の食べ物に手抜きはないのかな。お鍋など美味しくいただきました。


b0183911_00261905.jpg
この後、お仕事終わりのHちゃんも合流し、
門限を破る勢いで楽しみました♪


二日目に続く…


[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-21 11:13 | トレイルラン(関西) | Comments(0)

高野山トレラン合宿♪ DAY1 前編 上古沢〜町石道〜高野山

鉄ちゃん…?(笑)
b0183911_10533709.jpg

izu trail journeyのレースが無くなったので(私はエントリーしてなかったけど…)岡山のFさんが1泊2日の高野山トレラン合宿を企画してくれました〜。


名古屋や岡山から集まるので、集合時間は高野山のゲストハウスに10:30。
10:30…ゆっくりできるな〜〜
んん?イヤイヤ…。 もしや町石道を走って高野山へアプローチという手もある?(←アホ?(笑))と思いつき、お泊まり荷物を木曜日に発送。土曜日は始発で高野山へ向かうことに。


町石道(ちょういしみち)は通常九度山駅スタートの大門までの約22キロ程。
始発で向かっても7:30スタートくらいとなるため大門まで登り22キロを2時間半はちょっと無理かなと調べていたら、九度山からさらに二駅先にいった「上古沢」という駅から町石道に合流できるトレイルルートを発見〜。地図もしっかりあったためコチラのルートに挑戦することに。


地図によると大門まで16キロ、標準歩行時間5時間10分とのこと。
地図はコチラ

高野山までのプチ一人旅はいかに…


b0183911_10533910.jpg
PiTaPaも使えた上古沢駅。
趣ありますね。


駅から民家と畑の間の急な坂道をくねくねと降りて行きます。
b0183911_10534053.jpg
地図は和歌山県のHPからダウンロードしてきていたけど、
標識があちこちにあってわかりやすい〜。
b0183911_10534243.jpg

いったん、川岸までおりて、次はひらすら登り。
柿畑の間を進みます。
b0183911_10534483.jpg
柿畑素敵だわ〜と思わず写真撮影しつつも、
10時までに大門に着かねばならないので、急げワタシ〜と。


b0183911_10534505.jpg
それにしても、柿農家の方はきっと健脚でしょうね。
丁寧に整備された柿畑。このあたりの柿を食べてみたい♡


柿畑を抜けるとかなりの急登。
b0183911_10534785.jpg
美しい整備された森が続きます。
九度山からと比べると距離は短いのですが、要は直登ということか…と。
心拍マックス状態の登りをゼイゼイ。


40分程で
やった〜、町石発見〜♡
b0183911_10534823.jpg
古峠にて町石道に合流〜。
後はこの町石を辿っていけばいいので安心です。

二つ鳥居。
b0183911_10535254.jpg
ここで45分程。
地図では80分の所要時間。頑張った?ワタシ(笑)

あとは走れるゆるやかなアップダウンをずんずん。
1時間半で矢立茶屋。
b0183911_10535613.jpg
矢立茶屋はまだ開いておらず、焼きもちは断念。
ここで休憩していたら、自転車で通りかかったイギリス人の方に声をかけられます。
なんと先週関空から日本に入り、高野山、四国、を回って鹿児島までロードバイクで回るとのこと。いいなぁ〜。久しぶりの英語と久しぶりのこういうバックパッカー的な会話にワクワク。プチ一人旅トレランして良かったな。

ここで10分程休息。
あと50分で大門までをダッシュで走ります。


途中お遍路さんの姿が。
b0183911_10535850.jpg
ワタシ、始発で来たはずなのにこの方々はどこから来たのかしら〜。
と思っていたら、上の道路と交差する場所で大型バスが来ておりました。
たぶんバスかな??


町石は108m毎にあるので、距離がわかりやすく
ペースを掴みやすく、なんとジャスト10時に大門に到着できました〜。
b0183911_10540063.jpg
時間通りに到着できて嬉しい♡


が、ここから奥の院の先のゲストハウスまで3.5キロ程。
まさかの街中で道迷いなどもしたけど、
10時半過ぎに無事に到着できました。

名古屋のN村さんが手を振ってお出迎え〜。
b0183911_10540103.jpg

Fさんが予約してくれたKouyasan Guest House Kokuuさんは
建築雑誌にも掲載されたことのある素敵な建物。
b0183911_10540378.jpg
カプセルホテルのような造りの布団一枚程度のスペースのお部屋が10室程上下に並んでいます。
b0183911_10540483.jpg
人がいるとこんな感じ〜。

b0183911_11474209.jpg
一階のお部屋はこんな感じ。二階だと立てるくらいの天井はあります。
b0183911_10540667.jpg
子どもの頃押し入れに潜り込んだのを思い出すような造り、面白い〜。

b0183911_11474311.jpg


岡山のFさんも到着し、リビングでのんびりさせていただき、
いざ、本日の合宿メニュースタートへ。


後編へ続く…







b0183911_12144209.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-18 22:53 | トレイルラン(関西) | Comments(2)

地元をグルグル おもしろ菊水山♪

朝の空気…
b0183911_19232398.jpg
朝7時前に自宅を出発。
青谷道の坂道をガシガシ走って登って摩耶山。
いつもおやつを買って行く青谷のマルイベーカリーが7時過ぎなのに開いていて感激♡

b0183911_1923242.jpg

朝のトレイル気持ちいいですね。
b0183911_19232454.jpg

いつもはココで景色眺めてのんびりするのだけど。
今日は直ぐに天狗道からダッシュで下山。
b0183911_19232599.jpg

9時に新神戸に戻ってきて、JSTのスカイランナー達と合流〜。
今度は縦走路を西に、鵯越まで。
b0183911_19232786.jpg
(写真拝借しました)


が、スカイランナー達の無言のマジガチペースについて行けず…(涙)
地元の鈴蘭台組達と途中離脱…。
この日、六甲縦走路はイベントをしており、
びっくりするくらいトレイルに人がいました。


菊水山の山頂からの下りは、渋滞を避けて鈴蘭台組オススメの「がんちゃん新道」へ。
b0183911_1923261.jpg

山頂の西側からややわかりにくいけどトレイル入口があり、激降下のアドベンチャールートを下ると、
菊水山名物「あと900m」の看板のある場所にでます。
b0183911_19232632.jpg

このルート面白かった!



鵯越駅にていったんJSTメンバーと合流するも、
また来た道を戻るのも面白くないなと、再びチーム鈴蘭台と一緒にウワサの「君影ロック」へ。



鵯越から菊水山に向かう途中、舗装路に出る手前、知る人ぞ知るトレイル入口が…
b0183911_19232890.jpg

地元民ルートと思いきや、きちんと標識もありました。
b0183911_1923293.jpg

ちょっぴりヤブ漕ぎしたり…
b0183911_19233063.jpg

整備された森を通ったり…
b0183911_19233146.jpg
住宅街のすぐ側と思っていた菊水山近辺、意外に山深いんですね。



その先にドーンと開けた岩場が…!!
b0183911_19233432.jpg


コチラ「君影ロックガーデン」、通称「君影ロック」です。
b0183911_19233388.jpg

目の前に菊水山の山頂〜。
景色が開けて気持ちイイ!
b0183911_19233281.jpg


いつもの菊水山の違うルート、面白かった!
こんなに豊富なルートがあるんだと感激でした〜。


この後は一旦鈴蘭台の駅まで降りてから菊水山近辺の縦走路まで送ってもらい、鈴蘭台組とはお別れ。楽しいご案内をありがと〜〜。
経験豊富でキャリアも知識もあるトレイルランナーの地元トモダチ。JSTメンバーとはまた違う山の楽しみ方を知っていて、頼もしいなぁと感じました。いっぱいおしゃべりもできて楽しかった!


菊水山からは、Iさんと二人、おしゃべりしながらまた縦走路を走って新神戸に戻り…




で、ここで終れば良かったものの、スカイランナー達のコースを逆走しようと、再び雷声寺から学校林道を摩耶山へ。結局コース変更をしたスカイランナー達には会えず、天狗道を市ケ原へ降り新神戸にて下山。
最後は「お疲れワタシ〜」状態でした(汗)。


本日、市ケ原は4回も通過(笑)
一人じゃなかなか出来ないお山グルグルを堪能できました。


---
まだまだルートがいっぱいある菊水山、また行ってみたいな。
遠征好きでもあるのですが、地元のお山の魅力を再発見。
地元を愛するオトモダチのナビに感謝です。



[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-14 00:47 | トレイルラン(兵庫) | Comments(4)

恒例? 極寒京都一周ナイトラン

これ、いつもはゴール写真ですが…
b0183911_12260844.jpg
毎年恒例?
ナイトラン部長のNさん企画で今年も2月に極寒のナイトランへ行ってきました〜。

昨年は雪の降る日に伏見稲荷スタートで京都一周ナイトへ行ったら、
あまりの積雪に遭難か?と思う目に。(コチラ
今年は学習?して、嵐山スタートです。

ちなみにN部長とは
2年前に極寒の六甲縦走ナイトランでコーラが凍る経験をし、
1年前には極寒の京都一周ナイトランでハイドレが凍る経験をして。
何故か厳しい時期にナイトランをする仲間です(笑)

b0183911_12261087.jpg
ナイトなのであまり写真無し…(汗)

23時頃嵐山スタート。
メンバーはN部長、OSJレースの常に上位入賞者のIさん、元気印のSさんと私の4人。
にぎやかにお話をしながら、嵐山の街中を抜け、清滝からトレイルへ入り高雄までスイスイ〜。
雪も風もなくナイトランにぴったりの夜。
高雄からの登りも難なく通過。
途中、クマ鈴を紛失してしまうという失態を行いましたが、
ナイトで探すことは不可とあきらめ前へ。


京都一周トレイルの逆走、累積標高は稼げませんが走りやすくて良かった!


鞍馬駅まで4時間程で到着〜
朝(夜中?)3時頃の鞍馬駅構内。
b0183911_12261210.jpg
なんと鞍馬駅、駅の構内鍵がかかっていませんでした!トイレも使えました〜。
この深夜にありがたや…



鞍馬からもスイスイと大原を抜け、コンビニで一休みしていざ比叡山へ。
ここまで雪無し。
なんと走りやすかったこと!


ここからいざ、比叡山へ。
で、比叡山へ一歩入ると…
b0183911_12261390.jpg
急に積雪が…
やっぱり比叡山は凄いのよね…を身を以て実感。山の「高さ」ではなく「深さ」です。
比叡山はやっぱり「山」指数が違うんですね。

朝6時頃、登りきった仰木峠到着〜。
ここまで約36キロ程。
b0183911_12261503.jpg
みんな雪の中、頑張ったね!
ここでタイムリミット〜と引き返します。
下りは軽アイゼン付けて進みました。




山を降りて再び大原の里へ。
b0183911_12261680.jpg
朝7時前。
里へ降りるとすっかり夜が明けていました。
雪もなく快適〜。


で、なぜ仰木峠という中途半端なところで引き返したかというと…
b0183911_12261793.jpg
朝7時オープンのこのお店を目指したから…
日曜日限定のこの大原の卵かけご飯、トレイルランナーの間で密かにブームなのです。

b0183911_12261851.jpg
卵の味が濃いくて美味しゅうございました。


でも、これだけでは物足りず…
となりの朝市に移動してデザート
b0183911_12261957.jpg
うどん♡。
京風の出汁の効いたお味が冷えた身体に美味しかったこと!
たっぷりエネルギーを補給して、いざ復路。嵐山までまた戻ります。


早朝の鞍馬を抜け、また夜泣き峠を抜けて…
b0183911_12262356.jpg
氷室手前でちょい寄り道。
b0183911_12262961.jpg
b0183911_12490505.jpg
激登はキツかったけど…
こういう遊びゴコロがロングランには大切かもね。


氷室を抜け、ハンバーグの美味しい「はせがわ」も魅力的でしたが、
そこはパスしてずんずん進みます。


高雄手前にて、
なんと!往路で紛失したクマ鈴を誰かが枝につり下げてくださってました〜
b0183911_12262458.jpg
山での落とし物、見つからないと思っていたのに…
感謝、感謝♪
どなたか、ありがとう〜〜。

私も落とし物を見つけたら、こうやって目立つところに引っ掛けておこう。



こんなハッピーな出来事もあって、なんだか心地よい気持ちで嵐山へ無事に戻ることができました。
b0183911_12262502.jpg
約72キロ、ご飯などの休息も含めて15時間くらいかな。
嵐山スタートの京都一周トレイルの逆走、走りやすくて良かったです。

道中、N部長ととりとめの無いお話(笑)をいっぱいして激坂も難なくクリア。やっぱり人との会話や交流がロングランの一番のエネルギー。
おしゃべりのお付き合いもありがとう。


久しぶりにたっぷり走って、たっぷり疲れた72キロ。
こんな企画をご一緒してくださる仲間に感謝です。


ただ、去年に比べたらロング走があまりできていない今年。
UTMFまでにもっと走り込まねば…と思えた72キロでもありました。

UTMFまであと2ヶ月。
繁忙期もやっと落ち着きつつあるので、3月はもう少し頑張ろう。



[PR]
by tekuteku-m | 2014-03-08 12:24 | トレイルラン(京都) | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧