<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 〜STYの旅 レース当日 その2

開会式のあと、
鬼太鼓座の演奏とともにカウントダウンがはじまり…
b0183911_22521565.jpg

STY82キロの旅、スタート〜!


最初は渋滞を回避すべくも、エネルギー使い過ぎてもダメなので、
飛ばしすぎず、遅すぎず…で進む。

水だけのエイドW1には1:40程で到着。
トイレ行列に並んでからスタート。
b0183911_22521891.jpg


ここからの西富士中学校までの10キロは気持の良いコース
b0183911_2252215.jpg


途中、UTMFの六甲組Nさんと遭遇。
絶対完走してね☆とエールを送り抜かしていく。

西富士中学校エイド3:12で到着。
六甲組の応援、元気いただきました〜。

エイドにてお餅とお菓子少し、そしてスポーツドリンクをいただく。
ここでもトイレを並んで、おにぎり食べて。
そして、装備チェック!
のんびりしたつもりは無かったのに、40分程休息。

2時前にスタートし、今コース最難関の天子ヶ山界へ。
27キロ程の厳しい山中、エイドはありません。

こちら、天子ヶ岳への500mの直登。
b0183911_2256499.jpg

進めど、進めど、進めど、登りはつづき…
想定内ではあったので、とにかく前へ前へと進んで。

天子ヶ岳から熊森山までの登りが、高低表でみるとさほどアップダウンなさそうにみえるけど、
ここが気持的にもキツかった〜。

熊森山、山頂にてペットボトルの水が支給される。
こんな山中まで水を運んできてくださったスタッフの方に感謝☆
ここで、フーディを着込みヘッドライトを取り出して夜間走の準備。
目標は毛無山にてライト点灯。

ここからが一番キツかった…。
予想以上に早く胃腸がダメになってしまって。
口に含んだジェルが飲み込めず、道ばたに吐き出す。
胃薬を飲み込み、少し復活したスキをねらってジェル等を無理矢理身体にいれて。
あ、復活したかな、あ、まだダメかな…とりあえずアミノ酸を補給かな…と自分の身体の調子を以外と冷静に計れたのも信越などのレースの経験値か。

胸のムカつきと嘔吐の繰り返し。胃腸は元々強くない、こんなの想定内、こんなものだよ大丈夫…と自分に言い聞かせ、強い気持をキープさせることの大変だったこと。
途中あまりの辛さに涙がポロポロ…。
泣きながらも走ったり歩いたりを続ける自分の我の強さに、だんだん可笑しくなってきたり。

もう少しで山頂かな?というあたりで、賑やかな声が…
???こんな山奥で応援??
上に道路でもあるのかな??
と進んでいくと。

なんと!名古屋の隊長ご一行様がまさかの1945mの山頂で応援をしていました〜。
びっくりと共に嬉しくって!!
辛さも吹き飛ぶ最高にパワー貰える応援でした!
寒い中ありがとうございました。
(写真撮れば良かったな〜)

そして、毛無山からの富士山、最高の眺めでした!
日本画を彷彿とさせる淡い色彩と母なる山を感じさせるその包容力。
こころの底から「ありがとう」という気持が湧いてくるのはやはり聖なる山の神髄か。
ぎりぎり肉眼でながめられたことに感謝。
ここで、予定とおりヘッドランプ点灯。

毛無山山頂にて、六甲組のSさんと遭遇。
無言で走る事に飽きていたので、嬉しくて少ししゃべりながら並走させていだく。

ここから雨ヶ岳までの激下りは暗さと怖さもあり何度も転倒。
下りの苦手を克服せねば。

そして、またまた胃腸がダメになり。
竜ヶ岳の登りでなんども吐いてしまう。
吐いた後にふと後ろを振り返ると山肌に点々とつらなるヘッドランプの明かり。
みんな頑張ってるんだな〜て。

約8時間程で本栖湖スポーツセンターのエイドに到着。
b0183911_22565267.jpg


こちら、名物鹿カレーやカッパ飯などが食べられるのですが、もちろんそんなモノを食べる胃腸は残っておらず。六甲組Sさんに胃薬を分けていただき、お味噌汁だけいただく。温かい飲みものが身体に沁みました〜。ボランティアで参加されていたブロガーのオフィさんともお会いしておしゃべり。深夜の勤務ご苦労様です。人と会話すると真っ暗の中を一人走っていた緊張感がやわらぐのが心地よくって。

30分くらいは休息してたかな。
ここからフーディの上にゴアテックスを重ね、スタート。
思ったより天子ヶ山界でエネルギーを使ったようで、ウォーターエイドまで13キロの舗装路をかなり歩いてしまう。

ウォーターエイドでコーラをいただき、ゴールまでの14キロへいざ。
もう既に足が終わりかけ…とはわかっているけど下りは無理矢理走ります。ここはもう根性というかキモチのみ。もう食べ物も飲み物も受け付けない状態なのだけど、とにかく最後だ〜というキモチがエネルギー。

でも、最後の湖畔の舗装路4キロ、まったく走れませんでした。
足が上へ上がらない…。ヨタヨタと進んでいたのだけど。
リタイアしない程度に潰れれば本望、今の自分を最大限出し切ってボロボロになっていることにじんわり満足している私。自分が「頑張れる」人なんだなと感じられたのが一番のご褒美。
そんな満ち足りたキモチでゴールへ。




夜中の3時過ぎ、17時間1分11秒でゴール〜!
女子19位でした。




順位は気にせずに走りました。
自分を追い込むことに集中し、結果、自分でも驚きの好成績。
限られた人が出場するレース、自分の今の実力以上に頑張れたなと思います。



とにかく終始「自分に負けなかった」という感じ。
正直辛くて辛くて泣きながら走ること何度か。
でも、ひたすらポジティブな気持をキープすることを心がけ
レースに集中できたなと思います。



思い残すことは…次回は最後の湖畔の舗装路も走れる体力を001.gif




ゴールで待ってくださっていたT中さん、探す事ができずスミマセンでした。
隊長もお会いできず残念でした…(汗)
ランナーズアップデートを見て声援をおくってくださっていた方々、ありがとうございました。



そして、険しい山中にダウンジャケット着込んで待機してくださっていたボランティアの方々、
地元の中学生や関係者の方々、
エイドで温かい拍手を送ってくださった方々、
遠方からの駆けつけてくださっていた方々、
「人」のサポートがとにかく最高でした。
全てのボランティアの方々に感謝です。


そして、プロデュース、実行委員長をされた鏑木毅さん、こんなレースを作ってくださって感謝です。なみなみならぬ努力と苦労だったかと思いますが、本当に気持よくレースを味わうことができました。今まで経験したことの無い最高のレースでした。



ご一緒していただいたCちゃんMちゃん、東京組のみなさんも
ありがとうございました!









b0183911_2392066.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-25 23:20 | トレイルラン(レース) | Comments(10)

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 〜STYの旅 レース当日 その1

レース当日は5時起き。
同室の女子3人でパタパタと賑やかに準備して
6:30河口湖発のシャトルバスでスタート会場のこどもの国へ向かいます。

スタート会場、富士山くっきりの快晴〜
b0183911_2252632.jpg


私、何故か携帯を朝から2回も無くしてしまい…
「携帯なければ、8Aでの装備チェックが失格になる〜〜」とパニックに。
ちょっとおかしかったかと。。(笑)

緊張してたのかな??
お騒がせしてスミマセンでした〜(汗)
携帯は大会本部に届けられておりました…。
取りにいってくれたCちゃんありがとう。

ちなみに…装備チェックは
b0183911_22521075.jpg

必携リストのものをきちんと持っているかザックから取り出して見せます。
国際レース、厳しいです。

82キロの旅の前のさわやかな一枚。
みんな頑張ろうね☆
b0183911_22521092.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-24 23:00 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 〜STYの旅 1日目

UTMBとは…フランス、イタリア、スイスを繋げる100マイル(160キロ)を駆け抜けるULTRA-TRAIL DU MONT-BRANCのこと。NHKの取材放映で一躍有名になりました。このUTMBの姉妹レースとして初の認定を受けた国際レース、「UTMF」(ULTRA-TRAIL Mt.FUJI )が今年初めて日本で開催。このUTMFのショートの部「STY」に参加してきました〜。

100マイル(約160キロ)走るUTMFは富士山の外周を一周、私の参加したSTYは富士山半周の82キロのレースです。


スタートの前日、金曜日の早朝に神戸を出発。
新幹線を乗り継ぎ…
名古屋にて二回目の朝ご飯、きしめん!
レース前日、食べとかないとね♪
b0183911_22571867.jpg


三島駅にて高速バスに乗り換え。
この駅初めて降りました〜
b0183911_22572090.jpg


富士山のお膝元、河口湖駅へ。
会場へ向かう道をてくてく歩いていたら、
あの相馬選手ご夫妻に遭遇!
b0183911_2257787.jpg


さすが国際レース!有名な選手がたくさん参加されているんだなと
テンションUP〜

あ、鏑木毅さんだ
b0183911_22572690.jpg



こちら、ゴール&スタートのゲート。
b0183911_22573050.jpg



会場からは富士山
b0183911_22572987.jpg


ワクワクする〜。

会場にて金沢のCちゃん、東京のMちゃん、そしてMちゃん友人のTさん、Sさん、Nさんと合流。



この日は100マイルレースUTMFのスタートの日。
会場は100マイル走れちゃう屈強男子であふれておりました〜
b0183911_22572599.jpg


かっこいいな☆

あのアドベンチャーレーサーのワッキーさん。
静岡TVの取材を受けておりました。
b0183911_22573228.jpg




UTMFの開会式が始まり
b0183911_2257355.jpg



スタートを見送ろうと、ゲートの外へ。
b0183911_2257375.jpg


今から制限時間48時間、156キロの旅へ旅立つ選手達を見送るべく待機。
なんだか、こちらが緊張するね。

カウントダウンと共にいっせいにスタート!
トップは有名選手ばかりです。
かっこいい〜
b0183911_22573924.jpg



Tさんの車に乗って、最初のエイドにまわります。
舗装路にでる手前にて応援。
ぞくぞくと選手達がやってきます。
ワッキーさん笑顔がステキ〜
b0183911_23115339.jpg


今から2日間もかけて100マイルを走るのだと思うと
見送る方もなんだか感動。
みんな、頑張って☆。


応援はこれくらいに。
自分のレースの準備もあり、この日は早めに退散しました〜

帰りの車中から富士山がくっきり〜。
関西の人間にとって、富士山の姿がくっきり見えるのが嬉しくて!
なんかいい事ありそだな…なんて。
b0183911_225944.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-22 23:20 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

春の新入り君 〜STY準備編

春の新入り君たち…
ほぼ全て今週末に迫った富士山を半周する国際レース STYに方向合わせて、です。


パタゴニアのNine Trails SkirtHoudini
今シーズンは何故か寒色系に魅力を感じて。
ブルーが気分です♪
b0183911_2255302.jpg



これは正にSTYのレースのため。
エイッと思い切って購入したゴアテックス。
ノースフェイスのアクティブシェルフーディー
b0183911_22553149.jpg


これ!、正にUTMF、STY用に作られたとしか思えない「ランニング」用のゴアテックス。徹底した軽さ追求でポケットも省いたなんと重さ190g!腕の振りに邪魔にならないようにウエストがシェイブされています。

レインウエアを新調しようと、モンベル、パタゴニア、と試着して歩いて3軒目にコレを着たら、その軽さに即効「買い〜〜」という状態に。ちなみに、先日京都一周したメンバー全員これを購入しておりました…。


気分は寒色系♪ということで、
モントレイルのログレーサーを新調。
b0183911_22553377.jpg


が、しかし…ブルーがワンサイズ小さいのしかなく、ま、いっか…と買ってしまったら…
やはり足先が痛くなり…泣く泣く買い替え〜〜(涙)
ああ、やってしまった。




地味なグレー…
紐でアクセント着けてみました♡
レース当日にテンションあがりますように。
b0183911_22553534.jpg






以上、衣装(ウエア?)編。


レースだから…といううものの、
新しいものをババッーと買うって気持いい。
なんだか自分も新しくなった気持で。





いろんな意味で
新しい風が吹くといいな。







b0183911_22554339.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-16 23:17 | トレイルラン(ファッション) | Comments(8)

GWふらっと旅 岐阜県 各務原アルプス縦走トレイルラン 

GWふらっと旅 2日目は岐阜へ移動。

岐阜駅で友人とおちあい、JR高山線の坂祝駅へ。
b0183911_23372481.jpg

この駅、地元の方の案内じゃなければ降りないよね〜〜003.gif


本日は岐阜のお友達のご案内で、各務原アルプス縦走。コースは岐阜県の関市、各務原市、岐阜市にまたがる各務原アルプス(別名関南アルプス)をつなぐ友人オリジナルコース30キロ。舗装路が3割程あります。


坂祝駅からてくてく歩いてトレイルヘ入ります。
最初のピークは猿啄城趾。
一気に300m程登ります。
何故か50mおきに標識が…(笑)
b0183911_23373647.jpg


山頂はお城はないけど、展望台〜
360度の景色が楽しめます。
b0183911_23373861.jpg


次のピークまで登ったり下ったり
b0183911_23374254.jpg


次は明王山へ。
コチラも360度の見晴らし。
b0183911_2338910.jpg

平野と平野の真ん中を貫く山地なので、とにかくスコ〜ンとひらけた景色が最高!
岐阜名物?イチゴ餅をいただきました。
b0183911_23381180.jpg

次は迫間城趾。
b0183911_23381575.jpg

緩やかなアップダウンの繰り返しが続き、トレイルランナー的には最高のコース!
b0183911_23381784.jpg

気持いいな〜
b0183911_23381866.jpg



激登の後は
b0183911_11135551.jpg

スコ〜ンとひらけたピークのご褒美!
この小さな起伏が楽しい〜。
b0183911_23382383.jpg


いったん舗装路へ降りて。
その名も喫茶「峠」!!
b0183911_23382446.jpg


トイレ休憩も兼ねてコーヒーとバナナアラモードで一休み。
やや昭和な感じ…
b0183911_23382625.jpg


ふたたび、トレイルへ。
幹線道路の横から入るので、ここのトレイルの入り口はわかりにくいです。
b0183911_23382997.jpg



各務原の権現山です。
空に続く階段?? 山頂の鳥居までの直登が続きます。
b0183911_03940.jpg

ここを、トライアスリートさん、走って登りました〜
b0183911_05090.jpg


ここを下ると、一旦5〜7キロ舗装路です。
b0183911_055432.jpg



最後は岐阜県人のココロの故郷、岐阜城のある金華山へ。
たまたま住宅街で出逢ったおばあちゃんに地図に載っていない秘密のトレイル?を教えていただきました。不動閣という料理屋さんの庭から入ります。
b0183911_11232050.jpg


ピークまで登ると…
向こうの方に岐阜城の姿が。尾根伝いに金華山まで行く事ができました〜。
b0183911_11252259.jpg


岐阜城到着〜。
岐阜城(再建)けっこう小さい…(笑)
b0183911_11304142.jpg


金華山からは七曲がりの階段を何故か猛スピードで下り…
岐阜駅まで3キロはビール飲みたい〜を連発しながらジョグして
30キロ以上走ったとは思えないテンションで岐阜駅ゴーール〜!!!

昭和なお風呂のあと…
b0183911_11481662.jpg

30キロ、8時間のトレーニング(遊び?)のご褒美は…
b0183911_1146810.jpg

ビール&どて串カツ!
串カツを味噌タレにつけたもの。神戸にはないお味、美味しかった!




わずか300m程の山に何故「アルプス」??とやや疑い気味にいたのだけど、
各務原アルプスは眺望が最高。開けた景色をご褒美に登ったり下ったりの小刻みな繰り返し。トレイルランニングには素敵なコースです。正式な地図が無く、山と山とをつなぐルートを開拓したのは友人。薮漕ぎしながらトレイル探したりしたとか…。
素敵なルートをありがとう。






ふらっと旅&ちょこっとトレイル、クセになりそだわ〜♪





b0183911_11585491.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-12 12:03 | トレイルラン(トリップ) | Comments(4)

GWふらっと旅 関宿

GWのふらっと旅は三重県の関へ。

神戸からJRを乗り継いで約2時間半。
以外と近いのよね〜
b0183911_2244656.jpg


宿場町で古い街並が残る関宿は、「観光地化しない町並保存」を目指し、
生活の場としての空間整備をしている町。
b0183911_2244956.jpg


ゴミスーテションだって
b0183911_2251551.jpg


ポストだって
b0183911_2251125.jpg


銀行だって
b0183911_2245968.jpg


徹底したブレない街並保存が魅力です。
そして、町の人たちも観光客ズレしておらずどこかのん〜びり。

着いてすぐのランチはおこわ&春野菜の天ぷら&お蕎。
b0183911_224528.jpg

美味しい〜。


実はこの素敵な町を知ったきっかけはこの而今禾さんという感度の高い雑貨屋さんのおかげ。
b0183911_2245691.jpg

(店内撮影不可なので、入り口だけ)

とりあえず、町をぷらぷら〜
b0183911_2245330.jpg

b0183911_2245057.jpg

コチラは元薬屋さんのカフェ
b0183911_224558.jpg

室内の装飾がステキ♡
b0183911_22161481.jpg

b0183911_2222143.jpg



で本日のお宿は…
b0183911_2245725.jpg

ライダーの集う古民家ゲストハウス石垣屋 さん。
古民具で整えられた空間は本当に素敵♪
b0183911_22225239.jpg


階段ダンスを登ると
b0183911_2245855.jpg

こんな天井の低いお部屋があったり
b0183911_225122.jpg


この中庭の奥に離れがあり、
b0183911_225466.jpg


本日の女子部屋はコチラでした〜
b0183911_2245587.jpg

襖を明けると蔵ががあります。。

夕方、お宿に戻ると共有スペースで既に飲んでいる方々がいらっしゃり…
お風呂いくんですけど〜と言うと
じゃぁ、私も…とその場にいた6人でぞろぞろ銭湯へ。

で、そのまま戻って人数増えて
b0183911_22265021.jpg

割り勘で食材を買って鍋を作る事になり


そして
b0183911_22283376.jpg

宴会に突入〜〜
写真は地ビールの「神都」(しんと)。
これ、美味しかった!!

初対面なのに、この和気あいあい度…
b0183911_22294095.jpg


た、楽しすぎる〜〜

旅人が持ち寄ったお酒が振る舞われ…
いろいろいただきました。
b0183911_22295040.jpg


自由なライダー&ロードバイクの一人旅野郎の集まり…
みなさん、いろんな旅をされてて自由で面白い。
人との出逢いからこんなに刺激をもらえるとは…
やっぱり人ですね。。


関の町も素敵ですが、このお宿最高でした〜








b0183911_2235489.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-08 22:39 | | Comments(4)

STYへ 〜京都一周トレイル

STYレースまで一ヶ月切りました。
ビッグレースなのが段々とわかって来たのですが、イマイチ走り込みできず…
そんな中、同じくSTYエントリーのお二人と京都一周トレイルへ行って来ました〜。

起点の1番に寄る前に…
b0183911_21523344.jpg


アンパンで有名な都麗美庵にて有名なフランスアンパンゲット〜
b0183911_21542471.jpg


本日のお供は
知識豊富なKさんと、京都一周トレイルリベンジ組のNさんです。
既にがっつりSTYの情報を持っているお二人のトークの頼もしいこと♪
b0183911_2152349.jpg


7時過ぎに伏見稲荷をスタート。
将軍塚、蹴上げと順調に進んでいきます。
大文字の火床からの景色は最高〜
b0183911_21523799.jpg

都麗美庵のフランスアンパン、美味しい〜♡
b0183911_21523944.jpg



比叡山は先週の真っ赤な山つつじ?はすっかり緑に。
季節の移り変わりは早い!
b0183911_21523828.jpg


横高山の激登りではSTYの急登の話題で盛り上がり…
b0183911_21524010.jpg

なんと、この↑10倍くらいの急登があるとか…(汗)


大原ではお約束の「志野」にてお餅&おはぎ&しいたけ寿司!!
40キロ近く走った身体に沁み入ります。
b0183911_21524170.jpg



鞍馬ではお約束?
移動ベーカリーのプリン、パン♪
b0183911_21524384.jpg



…でのんびり休み過ぎたのか、
氷室を過ぎた辺りからライトを点灯し、
京見峠では夜景モード
b0183911_21524422.jpg


うーん、終電まで間にあうのか…??と思いつつも
いたってマイペース♪
長時間からだ動かせればいっか…という甘い考えも奏功してか…

やはり嵐山で時間切れ〜(涙)
b0183911_21524614.jpg


ゴールはやはり嵐山駅となりました。
夜景の嵐山もいいもんだわ〜
b0183911_21524862.jpg


結局、70キロ越えをかなえる事ができずとも、65キロ程走り、14時間以上身体を動かす事ができました。なにより、STYに対する情報をいっぱい持っているお二人とお話できたことがかなりの収穫!私、装備がまだまだ甘かったわ…とやや焦る。あと2週間、揃えるものが結構あります。
頑張ろう…




Kさん、Nさん、
長時間ご一緒していただき感謝です。
ありがとうございました〜☆
[PR]
by tekuteku-m | 2012-05-06 22:12 | トレイルラン(京都) | Comments(6)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧