<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011/03/27 京都チャリティトレラン&比叡山

週末、Sコーチのチャリティトレランイベントのため京都へ。
参加費2000円が東日本大震災関連へ寄付されます。

京都の北山を出発して、船山横のゴルフ場からトレイルヘ入ります。
トレイルふかふか〜、
木漏れ日が気持いい〜〜
b0183911_23215670.jpg



たまに雪が残ってます。
京都の山の雪はなんだか穏やかですね。。
b0183911_2323288.jpg


ゆっくり歩いたり、たまに走ったりのゆるゆるトレラン1時間程で京見峠へ。
b0183911_2323374.jpg


沢の池。
今日の空は本当に青くて吸い込まれそう。
b0183911_2324495.jpg


Sコーチから、下りの技を習います。
減速せずに下りを走り続けるコツ、です。
ポイントは小走り??


かわいい看板を見て
b0183911_2326095.jpg


舟形山で京都の山を一望し
b0183911_23263238.jpg


お昼過ぎに北山へ戻って来ました〜


ランチはベジタコライス!
b0183911_23271241.jpg


ここのお料理はベジタリアンとは思えないコクとボリューム!
なにより、料理人のセンスや感性が感じられるメニューで大好きです。

☆Ping Pang Cafe
http://www.nadi-kitayama.com/cafe/index.html



昼からはまたまた京都に遊びに来ているMちゃんと
走り足りないね…と二人で比叡山へ。
b0183911_23304170.jpg


何やらたき火騒動があったらしく、消防士さんが大勢いらっしゃってびっくりです。
b0183911_23312087.jpg

この格好、この靴で山…
おつかれさまです。。

もちろんコチラも雪が残ってます。
b0183911_233225.jpg



山頂にてPing Pang Cafeで仕入れた米ぬかマフィンで一休み。
景色も美味しい。
b0183911_2333680.jpg



帰りは午前中にSコーチに教わった
「減速せずに下りを走る技」を二人して実践。
b0183911_23342352.jpg

この走り方、足を痛めないし、身体への負荷が少ない!!
楽しい〜と1時間半程かけて来た登りを30分足らずで駆け下りてしまいました〜





「山」でめいっぱい遊んで、くったりとした疲労感。


何気なく過ごせる休日を、ありがたく感じます…
b0183911_23354477.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-30 23:41 | トレイルラン(京都) | Comments(0)

延期にはなったけど…

予想はしていましたが…
UTMFこと「ウルトラ・トレイル・ド・マウント・フジ」は開催延期に。
私はショートコースのSTY(90キロ)に挑戦予定でした。

5月末のこのレースのために…と
ロング練習や装備や準備、
なにより「ワクワク」という気持が大きく、
その「気持」のやり場に戸惑いました。

目標が無くなり自分の内から気力が抜けていくのがわかり
自分でもびっくりでもありましたが。。


そんな中、金曜の夜、
UTMF&STY参加者の六甲仲間の集まりにお声掛けいただき参加。

鏑木毅さんの「激走モンブラン」のDVDを鑑賞したり、
b0183911_22342957.jpg

タカッタの記事をみたり、スラックスラインで遊んだり…
b0183911_10542851.jpg

良い年した大人で盛り上がりました。



レースは延期になったけど、
この方々と一緒に練習する時間が増えたかな…
なんて。。


お声がけいただいたNさん、ありがとうございました〜



↓参加前に芦屋のイタリアンで一杯。
Tちゃん、美味しかったね。
b0183911_2235688.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-28 22:57 | トレイルラン(全般) | Comments(0)

熊野古道 小辺路 トレラン 番外編

熊野古道 小辺路のゴール、熊野大社でのお宿は
湯の峰温泉です。
b0183911_23154154.jpg


泉質もよく、趣きのある温泉街でした。
b0183911_23184260.jpg



小辺路を走りきった翌日
雨も上がり、再び熊野本宮へ
b0183911_2320502.jpg



b0183911_23383246.jpg


お茶をしたりして
b0183911_22161668.jpg


バスにのって1時間半。新宮へ。
ここは熊野三山の一つ、熊野速玉大社があります。
b0183911_22171588.jpg


ここで、金沢へ帰るMちゃんとお別れ。

神倉神社へ。
この神社、山の崖ぷちにあり凄かったです…
b0183911_22175240.jpg

b0183911_22181041.jpg


神社から熊野灘、太平洋が見えました〜
高野山からここまで来たんだ〜〜と感慨ひとしお。
「旅」だなぁ〜
b0183911_221914100.jpg





家に帰るまでが「旅」。
b0183911_2242203.jpg








---------
熊野古道 小辺路 トレラントリップ メモ

●使用した地図
十津川村発行の地図 コチラ 
かなり詳しい地図なので、これだけで十分進めます。

●三浦口でのお宿
かんのがわHappy Bridge Project(HBP)というNPOの紹介です。
お宿以外にもイロイロされている様子。スタッフの方は大変親切な方でした。  コチラ

※地図には三浦口には宿は無いと記載されていますが、団体を受付けるお宿が一軒、その他個人客のみを受付ける農家民宿はいっぱいありました。


●参考にさせていただいたBlog
芦屋川のいつものお店KさんのBlog コチラ
実際にお店に行き、アドバイス等いただきました。

●水分補給について
高野山〜三浦口の民宿「岡田」の自販機まで補給する場所がありません。(川股の自販機は使用不可、伯母子峠の水場は見つけられなかった…)冬場なので1リットル程で足りましたが、夏場などは多めに持って行ったほうが良いと思います。


●反省点
装備の甘さと、やはり3月はトレランで行くのは早すぎたかな…
伯母子峠〜三浦口までのトレイルは要注意。
雪の残る季節はきちんとした装備と覚悟?が必要かもしれません。。


●その他
世界遺産になったせいか、道、標識はかなり整備されており、迷う事はほとんどないと思います。また、びっくりするくらいきれいなトイレが随所に整備されており、女性にはとってもありがたかったです。







次回は高野山で一泊して、早朝に出発し、一日で走ってしまおうか…
なんて。。
[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-25 23:12 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

熊野古道 小辺路 トレラン 〜二日目

熊野古道 小辺路 トレラントリップ二日目は
朝7時半頃三浦口をスタートです。
この三浦の集落が、とっても感じの良い集落。

Mちゃんと写真撮影大会状態…
b0183911_0395917.jpg


棚田。日本の原風景ですね…
b0183911_12243063.jpg


満開の梅が里山に彩りを与えます。
b0183911_12252041.jpg


苔むした石畳が古道という感じ…
b0183911_0175051.jpg



30分程で吉村家後の防風林。
これ、雑誌やblogでかならず撮影されているモデルさんのような樹です。
b0183911_12535967.jpg


b0183911_0181319.jpg



急な上り坂を進んで、三十丁の水という水場。
ここで一休み。
おはぎをいただきます。
いっぱい食べた朝ご飯は既に消化??
b0183911_12285852.jpg



気持の良いトレイルが続きます。
b0183911_0235462.jpg


崖っぷちですが景色は最高〜
b0183911_12301973.jpg

b0183911_0184752.jpg

b0183911_1231913.jpg



それにしても、昨日の伯母子峠と高さがそれほど変わらないのに、
こちらは雪がほとんどありません。
伯母子峠の山の深さ、感じられます。

写真や映像を撮りながらのんびり進んで約2時間程で三浦峠へ。
小学生手作りの微笑ましい看板。
b0183911_12315372.jpg


のんびりしすぎたせいか、10時過ぎまでに西中集落に降りなければならず、
約11キロとの表示に、あと1時間!!??とあわてて駆け下ります。
下りが得意なMちゃんにリードしてもらって一気に山を下ります。
走りやすくって気持いい〜〜
b0183911_0192342.jpg

b0183911_1236359.jpg



なぜ、10時過ぎまでに降りなければならなかったかというと…
b0183911_12371983.jpg


はい。十津川温泉までの7キロの舗装路を
アスファルトイヤイヤ病の私たちはバスに乗る事にしたのです。
バス停にて、目はリ寿司…美味しい〜
b0183911_1239259.jpg



バスの乗客が私たちだけで、貸し切り状態。
運転手さんとしゃべりながら乗っていたら
なんと、登山口近くの自販機とトイレのある場所とリクエストしたら
バス停が無いのに昴の郷というホテルの前でおろしてくれました〜。
ありがとうございます〜
(通常はダメだと思います。たまたまです…)


トレランしていると自販機の飲み物が本当に美味しい!
b0183911_12412310.jpg

温かい紅茶が身体に沁みます。



十津川温泉からのトレイルの入り口はこの吊り橋を渡った先。
高所恐怖症の方にはハードな吊り橋です。
b0183911_12423881.jpg

ミラーに撮影しているMちゃんも映ってます…

制限5人まで、と表示されており歩くと揺れます。
b0183911_12434657.jpg


これぞThe熊野古道〜〜という道を進み、
b0183911_020056.jpg


エメラルドグリーンの十津川ステキ…
b0183911_12483244.jpg


趣ある果無集落(はてなししゅうらく)。名前が凄いですね。
b0183911_12494764.jpg


お地蔵さんや
b0183911_0203460.jpg


茶屋後を過ぎて
b0183911_12544197.jpg


観音堂の水汲み場へ。
お水、美味しかった〜
b0183911_1256534.jpg


急な登りを登って、最後の峠、果無峠へ。
ちょっと寂しい感じの峠??
b0183911_12582414.jpg


雨が降って来たので滞在数分。
午後からの降水確率80パーセント。
まだまだ小雨程度ですが、とにかく急いで山を降ります。
b0183911_12592415.jpg

でも。濡れた石畳、滑って怖い…
b0183911_12595552.jpg


雨ならではの景色。
雲海が見えます。
あの先に熊野本宮があるのかな〜
b0183911_1305468.jpg

急げ急げ…
b0183911_131765.jpg


雨がかなり降って来た所で、舗装路へ出れました〜。
舗装路は例のごとく走れず…てくてく歩きます。

ゴールはもうすぐそこなのですが、寄り道
道の駅!
b0183911_1324555.jpg


身体が冷えて来たのでお茶なぞして。。
b0183911_1332192.jpg


態勢立て直して、また雨の中へ。
今度は身体が冷えないよう小走りです。
途中、またトレイルへ入り…
中辺路と合流した途端たくさんの登山者にお会いして

ずぶ濡れでゴール〜〜。超笑顔です。
b0183911_1344334.jpg




小辺路から入ると、熊野本宮の裏口から入ることになります。
だから鳥居もちょっと地味?






本宮へ入り、四つのお社へお参り。
鳥居をくぐったら、ほろり涙が…

身体の奥から自然と感謝の気持が湧き上がり、
いろんな感情が溢れます。

頭で考える事をお休みし、身体をめいっぱい動かしたことで、
自分の小ささ、自分の抱える問題の小ささなどがすっと入ってきて、
自然と謙虚な気持になれました。

こんな気持でひいたおみくじ、大吉でした072.gif




この珍道中?ご一緒してくださったMちゃん
本当にありがとうね!

b0183911_038171.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-24 22:55 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

熊野古道 小辺路 トレラン 〜1日目 その2

熊野古道 小辺路 トレラントリップ
三浦口でのお宿は農家民宿の「政所」さんです。
この辺りで一番古いらしい文化財指定を受けている住居です。
b0183911_1137366.jpg


薪でお風呂も湧かします。
b0183911_1137419.jpg


ここで、一番感動したのが食事の美味しさ!
野菜の味が濃い!、手もみで作る手作りほうじ茶の優しいお味、
芋から手作りする蒟蒻の滋味豊かな味といったら…!
b0183911_11394180.jpg


右端の天ぷらは鹿肉です。
お彼岸だったのでおはぎがあります。


ちなみにこちらは朝ご飯。
b0183911_11402721.jpg

朝からこのボリュームです。


夜ご飯のおはぎが食べきれなかったため、
翌日のお弁当はおにぎり一個でいいとお願いしたら、
なんと小さいからと代金は受け取っていただけず…
サービスで目はリ寿司を作っていただきました。
お手紙&アメ付きです。
b0183911_114243.jpg



優しいお味の高菜美味しかった〜

お洗濯までしていただき、のんびり炬燵でくつろがせていただき…
なんていうんだろう…
三浦の人々は優しくシンプルというか。
「善意」や「親切」が裏表無くコトバそのままで、
そんな気落ちの良さを感じるリラックスできるお宿でした〜

政所さん、ありがとうございました!
b0183911_12587.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-23 23:31 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

熊野古道 小辺路 トレラン 〜1日目

こんな時期だからどうしようかな…
と迷いましたが、三連休は予定通り「旅」に行ってきました。

マイナスの空気に押しつぶされそうな気分になってたけど、
まずは自分がしっかりしなきゃね、、って。



-------------------------------------
一度は行ってみたかった熊野三山。
そこへ通じる5つの参詣路がいわゆる「熊野古道」です。

今回は山深いと言われている「小辺路」(こへち)、
高野山〜熊野大社の70キロを走って来ました〜。


急遽決まった旅だったせいもあり、装備は11ℓのトレランザックに入るもののみ。
超軽装…(後で軽装過ぎて反省もしましたが)
一日目は中間地点の「三浦」の集落で宿泊、
二日目はゴールの熊野大社の「湯の峰温泉」宿泊、まる二日かけて走るというプラン。
二日目以降の荷物は出発の朝、コンビニから宿宛に送っておきました〜。



自宅を朝6時頃出て、電車とケーブルとバスを乗り継いで高野山へ!
こないだは、足で登って降りたのでお世話にならなかったケーブルです。
b0183911_1851085.jpg


高野山駅。ここからバスに乗って「千手院橋」で下車。
b0183911_1853654.jpg



「熊野古道小辺路」のスタートは高野山の金剛三昧院の入り口の横です。
道、凍っています…
b0183911_188773.jpg


今回の旅のお供は、金沢Mちゃん。
女子二人のトレラントリップです。
セルフタイマーで、熊野古道小辺路70キロのスタートをパチり。
偶然にもお揃いでパタゴニアのフーディニ着用です。
b0183911_275018.jpg



舗装路をしばらく歩き、トレイルヘ。
三日前に降った大雪がかなり残っています。
b0183911_1891478.jpg


薄峠を経て、丁石を過ぎ、小さな集落へ。
こんな山の中なのに、とってもきれいなトイレがありびっくり〜
b0183911_18104770.jpg


雪の残る龍神スカイラインをしばらく歩きます。
b0183911_18123678.jpg


車がたまに通りますが、
みんな突然人の姿が現れびっくりしているのがわかります…
こんな看板もありました〜
b0183911_281755.jpg


スカイラインを抜けたトレイルはこんなに積雪が〜〜
b0183911_2152583.jpg


雪は積もっていますが快晴のトレイル気持いい〜〜
b0183911_216374.jpg


積雪があるところはかなりの量なのに
雪の無い所は全く残ってないので不思議です。
ところどころこんなお地蔵さんが。
熊野古道らしいですね〜〜
b0183911_10344155.jpg


舗装路とトレイルが交互に続くルートを走って、
山を下りた先が大股の集落。ここまで約17キロです。

ここで初めて登山者にお会いしました〜。
ずっと辿って来た雪の足跡は彼らのものでした。



大股の集落から熊野古道小辺路最難関の伯母子峠ヘ。
急な坂道が続きます。
b0183911_0304897.jpg

b0183911_2262860.jpg

b0183911_031588.jpg


だんだん積雪が増えてきます。
溶けかけの雪なので、靴がグショグショに…
b0183911_1024532.jpg

でも元気に走ってます。。
b0183911_10274478.jpg


本来の小辺路は伯母子峠の山小屋へ行くルートですが、せっかくなので
伯母子岳の山頂へ行くルートへ。
b0183911_10292168.jpg


雪、凄すぎて楽しい〜〜

b0183911_10315897.jpg

山頂は日が当たるせいか意外にも雪がありませんでした。


本日快晴。
360度視界の広がる山頂は本当に気持いい!!
b0183911_11153917.jpg

b0183911_10363441.jpg


山頂でテンションアップ!
20分くらい遊んでいたでしょうか。。
気持ち良かったです。

下りはスノーラン。
靴がグショグショになりながらもダッシュで駆け下りました〜
b0183911_10381830.jpg


かなりの積雪で一瞬道標を見落としそうになりましたが…
b0183911_10384082.jpg


山小屋到着。
b0183911_1042339.jpg

ノートに記入して
b0183911_10422524.jpg


三浦口までの最後の下りへいざ出発。
が…、山小屋を出発してから10分くらいでしょうか。
急なカーブになっているトレイルが崩落しており、
その上に雪が積もって通行不可になっている様子。

地図に迂回路有りと書いてあったので、その個所と勘違いし、
トレイルをはずれ、崖の上へ二人で登っていきました。
木が少なく雪の中に手を突っ込んで岩などを掴んではい登り、
振り返ると崖の下は雪で凍った谷の底。
…怖い。

かなり登ったところで、どうやら迂回路ではないと気づき、
Mちゃんが上まで行くより横を進む方がいいと判断。
崩落したトレイルと平行する形で崖を横へ進みます。
手も足もグショグショで寒くなってくるわ、日も暮れそうだし、
足下は谷底だし。

先ほどまで優しかった山が一変して凶暴な場所に。
山を軽く見ては行けない…と。

実は3日前に三浦の宿の方から雪で危険なので中止した方が良いとの連絡を
いただいていたのですが、週末から温かくなるので大丈夫と勝手な判断。
今回この判断を深く反省することになりました。

人間、危機に直面すると「怖い」とか「楽しい」とか余計な感情が停止し、
ただただ目の前のことをクリアするだけに神経が集中するのだと
今回初めて経験しました。

感情はストップ。とにかく足を滑らさないよう集中、トレイルを見つける事。
幸いにもMちゃんが先に進み、トレイルを見つけてくれて、戻る事ができました。
Mちゃん本当にありがとう。

よかった〜と喜んでいたのもつかの間、
数分後、デジャブ??と思える同じような崩落&積雪のカーブが登場し、
再び迂回。

なんとこのデジャブカーブがその後何度も続き、
この数キロ進むのに1時間程かかってしまいました。
二人して無言。あまりの恐怖に写真は無し。
ちなみに、雪がない崩落トレイルはこんな感じ。
b0183911_1055136.jpg


今回軽装だったため、もしトレイルに戻れず雪の中を彷徨っていたら
低体温症などになっていたかもしれません。
やっぱりもう少し装備必要だと痛感しました。。


もう、雪も無いし大丈夫かな…
とかなり下った所に祠があり、弘法大師さまが。。
b0183911_10561860.jpg


あああ助かったんだ〜〜
と。

お祈りすると張りつめていた気持がゆるんでいきます。
自分が自然の中で生かされているのだという謙虚な気持が湧き出てきました。


道中、何度も出会ったお地蔵さまや祠。
それらが今の何十倍も危険であっただろう昔の旅人の気持の泰平を保つ役割を果たしていること、
日本人の信仰というのは自然と共にあるのだと身を以て感じました。
古人の気持がふっとシンクしてきたようなそんな経験です。







ヘッドランプは持参しているものの、できることなら使いたくない…と。
日暮れが近づいてきているのでスピード上げて山を下ります。
b0183911_0341149.jpg

b0183911_034265.jpg


集落の橋が見えて、やった〜もう大丈夫だ〜と、
ややはしゃいで降りて行くと、
なんと心配した宿のお母さんが登山口まで向かえに来てくれていました〜
b0183911_118041.jpg


朝に集落の方が小屋まで登ったが危険で折り返してきたため心配したとのこと。
ご心配おかけしてすみませんでした〜
[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-22 23:43 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

スゴイことに…

大阪の職場でも結構揺れました…
船酔いするような揺れでした。

金曜日の夜、帰宅途中に翌日のトレランイベント主催者Tさんから連絡。
イベントが中止…Tさん他関東出身者がおり、山どころじゃないとのこと。

帰宅して、テレビの映像を見て事の重大さ、
Tさんの声がうわずっていたことを理解。

凄いことになってるわ…と。

ネット&Twitterの情報よりもやはり映像から受ける情報はインパクトが強く、
恐ろしすぎて見るに耐えうる感じ。。



とにかく、被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。
一人でも多くの方の命が救われ、身体、ココロのケアが受けられますように…
[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-12 23:29 | 日々のこと | Comments(6)

真夜中amazon

ここんとこ、ちょっとバタバタ続き…
深夜に帰宅して、ちょっとだけあるリラックスタイムはついついネット。。

先日、ついついこんなものをクリックしてしまいました〜
b0183911_23403449.jpg

バランスボール。
ゴールドの色がインテリアに合う!と見た目で即決。

そしてついでに…

b0183911_23411585.jpg

バランスボード。
体幹を鍛えたいと思い…


そしてついでに…
b0183911_2341499.jpg

トレーニングのDVD。。

これ、撮影がぶれてぼけているわけじゃありません。
もとから、ラベルがぼけていてしかもカラーコピー??

買っただけで、見たのは届いてから1週間後。
返品もできずトホホ…な気分。。


STYに向け身体を鍛えるぞ〜〜
と意気込んだものの、買っただけでちょっと満足??
あかんやん〜ワタシ。

意外に使っているのがバランスボードです。
ちゃんと、使いこなさなきゃね。。



それにしても。
恐るべし、、夜中のamazon…
b0183911_23454887.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-10 00:07 | 日々のこと | Comments(2)

高野山トレイルランニング

週末、初めて高野山へ行ってきました〜

神戸から在来線をつないで約2時間。
南海高野線の九度山駅で待ち合わせ。
b0183911_9372031.jpg


小さくてかわいい駅ですね〜
b0183911_9374082.jpg


ここからテクテク2キロ程歩いて高野山トレイルのスタート、慈尊院へ。
人懐っこかったネコちゃん。
b0183911_9381257.jpg


ここで恋みくじひいたり、お守り買ったり。
b0183911_9384938.jpg

スタンプラリーのスタンプ押したり。
観光客向けに整備されていますね。
b0183911_946798.jpg

のんびり観光?してから、いざトレイルヘ。


和歌山らしい竹のトレイルです。
b0183911_9394199.jpg


梅が満開。
b0183911_9401626.jpg

そういえば、紀州は梅の産地。
果樹園を抜けた先の展望台。
気持いいな〜〜
b0183911_9404443.jpg



高野山へのトレイルはこの「町石」という道標、道しるべがあります。
b0183911_9435118.jpg

一町(約109m)毎にこの道標が建てられています。
古い物だと1285年に建てられているとか…
高野山という山の歴史と、山に対する人々への思いが感じられます。


トレイルは整備されていて、走りやすい〜
大好きなダイトレに似ています。
b0183911_9445839.jpg

b0183911_9452583.jpg


所々にスタンプラリーのスタンプが置いてあります。
小鳥小屋みたい。。
b0183911_951684.jpg



崖っぷちに建っている二ツ鳥居。
b0183911_9501075.jpg

景色を眺める鳥居??と思いきや
山の下の丹生都比売神社の鳥居とか。


16、7キロ程走って焼きもち屋さんへ。
b0183911_9514742.jpg


自分で炙って食べる焼きもち美味しい〜
b0183911_952895.jpg


ここからさらに登って行くと、
ところどころ雪が残っています。
b0183911_9523526.jpg


焼きもちから7キロほどで本日のゴール、大門に到着〜
高野山という町の入り口です。
b0183911_9525373.jpg


高野山の上は意外に何でも揃う町でした。
でも、山伏装束の人が歩いていたり…
b0183911_9542178.jpg

やっぱり、宗教の町ですね。

くるみもちで一休み。
これ、美味しかった〜
b0183911_9552429.jpg



弘法大師さまが眠ると言われる奥の院へ。
b0183911_9561441.jpg


スピリチュアルスポット??というか新旧混在の墓地です。
b0183911_9565027.jpg

徳川家康、織田信長ら戦国武将の分骨された墓地から、
パナソニックの墓所?やしろあり協会のしろあり供養塔??など…
企業の広告塔のようなものなどなど。


神聖なようで、なんとなく現利主義というか。
日本人の宗教は寛大というか、テキトーというか…
おもしろいですね。


撮影禁止の奥の院でぷらぷらして、
じゃ、降りよっか、と南海極楽橋の駅を目指して降りようとして道に迷った。

途中、若い僧侶の方に道を聞き、車がびゅんびゅん走る一般道を走る。
道がだんだん細くなってくるし、暗くなってくるし…
極楽橋へ降りるトレイルを見過ごした様子で
あわやプチ遭難〜〜と暗くなった道を走って、着いた先は
極楽橋の先の駅「紀伊神谷」でしたーー。
b0183911_1032426.jpg


おかげでトータル35キロ程走ってしまった、高野山。
良い運動になりました!!

高野山の山、整備されていて心地よかったです〜。
一日ご一緒してくださったNさん、
ありがとう〜
[PR]
by tekuteku-m | 2011-03-07 22:35 | トレイルラン(関西) | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧