カテゴリ:登山( 16 )

槍ヶ岳縦走2013 前日&1日目 ゆったりした時間

b0183911_22561336.jpg

槍ヶ岳…それは正に北アルプスの王子様。
普通の人にとっては一生に一度は行きたい山は「富士山」だけど、登山をする人にとっては「槍ヶ岳」だとか…。「槍」と名のつく山小屋は13もあるとか…。登山三年生の今年の夏山は、そんなプリンス槍ヶ岳に挑戦してきました〜〜。




前日に松本入り。
大好きな松本の町なので友人より先に到着してギャラリーめぐり♪
b0183911_22421070.jpg

栗あんみつも民藝調のインテリアで美味しさ倍増♪
b0183911_22421236.jpg

この日はホテルでゆったりと宿泊しました〜。



---
槍ヶ岳縦走一日目は
三股〜蝶ヶ岳〜横尾〜槍沢ロッジ。

始発で松本を出発し穂高駅へ。穂高からタクシーで三股の登山口移動。
標高1350mの登山口から今回はスタートです。
b0183911_22421431.jpg

今回のお供はRちゃんと登山歴30年弱のHリーダー。
二人とも38ℓのザックです。

蝶ヶ岳まで1300m程高度が上がるため、Hリーダーの指示通りゆっくり登ります。
山に慣れている方がご一緒してくれるってイイですね。
b0183911_224215100.jpg

緑が濃いですね〜。



こんな木も…(笑)
b0183911_22421640.jpg



何度も休息をとりゆっくりと高度を上げて行き、
2000メートルを越え森林限界も近づいてくると高山植物が…
b0183911_22421816.jpg

4時間程で蝶ヶ岳到着〜
b0183911_22422058.jpg


ガスが多くて対面のプリンス槍サマは残念ながら見えず…(涙)
b0183911_22422771.jpg



蝶ヶ岳からは一気に1000m程下ります。
このひたすら下るトレイルが結構キツい〜。
2時間程で横尾に到着。
b0183911_22422837.jpg

なんとここ、自販機があり感激〜。
「CCレモン」は350円でした。

ここ、よく写真でみる橋だな〜
b0183911_22422935.jpg


横尾からは川沿いの気持の良いトレイルをてくてく歩いて1時間半程
本日のお宿、槍沢ロッジに到着〜
b0183911_22423339.jpg



既に16時過ぎ。
夕飯前にまったりしている登山客の姿。
なんだかいいですね〜。
b0183911_23372961.jpg


で、私たちも…
b0183911_2338631.jpg

なんと生ビール! 1杯900円也。このローケーションで決して高く無い〜


なんとなんと、この山小屋お風呂がありました!
身体を洗うことはできず、湯槽につかるだけではあるのですが、
汗を流せて幸せでした!

ビール&お風呂を済ませた後の晩ご飯♪
b0183911_23391012.jpg

もちろんご飯おかわり。

夕食の後は談話室にてストレッチしたり雑誌読んだりゴロゴロ。
ネット環境もテレビも無い山中。
楽しいのは人との会話とゆったりした時間。
山のこういう時間て好きだな。

この日は20:30就寝。
[PR]
by tekuteku-m | 2013-08-22 22:25 | 登山 | Comments(0)

白山 高山植物の楽園へ

日本三霊山の一つ、石川県の白山2702mへ弾丸トリップに行ってきました〜。
古来から山岳信仰の地、白山。山頂は白山比咩神社の奥宮となっており、いま流行のスピリチュアルスポットです。

土曜日の夜、夜行バスにて金沢へ。
名古屋の隊長ご一行様と金沢Mちゃんと早朝の金沢で合流して、白山のふもと、市ノ瀬へ。
b0183911_1237347.jpg

Mちゃんから「寒い」と聞いていたのですが、結構暑い…
でも、空気は爽やか。今から目指す2700mにワクワクします。


マイカー規制をしており、ここからバスに乗り換えます。
b0183911_1237594.jpg


別当出合からトレイルヘ。
登山道の入り口に鳥居!!霊山ですね〜。
b0183911_1237785.jpg


砂防新道の急登をゆっくり登山。
b0183911_1237971.jpg

標高が上がるにつれだんだん、涼しくなってきます。

甚之助避難小屋にて。快晴〜。
b0183911_12371130.jpg

雲が下にあります。
b0183911_12371359.jpg


去年から始めた2000m越えの登山。
思えば今回3回目にして初めての晴れ!!!!
わーーーい。

森林限界を超えると
空が近い!!
b0183911_12371417.jpg


白山は花の山です。
わーい♡
b0183911_12372231.jpg


延命水、寿命も延びる美味しさ♡
b0183911_12372155.jpg


黒ボコ岩。仙人が二人…
b0183911_12372365.jpg


弥陀ケ原。「参道」と書いてあります。
b0183911_12372530.jpg


木道の後は岩道ですが、とにかく景色が素敵♡
振り返ると歩いてきた道がずっと遠くまで見えます。
b0183911_12372683.jpg


室堂到着〜。
b0183911_12372880.jpg


この上に山頂が見えるのですが…
濃霧が…
b0183911_12373293.jpg



お花♡
b0183911_12544597.jpg


ふと振り返ると、真っ赤な室堂が小さくなっています。
b0183911_1255163.jpg



山頂は残念ながら濃霧で視界が悪かったのですが、
とにかく「雨じゃない!!」というだけで大満足〜。
b0183911_12575324.jpg


山頂は白山比咩神社の奥宮。
ご利益ありますように…072.gif


山頂からは火口である7つの池をめぐる御池めぐりへ。
ガレガレの道、よくみるときちんと登山道があります。
b0183911_12594190.jpg

この池、火山の噴火口らしいです。
b0183911_1312575.jpg


雪も残っています。
b0183911_1313917.jpg


御池&お花を楽しみながらトレイルラン(やっぱり走った!)
一旦室堂へ戻り、黒ボコ岩まで同じ道を戻ります。
登りはいいのですが、岩岩の道の下り、怖い…(汗)
b0183911_133234.jpg


黒ボコ岩から観光新道を下ります。
天気予報では昼から雨。
だんだん霧が濃くなってきて、
b0183911_1352499.jpg


とうとう、雨!
避難小屋まで逃げてしばらくすると止みました〜。
b0183911_1361351.jpg


帰りはひたすら下り。
なんとか4時頃別当出合へたどりつくことが出来ました。

途中、金沢のトレラングループのお知り合いとバッタリ〜。
趣味が共通の方々とは遭遇率高くて面白い…


Mちゃんオススメの温泉に寄って19時過ぎに金沢駅に到着。
「日帰り」のかなりの弾丸トリップでしたが、お天気に恵まれ気持よい一日でした。

景色をきままに楽しみつつも、やっぱりたまに走ったり。時間に追われることも無く頑張る必要も無く、蒼い空と濃い緑の山はひたすら優しく、懐の深い山という存在を感じることができました。



---
霊峰と呼ばれるだけあって、登山道は古人が築いてきた歴史が感じられ、北アルプスとはまた違った趣。信仰の地なのだと感じられる神々しい美しさや、地名も興味深かったです。そして何より整備されたルートやアクセスの良さは感動で、人々から親しまれているのだなと。
次回は白川村から行ってみたいな。白山気に入っちゃいました〜。


高山は悪天候ばかりで相性悪いかな??と思ってたのですが、快晴の高山を経験したらやっぱり山ははいいなぁ…。そんな気持になった白山でした。





今年の高い山はこれが最後かな。
また行きたいな。




いつも楽しい隊長ご一行様、徹夜?で車を運転のN村さん、道案内のMちゃん、
ありがとうございました!







b0183911_13244744.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-09-11 23:29 | 登山 | Comments(2)

常念岳〜燕岳、北アルプスへ 3日目

夜寝ている時から息が苦しく、頭がガンガンに痛かったのですが…
朝、4時に起こしてもらうも、激しい頭痛と吐き気に襲われて。。
あまりの気持の悪さに起き上がれず…

これが低酸素症の「高山病」というものなんだと直ぐにわかりました。
同室(ベッド?)の方から寝てたら呼吸量が少なくなり、症状が悪化すると言われ、
なんとか無理矢理起き上がり着替えたりするも、身体がほとんど動きません。
胸焼け、頭痛のしんどかったこと…

後で調べてわかったのですが、ピーク時の山小屋は人が多く、
それだけでも酸素量が少ないので高山病になりやすいとのこと。
また、血中のヘモグロビンの量(酸素を運ぶ)が影響するため
貧血気味の女性は高山病にかかりやすいとか…
ぐすん。


2時間程ヨタヨタしていたのですが、むりやり朝ご飯へ。
b0183911_1374756.jpg


少し食べたら、なんだか元気に?
そしてロキソニンを飲んで頭痛の症状が改善!

今だ〜、ということでとにかく標高を下げるべし…という高山病改善の掟に従い
300m程下がった燕山荘へ向かう稜線まで降りることに。

7時頃出発。霧で視界が悪いです。
b0183911_1374945.jpg


高山病の影響か、どうも体温調整ができず妙に暑くなったり寒くなったりで途中なんども着たり脱いだり。
目眩がするなか、この梯子が怖かった…
b0183911_1375121.jpg


雨が降っていないことには感謝
b0183911_1375466.jpg


稜線に降りてしばらくすると、目眩もおさまりだんだん元気復活〜
お花を撮るゆとりも…
こちらコマクサさん♡
b0183911_1375597.jpg


霧も晴れて視界も開けてきました〜
b0183911_1375774.jpg


こちら蛙岩。見えなくはない…?
b0183911_1375981.jpg


こんな岩の通路も。
b0183911_138039.jpg


お花〜♡
b0183911_138276.jpg


なんとトレイルランナーにお会いしました。
b0183911_1381113.jpg

一の沢〜常念小屋〜燕山荘のルートを一日で往復するとか…!!
この気温の中、この半袖短パン。
少しお話をさせていただきましたが、素敵な方でした。



3時間程で燕山荘に到着〜
b0183911_13832.jpg

が、しかしTちゃんはもう発った後でした…
ゴメンね。。

この頃から晴れてきた!
高山病で苦しんだ大天井岳が〜
b0183911_138514.jpg


こちらイルカ岩
b0183911_1381376.jpg


燕山岳から…。晴れてる〜〜
b0183911_132841.jpg


快晴の北アルプス〜。
今日からの登山の方がうらやましい!!
b0183911_13252336.jpg


高山病や雨風の悪天候で高いお山はもう向いてないかな…と思いかけていた気持が
この晴天で上書き保存…(笑)

超名残惜しくもそろそろタイムリミット!
天井荘でご一緒した方と3人で下山へ。
北アルプスは背中になるけど、安曇野平野が一望できる合戦尾根ルートも
素敵なトレイルでした。
b0183911_13253467.jpg


合戦小屋にて
b0183911_13305377.jpg

スイカ!!
b0183911_13312098.jpg

ごちそうさまでした♡




3時間弱で登山口の中房温泉に下山〜。
3日ぶりのお風呂、気持ち良かった!
水が自由に使えることが本当にありがたい。
b0183911_1332236.jpg





一緒に下山した方に車で穂高の駅まで送っていただきました。
車で道路を降りるにしたがってだんだん「街」の景色に。
3日間2500m越える山中にいたせいかどこか不思議な気分。
学生時代の長期の海外放浪旅行から帰ってきた時の感覚を思い出します。

テレビもネットも無く、荷物も最小限のため
おしゃべりと寝ることに徹する山小屋での夜は
人と人との距離が近く時間の濃度が高い気がしました。

シンプルな時間っていいな。









来年はどこのお山へ行こうかな。
b0183911_13434315.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-07-22 23:00 | 登山 | Comments(6)

常念岳〜燕岳、北アルプスへ 2日目

2日目は朝4時に起こしてもらうも外は激しい雨!!
予報は曇りマークなんだけど。。
雨は上がるだろうと身支度整え待機して…

6時半過ぎ、小雨になったところを見計らって、
常念小屋からコースタイム1時間の常念岳山頂へ。


雨のなかでもみなさん続々と出発して行きます。
b0183911_22593694.jpg


木のない岩山を駆け上り、振り返ると小屋が小さい〜
b0183911_225938100.jpg


45分くらいで山頂へ。
笑顔だけど、雨は激しく、そして寒い!!
b0183911_22593822.jpg


いったん小屋へ戻り衣服と身体を乾かし待機。
この日友人Tちゃんと燕山荘で待ち合わせをしていました。
燕山荘まで行こうと思ったらもうもうタイムリミット…
雨の中、次の大天井岳目指して出発しました〜。
b0183911_22594042.jpg


うーん木が舞台装置みたい?踊ってるみたいだわ〜
b0183911_22594273.jpg


横殴りの雨でひたすら前へ進むというけっこうな苦行状態だったのですが、
すれ違った人が「ほら、あそこ!!」と教えてくださったのが…
雷鳥様♡
b0183911_2259449.jpg

初めて見ました!!
それより、この悪天候の中、周りの景色をみるゆとりを持っているなんて。
「山の人」の強さ、感じます。


横通岳から東天井岳へのトレイル。
雨&風がなければ最高〜
b0183911_22594598.jpg


雪も一部のこっていました。
b0183911_22594787.jpg


東天井岳を過ぎたあたりから小雨になってきて
b0183911_22594982.jpg


3時間ほどで大天荘に到着〜。
b0183911_12443417.jpg



コチラ、名物のキーマカレーランチ1200円♡
b0183911_22595266.jpg


標高2900mでこのメニュー、このクオリティ!
感動の美味しさでした〜。



とりあえず、小屋から5分の山頂へ。
私史上最高の2920m!!
b0183911_230086.jpg



雨があがり、彼方に本日の目的地だった燕山荘が…
b0183911_22595956.jpg


そう、過去形…
すでに15時前で今から燕山荘まで行くことは無理だと判断。
Tちゃんゴメンネ…と燕山荘に伝言を頼み本日はここ大天荘に泊まることに。


標高2900m、ストーブです。
b0183911_230433.jpg


で、私、猛烈な疲労感が襲ってきて、寝床で夕食前まで眠ってしまいました…。
それが良く無かったと知ったのは後のこと。。


夕食は肉か魚か選べる贅沢さ!!
標高2900mなのに〜!!
でも、私全く食欲ありませんでした。
アルコール飲めば食欲がでるかな?とビールなぞいただくも
これが良く無かったと知ったのは後のこと。
b0183911_23195573.jpg



ちなみに寝床は常念小屋と同様1畳2名スペース。
寝袋が個人スペースで二段ベッドの大部屋でした。
b0183911_1241031.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2012-07-20 22:00 | 登山 | Comments(0)

常念岳〜燕岳、北アルプスへ 1日目

梅雨明けそわそわの三連休。
夏山は去年に引き続き北アルプスへ行って来ました〜

コースは常念小屋〜燕山荘への北上ルート。
Tちゃん、Mちゃんが立ててくれた計画にのかって、
ふらり行ってしまった旅でした。


---
残業続きで一番安い夜行バスに乗れず…
当日は朝5時前に自宅を出発、新大阪から始発の新幹線で名古屋へ。
特急しなのに乗り換え、穂高へは9時半過ぎに到着。
なんと「のぞみ」も「しなの」も満席でした〜。
三連休なんだなぁ。。

しぶい看板、穂高駅♡
b0183911_22455172.jpg


友人が到着するまで穂高の町をふらふら。
お茶を飲みながら絵はがき書いたり…
b0183911_22455251.jpg

こういう時間を持ちたくて始発の新幹線で来ました。
空白の何もしない時間、なんだか贅沢だね。。



お茶の後はお蕎麦。
b0183911_22455532.jpg

このお蕎屋さん、「あ、良さそう…」とピピ!ときた感度の高いお蕎屋さんでした〜
b0183911_22455711.jpg

器がオシャレです。
b0183911_22455452.jpg



---
友人到着後、タクシーにて登山口へ。
穂高駅〜一の沢まで4900円

入山届けを出し、いざ北アルプスへ。
12時半前に一の沢登山口、標高1323mを出発〜。
b0183911_22455939.jpg


濃い緑の森を抜け
b0183911_2246228.jpg


前日の雨で増水している川を何度か渡渉し
b0183911_2246497.jpg


こんな梯子も何度かあったり
b0183911_22575839.jpg



2000mを超えたあたりから残雪も
b0183911_2246478.jpg



だんだん樹木もなくなり
b0183911_2246786.jpg


4時間程で本日の目的地、常念小屋標高2466mに到着〜。
小雨と超強風ですぐさま小屋へ。
b0183911_230232.jpg



シーズン中の連休とあって常念小屋は1畳に二人スペースの最大収容態勢。
1畳に二人??どうやって??と思っていたら、寝袋一つのスペースが一人分でした。。
b0183911_2341581.jpg


荷物は部屋に入らないので廊下へ。
b0183911_2344915.jpg


人生二度目の山小屋泊。
この山小屋は水も使えたし売店も充実。
いろんなアルコールも♪
b0183911_2353277.jpg



缶ビール500円、連休の自分をゆるめるご褒美♪
b0183911_236821.jpg


コチラ夕食、ポークハム。
山のゴハンは美味しい!ボリュームもあり大満足でした〜
b0183911_2364112.jpg



1日目、8時就寝(9時消灯)





b0183911_23103783.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-07-18 23:14 | 登山 | Comments(0)

山準備♪

連休の山行きに備えて…
b0183911_22481462.jpg

いつもの芦屋のアウトドアショップSkyHighMountainWorksへ。

お目当ては軽〜い30ℓくらいのザック。
出逢ったのがこちらTERRA NOVAの30ℓ 
なんと重さたった348g!!
背当てやポケットもとりはずせてめちゃくちゃ小さくなります。
b0183911_22233637.jpg



アウトドアショップをめぐって、30ℓのザックいろんな種類を背負うも
どれもザック本体だけで1キロ以上の重さ。。
これ、背負った瞬間に軽〜い!!って。

トレラン育ち?、重さに敏感です。


いいお買い物ができました。





気に入ったモノのもたらす力はスゴイ…
俄然山行きのテンションUP〜
急に地図なぞ読みだしております。。


来週、北アルプスは快晴でありますように…







b0183911_22423689.png

[PR]
by tekuteku-m | 2012-07-07 22:49 | 登山 | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧