カテゴリ:トレイルラン(トリップ)( 52 )

石見銀山 世界遺産でトレイルラン?

んん…?
紅葉!?
b0183911_08141116.jpg


もう半年以上前のお話ですが…
記録として。
(このシリーズ続きます…)


関西からは遠い遠いイメージの島根県。
広島からは意外に近い…?!と気づき
ちょうどYさんが遊びに来たタイミングで世界遺産の石見銀山へ昨年の秋に行ってきました〜。


広島からレンタカーで2時間くらいで石見銀山周辺に到着。



で、石見銀山ってなんぞや?ということで、とりあえず世界遺産センターを見学。観光客は世界遺産センターに車を置いて、バスで回れるようになっていました。観光バスがいっぱいでした〜
b0183911_08140717.jpg


石見銀山の歴史、銀山争奪の歴史、銀の採掘方法など、ふんふん…と一通り学びます。

何故世界遺産になったのかイマイチよくわからなかったのですが、山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという方法が環境に配慮した生産方式だったとか。。
うーん?

一通り見終わってからいざ、銀山へ。公開している間歩(まぶ:坑道)は一カ所。観光客は主にこの公開坑道を見に来ているようです。

唯一公開の龍源寺間歩は世界遺産センターの山を越えた向こう側。普通はバスで移動のようですが…集落遺跡の見学も兼ねて私達はトレイルランで山越えをしました〜。


世界遺産センターの直ぐ横から登山道があります。
結構な直登を20分程で展望場所へ。

b0183911_08141315.jpg
気持ちいい〜、紅葉ステキ〜。
目の前は島根が誇る三瓶山。行ってみたいなぁー。
b0183911_08141590.jpg
b0183911_08142065.jpg
岩銀集落跡を通って…といってもほぼ何も残っておらず、普通の山ですが…(笑)
仙ノ山を越えて、佐毘売山神社(さひめやま)方面へ下山します。
b0183911_08142245.jpg
途中坑道(間歩)の跡が…
b0183911_10571312.jpg
せ…、狭っ!
こんなところを人が入ってたんですねぇ。。


1時間程の気持ちの良いトレイルランでした。
神社を降りたところが、ちょうど龍源寺間歩だったので見学。
b0183911_08142675.jpg
ここは大きな坑道です。

龍源寺間歩を見終わったあとは石見の集落をぶらぶら〜。
b0183911_08141116.jpg
b0183911_08142489.jpg
実は、石見銀山のもう一つの目的はコチラ
b0183911_08142989.jpg
「群言堂」さんの本店。
コチラの記事を読んで一度行ってみたかったのです〜。

ここの素敵なカフェにて遅めのランチ♪
b0183911_08143423.jpg
b0183911_08143698.jpg
b0183911_08143765.jpg
b0183911_08143938.jpg
カフェだけじゃなく、ギャラリーもお店も素敵でした!
b0183911_08144152.jpg

実は石見銀山、見所は銀山じゃなくて、石見の素敵な集落なんですよね。。
b0183911_08144521.jpg
趣のある本当に素敵な佇まいの集落でした〜。







帰りは日本海に沈む夕日を見てから、浜田方面から高速へ。
b0183911_08144745.jpg

---
石見銀山、周囲に山城もいっぱいあり、観光を兼ねたトレイルランニングが結構面白いかも。また、銀を港まで運んだ街道がいくつかあり、尾道や鞆の浦までつづく古道もあるようです。この銀の道を走るのもおもしろそうだな。


ちょこっと遠出、楽しかったな。
島根県、また遊びに行きたいな♪

[PR]
by tekuteku-m | 2015-07-11 11:21 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

東京GW バーチャルUTMB試走 河口湖駅〜御坂山塊〜富士山五合目〜富士山駅

富士さん♡
b0183911_11191346.jpg

その発想、いったいどこから…??
と思っちゃう、いつも面白い登山ルートを考え出すMさん。
今年UTMBにチャレンジするので日々コース研究に余念がないのですが、
UTMBのスタートからレ・シャビュー(LES CHAPIEUX)の高低図とそっくりなルートを発見したとのことで、
今年のUTMB組と一緒にそのバーチャルルートをご一緒してきました〜。

コースは河口湖駅スタート〜河口湖ぐるっと走って御坂山界(鬼が岳、雪頭ヶ岳)〜西湖〜精進口登山口から富士山五合目〜吉田口登山道〜富士山駅の約55キロです。




始発にのって大月駅にてJRから富士急行に乗り換え。
改札に何故か鳥居…(笑)
b0183911_10540145.jpg
7:44河口湖駅到着〜
東京から電車乗り継いで行けるんですねぇ。。
b0183911_10540650.jpg
いつもバスか車なので、電車で来るのは初めて。
関西からだとアクセスが不便な河口湖駅。東京からだと日帰り圏内なんだなぁ。。

河口湖からのんびりジョグでUTMFのルート、湖畔沿いを走ります。

富士山♡
b0183911_10540921.jpg

最後の補給場所、湖畔のデイリー山崎にて食料を少しゲットして、大石峠からトレイルヘ。
この8キロ程の小さなアップダウンの感じがUTMBのシャモニから最初のエイド、レゾッシュにそっくりです。
b0183911_10541157.jpg
しばらく林道を進んで美しい新緑のトレイルヘ。
b0183911_10541508.jpg
b0183911_10541749.jpg
ところどころから富士山が見えてテンション上がります。
b0183911_10541819.jpg
新芽がかわいいなぁ。
b0183911_10542004.jpg
一気に800m程登って鬼が岳、1738m。
遠くにアルプスも見えます。
快晴に感謝感謝♪
b0183911_10542610.jpg
そして、後ろは富士山。
b0183911_10542265.jpg
b0183911_10542881.jpg
ハシゴ下って、少し進んで
b0183911_10543044.jpg
富士山絶景ポイントの雪頭ヶ岳。
b0183911_10543110.jpg
富士山、今からそちらへ行きます〜。
待っててねーー(笑)

御坂山界はUTMFのコースにも検討されていたそうですが、危険な箇所が多いため外されたそうです。でもここからの景色は最高でした〜。
ここから、西湖のキャンプ場まで急な傾斜をくだります。
一旦700m登って下るの、サンジェルベのエイドまでのコースとそっくりだわ〜。

しばらく舗装路を進むので、自販機で飲み物の補給をします。
(一応仮想サンジェルベエイド)


しばらく舗装路を走ってから、樹海に入り
b0183911_10543389.jpg

樹海を突っ切って精進口登山口から富士山へ。
このゆるーいなだらかーな長い長い長い登り、セーニュ峠までの延々続く登りにそっくりだわ〜。
なんだか思い出すなぁ…って。
b0183911_10543513.jpg
そして、思い出したのが、このコース、Fuji Trailheadの相馬さんツアーで走ったルートだったこと。確かあの時は12月で1合目のスキー場まで車で運んでもらい、この長い長い長ーい登りをふかふかの雪の中、下ってきましたっけ。(そのときの記事はコチラ)相馬さん大石さんと写真を撮ったなぁ…なんて思い出しながら登山道を歩いたり走ったり。あの時相馬さんとした会話や言われたことなどが、走馬灯のように頭の中に流れ、不思議な気分でした。こうやって人の心の中に生き続ける人なんだろうな。

何時間くらい登ったかな?
3合目でKちゃん、Fさんが富士スバルラインを走ってくだるとのことで、エスケープ。
みんなここまで頑張ったね。
b0183911_10543678.jpg


残り4人で終電の21時までに下山しなければならないので、ペースアップして5合目までを急ぎます。


それにしても精進口登山口からのルート長かったなぁーー。
確かにUTMBも「うんざりする登り」の連続だったなぁ。
b0183911_10543961.jpg
4合目過ぎてから…
b0183911_10544170.jpg
雪!
5月ですがやっぱり2000m超えると積雪ありますねー。
b0183911_10544578.jpg
最後、何故かペースアップしまくりで五合目到着〜
b0183911_10544744.jpg
富士山山頂が直ぐそこ!
近いなぁ。。

そして、急に観光客の姿が…(笑)
到着は17時過ぎ。普段は17時までの営業で自販機も閉じてしまうとのことですが、この日はGWの特別営業でまだ売店が開いており、飲み物の補給もできてラッキーでした。
b0183911_10544822.jpg
帰路は富士吉田口から下山。
雪の中をザックザック進みます。
b0183911_10545094.jpg


b0183911_10545324.jpg
左下には雄大な樹海〜
b0183911_10545568.jpg
実はUTMF以外で富士山に登るの初めて。5合目まで登るのも初めて。
古来から「神様」と崇められて来たこの山の他にはない神秘感じられる雄大さ、凄さを感じられずにはいられませんでした。次は山頂に登ってみたいなぁ。

b0183911_10545684.jpg
b0183911_10545801.jpg
この辺りからライト点灯でナイトランに。
富士登山競争のルートを下っていきます。
本当にずーっと下りなんですねぇ。
b0183911_10550082.jpg
b0183911_10550451.jpg
馬返しからは舗装路を走ります。
富士登山競争て半分は舗装路なんですね。

富士山を祀る神社、浅間神社(せんげんじんじゃ)にて
Mさん達の完走祈願。
絶対完走してね!
b0183911_10550617.jpg
あとは富士山駅までの道をてくてく歩きます。
富士山を祀る神社のお膝元の街、神社のような飾り物も多く、不思議な雰囲気の街でした〜。こんどは昼間に来てみたいな。


富士山駅に20時過ぎにゴールできました!
約12時間、一応バーチャルUTMBの関門にはひっかからなかったようです(笑)
濃くて長い旅で面白かったー。


9時の終電までの時間は…
b0183911_10550824.jpg
b0183911_10550994.jpg
おつかれさまでした!


激走モンブラン、ならぬ「妄想モンブラン」!
私にとっては「回想モンブラン」。
そうそう、こんなうんざりする登りだったなぁ…とか。雨降ってドロドロだったよなぁ…とか。
思い出したり、そういう会話ができるのが嬉しかったり。
いいメンバーで今年モンブランへ行きますね。
Mさん達、本当に頑張ってね。


そして、富士山。
こんなに気軽に来れるなんて、関東の人達は山のフィールドに恵まれてるなと思います。
こんどは山頂まで行きたいな。







b0183911_10551485.png

[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-24 12:21 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

東京GW 雲取山トレイルラン♪ 〜東京都最高峰のお山

来ちゃった…♪

b0183911_23023930.jpg




2015年のGW後半は東京をベースに関東で過ごしました。
もちろん、関東のお山も♡


行ってみたかった東京都最高峰のお山、雲取山へ
関東のお友達と走ってきました〜。




都心から電車を乗り継いで集合場所の奥多摩駅へ。
電車を乗り換える度にアウトドア率が高くなり…
奥多摩駅ではこの人だかり〜(汗)
b0183911_23024398.jpg
大きなザックがわっさわっさ♪
通勤ラッシュの様です…
でも、みんな山の格好なのが微笑ましい。


こんな登山客いっぱ〜いの駅も東京都なんだなと驚きです。
東京、スゴイなあ…。

b0183911_23024597.jpg
奥多摩駅にて、友人達と合流。
あの大勢いた登山客はみなバス停に向かっておりました。(長蛇の列!)
b0183911_23024777.jpg


でも、私達はここから登山道へ。
b0183911_23025020.jpg
舗装路をしばらく歩いてから、石尾根縦走路ヘ。
本日のコースは奥多摩〜石尾根〜雲取山のピストン約40キロ。普通の登山客の方が一日ではしない距離ですね。


石尾根縦走路、とにかくずーっと登りが続きます。
b0183911_23025212.jpg
本日のメンバーは、
3月に鎌倉をご一緒した2015年のUTMBメンバー+広島に同じく転勤となったIさん関連の方々。

b0183911_23025468.jpg
意識も経験値も高いメンバーです。
会話もなんだか楽し♪


奥多摩駅から雲取山へのルート、石尾根はひたすら登りで。
久しぶりに長〜い長〜い長〜い登りを経験しましたが、
楽しく登れたのは、やっぱりみんな一緒に登ったからかな。
山頂までキツかったなーーー。


感動の富士山♡

b0183911_23025701.jpg
関西の人間にとって、くっきり見える富士山なんて感動モノ〜。(画像がよくなくてスミマセン)

鷹巣山避難小屋で唯一の水分補給。
Hさんにお願いして水場まで行ってもらいました
(ありがとうございました!)


b0183911_23030186.jpg
鷹巣避難小屋からは山頂を迂回して山の側面を回って行く「巻き道」が続きます。
山の側面のルートだからかなりの崖っぷちなのですが、このルートが小刻みなアップダウンの走れるルートで、景色も良くて気持ち良かったなぁ…

b0183911_23030583.jpg

まだまだ5月初旬。
標高が1500m以上に来ているんだなぁ…と思える山の風景。
5月の標高の高いお山が新鮮でキョロキョロしながら走ります。

b0183911_23025974.jpg

雲取山少し手前の七ツ石山山頂にて。

雲取山までもう少し!


b0183911_23030727.jpg
…がここからのアップダウンがかなりあり、
意外と山頂まで遠かった(汗)




山頂手前のテント場はカラフルなテントがいっぱいです。
電車で気軽に2000m級のお山に来れてテントもできちゃうのいいなぁ〜。

b0183911_23030989.jpg

山頂目の前!

b0183911_23032792.jpg

東京都最高峰!雲取山2017m
今年初の2000m超え♪

b0183911_23031417.jpg
頑張った頑張ったー

b0183911_23031630.jpg
ここで別ルートで来ていたMさんとも合流できました。
しばらく山頂で遊んでから来た道を戻ります。



さっきは気持ちよく下った坂なんだけど…(汗)
b0183911_23031187.jpg
といえど、基本下り基調。
復路はなんだか早いなぁ〜と感じながらスイスイ〜。
b0183911_23031803.jpg
Mさん、Kちゃんと賑やかにおしゃべりしながら走ります。
大きなブナの姿に惹かれ、写真を撮るために少し止まってから進むと、
先ほどまで賑やかにしゃべっていたMさんKちゃんがしゃがんでいて。

Kちゃんが転倒した様子。
転倒したところをたまたま見てなかったのですが、
普通に転んだだけ…とのことなのですが、何かにひっかけたのかタイツが破けており、そのキズの酷いこと!
皮膚の内部が見えており、脂肪が露出していました。

後ろから来たメンバー達もみんなおどろきそれぞれのエマージェンシーキットを出し合います。

避難小屋がもうすぐなので、そこで手当をしようということになり、先発隊に水を汲みに行ってもらい、Kちゃんと歩きながら避難小屋まで進みました。痛みがそれ程酷くないとのことですが、とにかく見た目と出血がすごくて…

避難小屋にて、先発隊が汲んできた水で傷口を洗い→マキロン→軟こう→滅菌ガーゼ→テーピング→三角巾
と手際良くKちゃんが自分で処置をしていましたが、
私、そしてみんなオロオロ…

それにしても山に慣れたメンバーだったので、みんなきちんとエマージェンシーキットを持っていたのが救いでした。Kちゃんが三角巾まで持っていたのはさすがです。自分のエマージェンシーキットを見直す良いきっかけになりました。
b0183911_10151581.png



ここからは七ツ石山から先に下山をしていたDちゃんを追いかけるチームと、
Kちゃんとエスケープルートでバス停に降りるチームの二組に別れて下山。

私はMさん、Iさん、Kちゃんと一緒にエスケープルートへ。
エスケープといえど、700m程まだ降りなければならないため結構急な下りが続きます。
Kちゃんの傷口が広がらないようにゆっくり進むも、登山口に近いバス停のバスが一日3本で、それが17時。あと2時間で間にあうかな?そのバスを逃すとさらに5キロ程車道を先に行たバス停にしかバスが来ないとのことで、気持ちが少し焦ります。それにしても、きちんとバスの時刻表をもっていたMさん、さすがです。地図読みもMさんにまかせ、とにかく下って下って。


あんなに酷いキズを追っていたのにKちゃん強かった。
膝じゃなくて良かったね、自力で下山できて良かったね、消毒液があって良かったね…とMさんと三人で不幸中の幸いだったことを言いあいながら、Kちゃん気遣いながら下山。Kちゃん1㎜足りとも弱音をはかず結構なペースで降りていきました。


「バス停まで30分」という表示が見え、そのときあと20分位だったので、
Iさんに先にダッシュで降りてもらってバスに少し待ってもらうようにすることに。


Kちゃんのペースもはやくなり、山道転がるように駆け下りていくと、
登山口にIさんが。

??

と思ったら、なんとIさん、たまたま登山口に付近にいた地元の方に、
けが人が出たからと、バス停まで車で送ってもらえるようお願いしたとのこと。
Iさんの機転に感謝〜〜。

地元の方が、自宅から車を出してくださり、
私達はそれに乗せていただき、無事にバスに間にあうことができました。
バス停が思いのほか遠く、車で送ってもらえなければたぶん間にあわなかったかな。
本当にありがとうございました。



Kちゃん、奥多摩駅から自宅付近の救急病院へ直行。
抗生物質の点滴などをしてもらいキズはひどいものの
大事には至りませんでした。
良かった。


---
山での事故は自己責任で、
自力で下山というのが基本だというのを改めて実感。

普通の人だったらおそらく下山に3、4時間はかかったかも、
もし一人だったら、
もしエマージェンシー持ってなかったら…

2000m級の山はやっぱり深く、トレイルラン、登山は危険と背中合わせなんだなぁということを実感した出来事。

Kちゃん、終始前向きで気丈でした。早く治りますように。





---
都内から日帰りで2000m級に行けるなんて、
関東のフィールド恵まれてますね。
お手軽な低山の関西とは異なり、コチラの山は山が深いなと感じます。


まだまだいろんな関東のお山へ行ってみたいな。



[PR]
by tekuteku-m | 2015-05-16 10:09 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

東京3DAYS  3日目 丹沢 大倉尾根アタック

大倉尾根、来てみたかった…♪
b0183911_11131558.jpg
3日目は表丹沢、通称「バカ尾根」(大倉尾根)タイムトライアルへ。


昨日の鎌倉の夜が楽しすぎたので、早起き出来ず…(汗)で、翌朝はゆっくり目で大倉尾根の最寄り駅、渋沢に11時前に到着。とりあえず、駅中の「箱根そば」にて腹ごしらえをば。
b0183911_22173165.jpg

わー関東のお蕎だー。お味がしっかりして美味し♡…と思ったのは最初だけ。
しょっぱくってお出汁を飲み干すことは出来ませんでした(汗)やっぱり麺類は関西だわ。。(by関西人)



渋沢駅からバスで20分程で表丹沢の登山道の玄関口、大倉到着。
バスのロータリーの周囲には、県のビジターセンターや食堂が立ち並ぶ登山客の一大休息スポットという感じ。そのロータリーの向かいにある道標が「バカ尾根タイムトライアル」のスタート地点です。
b0183911_23193863.jpg

Yさんから、こうやって助走をつけて看板をタッチしてからスタートだよ…とタイムトライアルのルールを伝授(笑)

とりあえず、塔の岳山頂で待合せね…と二人して助走をつけて、看板をタッチして(笑)バカ尾根タイムトライアルスタート〜。

b0183911_23211598.jpg

トレイルまでの登りの舗装路も走ります。
もう、すぐに息があがってきてゼイゼイ…(汗)

b0183911_23212102.jpg

どんどんYさんの姿が遠くになって行くのですが、諦めずにガシガシ登ります。
ウワサに聞いていた「バカ尾根」こと、大倉尾根。1000m近く一気に登るということですが、傾斜はそれ程キツくなく。でもひたすら登りの続くトレイルにだんだんと足がつかれて来ます。

途中少しだけフラットな箇所はありますが、
(↓ココでタイム稼ぐんだ〜と言われてるの図)
b0183911_23212650.jpg
丹沢名物の木道の登りが続いたり…
b0183911_23212957.jpg
あれ? Yさんが立ち止まってるな〜?て思ったら
b0183911_23213106.jpg
なんと!昨日鎌倉をご一緒したMさんでしたー。出逢う人とはまた会えるのよね。。
もう登って下ってるとのこと(汗)やっぱUTMB出る人は気合いが違うね〜〜(^^)

少し休憩取っちゃったけど再びスタート!
b0183911_23213492.jpg
登りが続く〜続く〜〜

途中の山荘で待っててくれましたが、またそこから一人旅。
b0183911_23213698.jpg
山荘から20分くらいだったかな。ようやく塔の岳山頂到着〜〜
b0183911_23213884.jpg
1時間45分。
お疲れワタシ…の図(笑)


標高1491メートル。
さすがに、さ、寒ーい(涙)
b0183911_23214023.jpg
見渡せば、登山の方々はダウンやゴア仕様。私達は生足の軽装…
低山ばかりの広島のお山に慣れすぎてて、すっかり山の厳しさ忘れておりました…(反省)ということで滞在数分で撤退

鍋割山経由で下山です。
b0183911_23215124.jpg
3月の末でしたが、さすが1500メートル級…冬に戻った感じ〜
b0183911_23215433.jpg
新緑の時期にまた来てみたいな〜
b0183911_23220377.jpg


---
異様な音がして振り返ると、先ほど通り過ぎた峠の下辺りから落石が。
巨大な岩が斜面にぶつかりながら落ちて行く様を目の当たりにし、もしあの下や近辺にいたら…と思うと背筋が凍る思いに。
久しぶりの1500m級の深山、自然の厳しさ恐ろしさを思い起こさせる光景に、身が引き締まる気持ちになりました。






鍋割山到着。
小雨まじりで寒い寒い〜。
b0183911_23220721.jpg

下山を急ぎます。
b0183911_23221505.jpg

b0183911_23221817.jpg
林道の入り口に到着。
お水を鍋割山の山荘まで担いだら、鍋焼きうどんの割引があるとのこと…
b0183911_23222031.jpg

ここからは林道を4.5キロ走って
b0183911_23222582.jpg
大倉のバス停に到着〜。
約4時間半。お昼スタートでも間にあう良いトレーニングですね。






帰りは電車で数駅の鶴巻温泉へ。
お風呂へのアクセスが良いのも丹沢の良いところですね。

丹沢が地元の神奈川県民が羨ましいな。
手ぶらでも大丈夫な六甲なんかと違って、「山」が深い丹沢。
でも、電車でのアクセスも良く、ハイカーの方も多いので、ふらっと一人でも来れそうなお山。
改めて、関東の恵まれたフィールドを実感しました。



次回は箱根のトレイルヘも行ってみたいな。






b0183911_09252755.png


[PR]
by tekuteku-m | 2015-04-18 09:25 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

東京3DAYS  〜1日目、2日目

初めての広島空港
b0183911_13065131.jpg
先月ですが、LCCを使って東京へ遊びに行って来ました〜。
「春秋航空」という中華系のLCCが広島ー成田を最安値で5800円で運行しているのです。
金曜日に有休とって、広島空港へ。地元の方から「遠い」と悪評の広島空港ですが、私の最寄り駅からバスで40分程。意外に使える??しかも国際線もあり意外に大きな空港でした〜(基準が神戸空港です。スミマセン…)

でも到着が成田。
成田〜東京駅までバスで約1時間。これがちょいビミョーかな。
b0183911_13065500.jpg
東京駅に降りたので、前から行ってみたかったパン屋さんへ。
b0183911_13065721.jpg
「ペリカン」さんです。
平日のお昼間なのに行列。しかももうロールパンしか残っていませんでした。
さすがTOKYO〜
b0183911_13070087.jpg
で、この日は後はウロウロ〜
b0183911_13152394.jpg
久しぶりの東京、人混みやラッシュ電車でさえ嬉しい〜〜。駅の広告や新しくできたサインや看板でさえ刺激的でワクワク♪


アウトドアショップ巡りもしました。
試着しまくってサイズチェックも。
お買い物、楽しいね。
b0183911_13070211.jpg








---
で、土曜日。
一度行ってみたかった鎌倉トレイルヘ。
b0183911_13070478.jpg
まずはゾロゾロとウワサのお店へ。
b0183911_13070797.jpg
やっぱり行っておかないとね。




b0183911_13071056.jpg
この日のメンバーは今年のUTMB&CCCに参加するメンバー+過去参加者の集まり。実は富山のSちゃんが今年はCCCに参加予定で同じお宿のメンバーに共通の友人達がおり、その繋がりでなんとなく集まったという感じの面白いメンバー。


舗装路を少し歩いてトレイルヘ。


b0183911_13074538.jpg
トレイルランの協議会など、話題の鎌倉トレイル。Yさんが走行禁止区間などを調べてくださっていましたが、この日はお天気があまり良くなかったのか、ハイカーの方にはそれ程お会いしませんでした。


b0183911_13071288.jpg
なにやら特別公開とのことで立ち寄ってみると。
b0183911_13071783.jpg
遺跡??鎌倉って面白いなぁーー。





途中、お寺にも何カ所か立ち寄りました。
b0183911_13072118.jpg
b0183911_13074460.jpg
お抹茶いただいたり…
b0183911_13072417.jpg
b0183911_13080777.jpg
こちら有名な長谷寺
b0183911_13074875.jpg
江の電の駅にも立ち寄り
b0183911_13075015.jpg


最後は海岸沿いを走って江ノ島まで。
小島が見えない広ーい海、久しぶり〜
b0183911_13075503.jpg
この三人で走るの久しぶりだな〜。




アフターは、江ノ島小屋にて美味しい海産物&ビール
b0183911_13080378.jpg
みんな良く飲みよく食べ話題豊富なメンバー、楽しかった〜。

で、二次会は昼間は長蛇の列のEggs'n Thingsへ。
b0183911_13080943.jpg
パンケーキスリーピークス♡
これ、一人前なんですね〜。(恐るべし、ハワイアン)




たーっぷり話して飲んで楽しかった。
久しぶりにUTMBの会話、そしてこういうのに参加しようとするメンバー達の個性。
刺激をいっぱい受けました。こんなメンバーでのシャモニが羨ましい。
みんな応援してるよ、頑張ってねー!




b0183911_13082145.png

[PR]
by tekuteku-m | 2015-04-05 22:07 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

平尾台2day トリップ トレイルランニング編

やっぱり、トレイルラン♪
b0183911_23095824.jpg
平尾台の旅、二日目は平尾台を知り尽くしたプロペラガイド?Tさん案内のトレイルランへ。


吹き上げ峠駐車場スタートです。
行って来まーす。
b0183911_23100051.jpg
ルートは、吹き上げ駐車場〜大平山〜中峠〜権現山〜四方台〜貫山…
となんとなく平尾台をグルグル〜。

b0183911_23100590.jpg
このカルスト大地久しぶり〜。
そして、5年前のレースの記憶がうっすらと蘇り懐かしい!
b0183911_23100291.jpg
b0183911_23100782.jpg

ランナーのグループやソロで走る方に何組か遭遇しました。
平尾台は「走る場所」として定着してるんですねー。石川さんのレース効果、素敵ですネ。
b0183911_23100976.jpg
こちら、隊長お気に入りのドリーネ。
すり鉢状の窪地で、この底が鍾乳洞につながっているとか。。
b0183911_23101195.jpg
b0183911_23102891.jpg



レースでは絶対に立ち寄らないこんな場所も平尾台にはあります。
b0183911_23101302.jpg
b0183911_23101537.jpg
この先が鍾乳洞になっているとのこと。



平尾台は「野焼き」を定期的にしないと草が多すぎてトレイルに入れないそうで、この日も天狗岩まで行きたかったのですが、草が茂り過ぎて辿りつけず…

野焼き前の場所はこんな感じ…
背丈くらいまで草が茂ってます。生足でこれ以上進むのは無理…(笑)
b0183911_09285531.jpg

で、部分的にされている野焼きの後はこんな感じ。
ここでこけたら真っ黒になりそ…(汗)
野焼きの日は30〜40キロ圏内に灰が飛び散るとか。
b0183911_23102117.jpg
Tさんオススメの写真スポットにて。
b0183911_23101703.jpg

レースでは無我夢中でコースを走るだけで、平尾台のいろんな事を知らなかったな…と実感。今回レースだけではわからなかった平尾台の様々な魅力を教えてくださったガイドのTさんに感謝です。
b0183911_23101918.jpg



走り終わった後は、Tさんオススメの平尾台スポットへ。
b0183911_23102356.jpg
今は本店が福岡に移転したとかの patisserie nicoさんです。
ここのイチジクのタルト、絶品でした〜。




そして、お風呂の後、小倉にて。
b0183911_23102564.jpg
美味しいおでん屋さんがあると連れていっていただいたのですが、
本当に美味しくって!こんなおでん初めてでした〜。




---
楽しい二日間でした。
企画をしていただいたFさんに感謝。
ご一緒させていただいたハピトレなみなさま、ありがとうございました!





b0183911_09285899.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-12-28 08:22 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

平尾台2day トリップ ケイビング編

この方達、誰でしたっけ…(笑)

b0183911_08134382.jpg

まだまだ10月のお話…(汗)
Fさんアレンジで、北九州の小倉集合、
あの平尾台で遊んで来ました〜。



小倉からレンタカー借りて平尾台へ。
第一回の平尾台レースを走って以来なので、4年ぶりくらい?

カルスト大地、久しぶり〜〜
b0183911_08135105.jpg
平尾台にてガイドのTさん、福岡の方々と合流。
Tさんは平尾台レースでコース作りをされている方です。

Fさんプランの1日目の予定は今話題の「ケイビング」。洞窟探検!です。
破れてもいい格好、使い古した靴で来てください…とのことでしたが…

b0183911_08141250.jpg
昔、慶応大の探検部が発見したという目白洞へ。
コースは通常「初級」か「上級」しかないのですが、今回Tさんのはからいで「中級」コースにしていただきました〜
b0183911_08141606.jpg
行ってきまーす。


ちょっと怪しい祠が入り口。
つなぎを着ているお二人がガイドです。
b0183911_08141830.jpg
最初は電気のある一般の観光道を進みます。
で、途中から柵を乗り越えていざ、探検へ!
b0183911_08142026.jpg



いやぁー、本当に真っ暗!
えぇ! ここ通るんですかー??
b0183911_22570847.jpg
一人ずつチャレンジ♪


b0183911_08142389.jpg
ほふく前進ルート?
ひょえぇーーとびっくりしながらも意外に穴の中ってテンション上がる〜(笑)


「穴」の中をくぐったりも多く…

b0183911_08142582.jpg
途中、水の中もジャバジャバ
b0183911_08142719.jpg
お尻の下くらいまで水に漬かっちゃいます…

這って穴をくぐった後に崖登りがあったり
b0183911_08144087.jpg
いやぁー、文字通り全身ドロドロのずぶ濡れ。
「汚しちゃダメ」とか「立って歩かなきゃ」とかそういう大人の観念を取っ払ってドロドロ這い上りの繰り返しのケイビング。自然にテンションアップで無心な無邪気な気持ちになれます。人って、基本的に子どものような遊びが好きなんですよね。。
b0183911_08143790.jpg
約1時間半程、洞窟の中を案内してもらいました〜。
普通の観光ルートじゃ見れないような岩の景色、コウモリ、暗闇、
全てが面白かった!!


はい、みんなドロドロ〜(笑)

b0183911_23000223.jpg

楽しかったー。

スリルと緊張感もあるのか、意外と疲れたケイビング。そのくったり疲労感がトレランにも似てるかも。
ケイビング、これぞ大人の遊び!オススメです♪



この日は小倉にてお泊まり。
北九州の美味しいお魚とお酒でわいわいと打ち上げも楽しかったな。


ちなみに、この日京都から日帰りで参加したTちゃん。
翌日京都でのレースに参加するため、ビール1杯で帰ってしまったのだけどしっかりと翌日女子優勝をしてはりました…。さすが!!
Tちゃん、おめでとう〜。
b0183911_08144525.jpg


[PR]
by tekuteku-m | 2014-12-26 23:08 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

TJAR応援♪ 北アルプスの旅 DAY1

良い旅になりますように…
b0183911_21231438.jpg



台風到来の天気予報だったけど、とにかく富山集合〜ということで。金曜日の深夜0時過ぎに富山の高岡着でこの日はFさん宅泊。翌朝、4時起きで折立から予定通り北アルプス。
(早朝から車で送ってくれたFちゃんありがとう!)
b0183911_21305089.jpg




東京のKちゃんプランで、TJARのコースを逆走して選手に会っちゃおう〜という名目で北アルプスに行ってきました!

プランは…
1日目、折立〜太郎平〜薬師岳〜スゴ乗越小屋(宿泊) 二日目、五色ケ原山荘〜獅子ケ岳〜一の越山荘〜立山(宿泊) 三日目、劔岳〜 というTJARのルート逆走プランです。


台風の予報でしたが思った程天気は荒れておらず、折立〜太郎小屋まではスイスイ〜

こちら野生のブルーベリー!
地味溢れるお味。
b0183911_21385492.jpg


4年前にも来たね。太郎平♪
b0183911_21394977.jpg



太郎平〜薬師小屋の間で雨の到来〜
b0183911_07260853.jpg


気温も下がってきて寒い寒い〜
で薬師小屋到着。
b0183911_07274928.jpg


温かいおうどん、美味しいかったー。
b0183911_07282776.jpg



で、ここからが森林限界を超えた砂礫の山の強風の凄かったこと…。真っ直ぐあるけない強風に地元富山のFさんになんども「私達、大丈夫??」と聞いたくらい。このくらいなら大丈夫…との言葉信じて暴風雨の薬師岳超えへ。

b0183911_07321943.jpg

b0183911_07331184.jpg


あまりの雨風に写真ほとんど、無し…


でも雷鳥さんはパチリ♡
b0183911_07344574.jpg

なんと3羽もお出迎え!
大サービス状態だわ〜



樹木が増えてきて、もうすぐ小屋だよーという辺りで…

前を行くFさん、Tちゃんから悲鳴が…

んんー?
と慌てて二人の視線の先を見ると熊らしきシルエットが…

なんと、Fさん、Tちゃんは熊が慌てふためいて走って逃げていく姿を見たとのこと…。びっくりしたー。


ここから三人で歌を歌いながら小屋まで。



暴風雨&熊にもめげず、スゴ乗り越え小屋到着〜
b0183911_07403286.jpg

前の山小屋から連絡を受けていた小屋の方が出迎えてくださってました。無事で良かったねーて。


なんと、お盆休みというのに小屋には私達以外にたった二人だけというほぼ貸し切り状態〜。みなさん台風でキャンセルだったんだって。

b0183911_07442242.jpg


ずぶ濡れの身体を乾いた衣服に着替えて…
とりあえず…
b0183911_07452821.jpg

カンパーイ♪

晩御飯も美味しいね。
b0183911_07460451.jpg


ご飯の後は作業。
b0183911_07463424.jpg

明日使うために…
b0183911_07465785.jpg

Tちゃんが応援用のフラッグを用意してくれました。Tちゃんさすが!気が利くねー。


この日の深夜、TJARはスタートです。携帯の電波通じず、台風でもスタートしたのか定かじゃなかったけど、明日コチラに向かって来るであろう選手達のことを思うとワクワク〜の私達♪

この日は20時頃就寝。



[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-25 21:18 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

南アルプストレイルラン 鳳凰三山&仙丈ヶ岳 二日目 仙丈ヶ岳♪

おはよっ。
b0183911_21235670.jpg
南アルプスの二日目。
朝5時頃起床。
b0183911_21235892.jpg
スティック状の納豆美味し♡



この日の目的は南アルプスの女王様、仙丈ヶ岳へ。
北沢峠まで6:50発の南アルプス市営バスで移動です。
b0183911_21240129.jpg
30分程で北沢峠着。
先月も来たね〜。
b0183911_21240204.jpg
7月の連休になってもまだ大平山荘からのルートが積雪で通行止めで、こもれび山荘からのルートの仙丈ヶ岳〜馬の背ヒュッテ〜こもれび山荘のピストンコースへ。8時前スタートです。
b0183911_21240469.jpg
雨で緑が活き活きしてるね。
b0183911_21240511.jpg
小仙丈ヶ岳手前で雨に
b0183911_21240788.jpg


うーん、曇って見えない〜。
たぶん前方に女王様の姿が見えるはずなんだけど…
b0183911_21240846.jpg
小仙丈ヶ岳到着。
小さい僕も登ってきています。
b0183911_21240974.jpg

たまーに晴れて、視界が広がります。
美しい稜線。
わーい。

b0183911_21241480.jpg
で、この3000m手前にして、前方から「ハナちゃーん!!」との声が…

!!??

なーんと。
名古屋のSさんでした〜。



毎週のようにアルプスに登っているのはFBで見てしってたけど、まさか2900mで遭遇するとは。
お友達とのアルプスでのバッタリ…嬉しいですねぇ。





そんなこんなでテンションアップで仙丈ヶ岳到着〜。
私人生二回目の3000メートル越え。
b0183911_21241843.jpg
b0183911_21242119.jpg
本来、お花畑の広がる景色が見れるはずなんですが、
ガスで視界が悪く手前のお花だけをパチリ。
3000メートルに可憐に咲くお花さん達♡



寒さで山頂はすぐさま撤退〜。
少し下った仙丈小屋にてお約束のカップヌードル♪
b0183911_21242496.jpg


少し休息して、
馬の背ヒュッテ経由で下山します。
b0183911_21242620.jpg
今年は雪渓がいっぱいまだ残っているとか。
b0183911_21242769.jpg



走れる下りなのですが、登山客いっぱいなのでここはゆくりと。
b0183911_21243100.jpg

b0183911_21243334.jpg

登りの半分くらいの時間で北沢峠に下山出来ました。




こもれび山荘にて…
b0183911_21243535.jpg

おつかれさま〜。
b0183911_21243627.jpg
13:30のバスの時間まで1時間近くあったのでこもれびさんそうでのーんびりしてたら、
こもれび山荘のスタッフから声をかけられました。
「先月も来てましたよね?」って

TJARの予選会の時たまたまここに来たことを覚えてくださってました〜。
しかもPゴニア白馬のスタッフで、もともと京都の方。
そして、もう一人は10月から神戸に移住するという方。
共通の知人も多く盛り上がりました〜。
人って繋がってるね。



---
北沢峠〜広河原まで30分程。
広河原〜芦安〜竜王まで2時間程。

現在早川尾根も通行止めになっているため、
なかなかアクセスの難しい仙丈ヶ岳でしたが、
先月の宿題?を片付けられて良かったな。



今年二回目の南アルプス。
二回ともいつもの嘔吐を繰り返す高山病にならずに下山できました。
少し高地になれてきたかも。。



やっぱり山はいいなぁ…
そして、もっともっと行ったことのない山々へ行きたくなりました。
Yさん、今回もありがとうございました!




b0183911_12004374.png

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-12 12:09 | トレイルラン(トリップ) | Comments(2)

南アルプストレイルラン 鳳凰三山&仙丈ヶ岳 1日目



ブランド水だね…
b0183911_21204092.jpg


7月の連休は再び南アルプスへ。


今回Yさんの立ててくれたプランは、
1日目:夜叉神峠〜鳳凰三山〜白凰峠〜広河原、広河原山荘泊 2日目:北沢峠〜仙丈ヶ岳〜仙丈小屋〜馬の背ヒュッテ〜北沢峠、というルート。

が、一週間前の台風の土砂崩れで夜叉神峠〜広河原のバスが不通となり、竜王に車を置いて、バスで夜叉神峠へ向かうという、行きも帰りもバスに頼るプランとなりました〜。


b0183911_21201019.jpg
竜王駐車場にて車中泊で仮眠。
バスにて夜叉神峠にむかい、朝6時頃、夜叉神峠登山口をスタート〜。


急登がいきなりありますが、比較的登りやすいトレイル。
ずんずん進んで
b0183911_21201437.jpg
夜叉神峠へ。
雨の予報が晴れてて、嬉しいねー。
向こうに見えるのは白根三山かな〜。
b0183911_21201909.jpg
今回のお供はまたまたYさん。
実はRちゃんも参加予定だったのですが、体調不良で急遽キャンセル。。Rちゃん、ご一緒できず、ホント残念でした…

b0183911_21202331.jpg
(Yさん、またまた木と交信中…? 笑)



登りがつづきますが、
やっぱり南アルプスの樹林帯、好きだなぁ〜
b0183911_21202617.jpg
苺平を経て
b0183911_21203166.jpg
南小室小屋へ。
b0183911_21203818.jpg


ここでもうお馴染みになっちゃったカップヌードル♪
b0183911_21204448.jpg
山で食べるとなんでこんなに美味しいんだろうねー。




ここから先、樹林帯を超えたら
b0183911_21204980.jpg


あーっ、これぞ南アの景色が!が目の前に!
b0183911_21205260.jpg


b0183911_21205734.jpg
岩と砂礫のトレイル!!
南アルプスの景色だわ〜〜
嬉しいなぁ。



まずは薬師岳をクリア。
b0183911_21205984.jpg
ずんずん進んで
b0183911_21210263.jpg
観音岳もクリア。
b0183911_21210924.jpg
鳳凰三山をめぐる稜線のトレイル、本当にステキ♡



賽の河原に一旦降りて…
b0183911_21211146.jpg
あーん。
ガスが出てきた〜(涙)




Yさんが、少し待ってみよう…
ということで、Yさん持参のお座りシートに座らせていただき、
のんびり補給食食べながら待つこと数分…
(シート、本当に快適でした〜(^^))

b0183911_21212259.jpg


少し晴れてきたかな〜と思ったら…
b0183911_21212533.jpg
地蔵岳のオベリスク
どーん〜。

これぞまさに南アルプスの風景!
ホント感激〜
b0183911_21213282.jpg
嬉しくって、大写真大会?となりました。

b0183911_10033606.jpg

b0183911_21200861.jpg
晴れた晴れた〜
オベリスクが見れて嬉しいね。




少しゆっくりし過ぎたので、
先を急ぎます。

b0183911_21213869.jpg
鳳凰三山行きで注意されたのが、
とにかく13時くらいまでには稜線を抜けること。
南アルプスの稜線は午後からカミナリ酷く
毎年雷で命を落とす方がいるのです。
b0183911_21213927.jpg
白凰峠を超えて
b0183911_21214172.jpg
白川尾根には当分行けそうに無いですね〜
ここから広河原へ下山。
雷は大丈夫でした〜
b0183911_21214661.jpg


少し雨も降ってきましたが、樹林帯を抜け、下って下って…
1時間半程で広河原到着〜
b0183911_21214832.jpg
本日のお宿は広河原山荘。
b0183911_21214996.jpg
バスの不通が影響してか、連休なのに比較的空いていてラッキーでした。


寝床を確保して、
少し休んで、お散歩した後に
b0183911_21215108.jpg
山のビール、美味しいね♪



そして、ここの夕食は…
b0183911_21215224.jpg
なんと赤ワイン付き。
甘い赤ワインが山の疲れに美味しかった〜!


b0183911_21215538.jpg
夕食が終わった後も、まったり〜。
ネットも通じず、何も無い、山小屋の夜時間。
人との語らいが一番の娯楽。
なんだか贅沢だね〜(*^^*)




この日は8時ごろ就寝。






二日目に、続く…

[PR]
by tekuteku-m | 2014-08-08 23:11 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧