カテゴリ:トレイルラン(レース)( 64 )

Green Frontier Hiraodai 平尾台トレランレース参戦記1

週末は北九州の平尾台で開催されたトレイルランニングレース、
Green Frontier Hiraodaiのロングコース40キロに参加。
石川弘樹さんプロデュースのレース参戦2回目です。

土曜日、朝7時に家を出て新幹線で一路小倉へ。
新幹線の中でNさんと落ち合い、小倉駅でNさん、M君、Kさんと合流。
5人でとりあえずホテルに荷物を預け、時間があるので、小倉城へランニング。


b0183911_2229214.jpg

b0183911_22293220.jpg

小倉は新しい建物がいっぱい、緑もいっぱい。
整備されていてキレイな街でしたー。


昼前にTさんも合流して小倉のお魚ランチ
b0183911_22305522.jpg

お刺身美味!
レース一日前なので、ご飯もおかわりして…

午後から受付会場の北九州国際会議場へ。
b0183911_22331478.jpg

受付を済ませ、レースの映画を見たり、企業ブース等を覗いたりで時間をつぶす。

ここで植樹に参加していた京都のN君、神奈川のA君、金沢のMさんの斑尾組と合流。
しばし、歓談〜。Mさんの買って来てくれた小倉名物のパンが美味。
b0183911_22354982.jpg


しばらくして、石川弘樹さんのコースガイダンスが始まる。
b0183911_2237691.jpg

明日走る40キロのコースの説明。
予想以上の「ここは日本なのか?」的風景をスライドで見てちょっとキモチが昂ったり。

その後競技説明会を受けお待ちかねの夕食会。
b0183911_22391180.jpg

斑尾レースの教訓、食べ過ぎない、アルコールは飲まない…ということで、
のんびり食事。


RWSの方々、Sky High Mountainの方々、いろいろ知り合いにもお会い出来
なんだか楽しいひと時でしたー。

北九州市長などもいらっしゃっており、協賛企業もいっぱい。
何故か出口で市長からの握手?
参加している方もちょっぴりウレシい歓待モード満載の会でしたー。



19:30には退散し、ホテルへ。
この日は21:30頃就寝。
[PR]
by tekuteku-m | 2010-04-19 22:47 | トレイルラン(レース) | Comments(4)

真面目モード

本日、東山三十六峰トレランのレースに参加。
京都東山トレイルを宝ケ池から伏見稲荷までの30k。
手作りなレースだけど参加1000人と結構参加人数の多いレース。

まず、国際会館前に到着して、つり下げられているゼッケンをとる。
受け付け無し…(汗)
b0183911_23164939.jpg


そして、アナウンスや開会宣言などなく
時間がきたらいきなりスタート…(汗)
b0183911_23173610.jpg


まずは宝ケ池をぐるりと周り、一般道を走って山へ。
なんと、電車が通って走れなくなったり。
b0183911_23185780.jpg


シングルトラックは、渋滞で走れなかったり
b0183911_23192759.jpg


なんだか、結構テキトーな感じのレースでしたー。

---
私はというと、膝の調子が良くなく最初から戦意喪失?
後方スタートで、とにかく30k走れる膝を…と
ゆっくり走る。

最初の山で既に膝に違和感。
イテテテと心の中でつぶやき第一エイドへ。
すでに仲間6人は先へ…(涙)
第二エイドまでの大文字山の登りより、降りは本当に痛くて痛くて。
ああ、膝の痛みなく気持よくチカラをだしきって走れるようになりたいな…
と真剣に思う。

3つあるエイドでほとんど休むことなく、
無理をしないスピードで走って
なんとか、4時間半程でゴールインしましたー。


--
二回目のトレランレース、感想は…
なんか、しんどかったーという感じ。
斑尾のレースは、石川弘樹さんが提唱する自然を楽しみレースを楽しむ、
そういうランナーが多く、あまりがつがつしていなかったかな。
声をかけあったり、前後する初対面の人としゃべりながら走ったり、
ビューポイントでは撮影をしたり…エイドで雑談したり

が、今回のレースは無理矢理抜かしてくる人、
無言で抜かす人、道を譲らない人…
石川さんの提唱するようなマナーはあまり見られず。。
そして、エイドでのんびり休息したり、写真をゆっくり撮ったりする人もいず、
ひたすら「走る」真面目モード?なレースでした。

恐らく、レースの主旨が違うのだろうとは思うけど、
斑尾の楽しいレースを経験した身にとっては、
ちょっとしんどかったなーとキツさが残るレースでした。

ただ、ボランテイアの方々は斑尾と同じく、温かい声援をおくってくださり、
それは本当に心強かった…
心温まる声援をおくってくださったボランテイアの皆様には感謝emoticon-0171-star.gif


あと、会場でいろんな方々にお会いできたのは嬉しかったー。
ランニング教室のIさん、Yさん、
会社のTさん、
先々週のイベントでお会いした方々。
そして、斑尾をご一緒したA君、N君、Mさん。
神戸から応援にきてくれたY君。
その他…

レースはキツかったけど、
楽しい一日でした♪
[PR]
by tekuteku-m | 2009-12-13 23:42 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

Madarao Forest Trail 50k 〜当日〜

朝四時前に起床。
もちろん、外は真っ暗…
同室のMさんと昨日貼り方を教わった「ニューハレ」を貼りあう。
なんやかやしていると1時間あっという間に過ぎ、
バタバタと荷物をまとめて車で会場入り。

5時から始まっている朝食会へ。
ちょっと緊張した空気の流れる会場。
b0183911_2313376.jpg


メニューは
牛乳、コーヒー、おにぎり、バナナ、菓子パン(あんぱん)ミネストローネ、
(写真は半分くらい食べてから撮影、この後ホットドッグをあんぱんに変える…)
b0183911_23253915.jpg


昨日のパーティで食べ過ぎてて、食欲全く無し。
でも、今から50キロ走るのだから!と無理矢理お腹に詰め込む。

スタートまで、ストレッチしたり水分を補給したりまたまた準備していたらあっという間。
なんとなく緊張した空気のままスタートゲートへ。
まだ薄暗い…
b0183911_23295925.jpg


「また、ここで会おうね〜」と言い合いい、
仲間と手を重ねて「エイエイオー」をしたり、握手をしあったり
「フォー」と奇声を発したり…もの凄い高揚感とこれからの50キロの山にたいする緊張感。
妙なテンションで緊張感がピークの中、
石川弘樹さんDJのカウントダウンが始まり、いざスタート。
50キロの旅へ〜。



ゆっくり行こう〜と最初はゆっくり走り出す。
最初から坂を登るけど、調子は上々。
ちょっぴり渋滞したりもしながらのんびり走る。
約7キロ走ったところで第一エイド。アミノ酸飲料「MUSASHI」を飲む。
ここで、Nさんに会う。お互い「頑張って〜」と声をかけあう。

次の20キロ手前の第二エイドまでは、長い長い砂利道の林道。
ここで先日試走会でご一緒したご夫婦とお会いし、少し話しながら走る。
林道はやはり苦しくなり、何度も歩く。
でも、途中の絶景スポットではしっかり撮影。
b0183911_23363735.jpg

楽しむ系の人が多い大会なので、
みんな足を止めて景色を撮影していて良い感じ〜(笑)
b0183911_2338178.jpg


長い林道を終え、第二エイド到着。「MUSASHI」を飲み、持参したスポーツジェルを飲む。
ここから、斑尾山への登りへ。
這うように登る急な坂も、ふと後ろを見ると眼下に輝く湖と遠くの山々が美しいこと。
ぜいぜい言いながらも、景色に癒される登りでしたー。
b0183911_2340358.jpg


斑尾山からの下りはスキー場の激坂。
今回はどうかな〜とおそるおそる降りるも、
やはり、膝が痛くなって来て。
なんどもしゃがんでは屈伸したり、立ち止まったり。
追い抜かされる人に「大丈夫??」と何度も声をかけていただく。
みんな優しいなぁ。。

斑尾山を下りきったところ、24キロ地点で第三エイド。
「MUSASHI」、パワーバー、ジャガイモ、コーラ、バナナをぱくぱく食べる。
ここでMさんと会う。膝がヤバイわ…と一応伝えておく。


次の山は袴岳。登りはすいすい、下りはヨタヨタを繰り返していたら、
激坂で膝がつってしまう。
やはり、毎日午前様のここ一ヶ月の激務が響いてるのかな?
あきらかな調整不足だなぁ…とトホホな気分。
それにしてもあまりの激痛に激坂の崖っぷちで止まってしまう。
冷却スプレーをふり、アスリートソルトを補給するも痛みは収まらず…。
この時点で膝はノックアウト。
ここから残り約20キロをひたすら早歩きで進むことに…


下りヨタヨタ、登りガシガシを繰り返し、第4エイドへ。
「MUSASHI」、巨峰、バナナ、笹寿司!、チップスターをぱくぱく。
ジェルや持参のお菓子も食して、いざ出発。
制限時間20分前になんとか第二関門は突破。
とにかく走れないので、残りの15キロの長いこと。。。
b0183911_0213531.jpg

あまりの辛さに?記念撮影「35キロ地点(あと15キロ)」


もうこのくらいになると、「故障」している人ばかり。
会う人みんな「頑張りましょうね〜〜」とお互いへの声援。
すっかり走れない状態で43キロ地点の第5エイドへ。
膝が痛い〜と訴えると「棄権します?」とあっさり言われて、
なんでやねん〜!!となかば逆切れ状態?で「行きます!!emoticon-0112-wondering.gif」と答えて、出発。

もう、とにかく時間との勝負。
一歩一歩が痛いので、もうあきらめたら楽やんワタシ〜…と半ば精神崩壊状態…。
深い森の中一人で足を引きずって歩いていると心細くてもうなんだか泣けてくるんだけど、
「泣いてもしょうがないよーー」とココロの葛藤。
足的にも、精神的にも本当にしんどい最後の7.7キロでした…。


結局、制限時間10分前のギリギリのゴール。
心配してくれていたMさん、Nさんがゲレンデをヨタヨタ降りてくる私をみつけ、
駆け寄ってくれて、3人一緒の感動的ゴール、
でも私にとってはちょっと情けない気持ちのゴールでしたー。


でも、まぁ…
とにかく50キロ完走できたことは本当にうれしかったー!!

あちこちで、励ましの声をかけていただいき、
温かい運営をしてくださった斑尾の人々にはココロから感謝。
山や自然に対する謙虚なココロを説いた石川弘樹さんの考え方は
50キロも山を走るとすんなりココロに入ってきて。
素敵な大会をプロデュースしてくださった石川さん、ありがとうございました!

制限時間ギリギリまで、待っていてくれたNさん、Mさん、Nくん、Yくん。
ゴール後の歓待が本当に嬉しかったです!
ありがとうございましたー。


これ程までにカラダを極限まで動かし山を走る…
私も木や土と同じ自然界の一部なんだなぁ、と森の中でふと。
当たり前なんだけど、不思議にも心の底からこんな感覚が湧いて来たレースでした。

またリベンジ…したいかも。。







.

b0183911_0353537.jpg



[PR]
by tekuteku-m | 2009-10-08 00:53 | トレイルラン(レース) | Comments(6)

Madarao Forest Trail 50k 〜前日〜

週末は、待ちに待ったMadarao Forest Trail 50k参加のために、長野県へ。

朝6時半に家を出て、新幹線で名古屋、特急に乗り換えて11時頃長野着。
車中はひたすら爆睡…
毎日深夜帰りが続いていたので、とにかく眠る眠る〜。。

11時に長野駅にてお蕎を食べる。
大会前日なので、がっつり炭水化物を…
b0183911_085923.jpg


歯ごたえのしっかりしたお蕎が美味しい〜。
長野駅をちょろちょろしていると、トレランっぽい格好の人がちらほら。
みんな斑尾行きかしら…となんだかワクワク。

---
12時発の大会シャトルバスにて一路斑尾高原へ。
13時過ぎに降り立った斑尾高原は涼しくってびっくり。
高原の風だぁ〜と、ワクワクが倍増。
現地で、金沢のMさん、京都のN君、大阪のNさんご一行と合流。
神戸のY君とも会って、RWSの王子とも遭遇したり、大会のブースを行ったり来たり、ぶらぶら。
b0183911_0122443.jpg

グッズが破格の値段で販売されており、意味なく?ラフマのポーチ等をゲット。

石川弘樹さんのトレランクリニックに参加し…
b0183911_0132665.jpg


テーピングの貼り方講座も参加し…
b0183911_0135970.jpg


コースガイダンスも参加して、
最後は夕食パーティ。
b0183911_0143910.jpg


ボリュームたっぷり、レース前日なのでいっぱい食べる。
途中、地元の方々の太鼓のパフォーマンスもあり、
b0183911_0153977.jpg


ものすごく和気あいあいとした空気のパーティでしたー。
私は、長野駅から既にワクワクしっぱなしだったので、
ややぐったりしながら宿へ。
準備をして10時過ぎに就寝しました。
[PR]
by tekuteku-m | 2009-10-07 23:40 | トレイルラン(レース) | Comments(2)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧