カテゴリ:旅( 38 )

カナダレポ、もう少しで終わりです。
(長い!!)

---
この日も朝からスタンレーパークをジョグ♪

ダウンタウンを抜けて
b0183911_22292634.jpg


対岸にキツラノが見えます。
b0183911_22292863.jpg


今朝は道が凍ってる!!
日増しに気温が下がって行くのがわかります。
b0183911_22293250.jpg


朝ご飯はすっかりお気に入りのオーガニックスーパー、ケイパーズへ。
「好きな物」ばかりを贅沢に揃えました!
b0183911_22293577.jpg

・オーガニックのベリーミックス たっぷり!
・焼きたてスコーン
・豆乳のヨーグルト
・オーガニックの牛乳
・オーガニックの紅茶

これ、豆乳のヨーグルト、soyogurt!
b0183911_22293615.jpg

甘い絹ごし豆腐??な感じでしたが慣れると美味しい!!
とにかく朝のフルーツ大好きなので、シアワセな朝ご飯でした。

--
この日は一人でふらふらお買い物&街中を散策。

超有名、マウンテンイクイップメントにてアウトドアのお買い物したり
b0183911_22294372.jpg


またUBCへ。
b0183911_22405696.jpg

お気に入りだったカフェへ。
b0183911_22405479.jpg

b0183911_22294470.jpg


ただ、バスに乗って人や街の景色を眺めているだけで本当に楽しい。



旅の途中、何も無い一日て贅沢だな…

b0183911_22475530.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-12-22 23:27 | | Comments(0)

桐島ノエルさんのご自宅の後は4thストリートをぷらぷら。

朝ご飯食べずにヨガを2レッスンも受けたのでお腹ペコペコ〜
キツラノで有名なオーガニックカフェ&パイのお店
Aphrodie'sへ。

こじんまりした外観。
b0183911_22293951.jpg


ベジタリアンキッシュ〜
キッシュの生地がサックサク♪
b0183911_22464162.jpg

マッシュルームベジタリアンと書いてありましたが、お味はシイタケ。
日本の茶碗蒸しに少し似た感じ??
優しいお味で大満足でした〜



お腹を満たした後はバスで移動して
グランビルアイランドへ。



市場をふらふら。
b0183911_22294567.jpg

私、ベリー類が大好物。
買って帰ってホテルで大人食い?したい衝動を押さえるのに必死でした〜

見ているだけでお腹いっぱい〜
b0183911_22294718.jpg



と、ここで外は激しい雹が降り出して。
雹から雨に変わり大雨に。。


4時のおやつ?とここでグランビルアイランドビールの醸造所へ避難。
醸造所ツアーに参加しようかと思ったけど、誘惑に勝てず…

地ビール飲みくらべセット♪
なんと3種類のビールが選べて5$!!
b0183911_22295381.jpg

し、しあわせっす…

ハロウィンスペシャルのビールは
後味にほんのりカボチャ味がして美味しかった〜

見学を断念した醸造所を眺めながら…
b0183911_22295523.jpg

ああ、休暇なんだなぁ…
なんて。





b0183911_22355527.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-12-10 23:43 | | Comments(0)

この日は朝7:30からダウンタウンにてヨガ!!
b0183911_2221165.jpg


カナダで絶大な人気を誇るバンクーバー発祥のヨガブランドlulu lemonのお店で開かれるレッスンに参加してきました〜。


インストラクターはlulu lemonのアンバサダーでもある
micoさんことmaikoさん!
日本でブログを見ていてお会いしたいと思っていたのでラッキーです!

やはり参加者には日本人が多かった…
みなさん、お仕事前なのかな〜
b0183911_2221186.jpg

ハタヨガでした。
呼吸を重視する感じでリラックスできるヨガでした〜。



---
maikoさんのレッスンを終え、
そのままヨガウエアの上にダウンジャケットを着込んで向かった先は…


キツラノの住宅街!
b0183911_22211988.jpg

今や高級住宅地で大きなお家がいっぱいです。


で、訪ねたお宅は…
b0183911_22212749.jpg


この写真を見て、おっ!!と思う方はバンクーバー通??
↓こちらの本に掲載されています。
b0183911_22414911.jpg


今回のカナダ旅行のバイブルとなっている桐島洋子さんのバンクーバー案内です。ソルトスプリング島へ足を運んだのもこのご本の影響。桐島洋子さんのご自宅も載っています。今回ご縁あって、桐島洋子さんの娘さん、桐島ノエルさんのご自宅で開催されているヨガに参加させていただいたのです〜!!

なんと本日ダブルヨガ!

ドキドキしながらインターホンをならすと、
気さくな笑顔でノエルさん登場〜072.gif
なんていうか、壁がない明るさでホッとします。
(あいにく桐島洋子さんは帰国中でお会いできず)

この日の生徒は4人。
私たちの他2名の女性はバンクーバー在住10年以上の現地の方でした。

クンダリーニヨガという曼荼羅を唱えながら行う
少し変わったヨガを体験しました。
同じ動作を何度もくり返すので、ややハードですが
不思議に心が落ち着くヨガでした〜。

終わった後はお茶を煎れていただき
これまたご本に載っていたキッチンにてしばし談笑。

最後は途中まで車で送っていただき感謝感動の数時間。



ノエルさん、素敵な方でしたーー!!
扉を開けて姿を見た瞬間、オーラが違う!!を実感。
生まれ持った素質というか、ベースにある明るい部分が表面ににじみ出ているような。
スペシャルな感じを受けました。

ヨガウエアもステキで、顔が小さくってスタイルも良かった〜
(ご自宅なので、失礼かと思い写真無しです…)


ノエルさんの親切さやフレンドリーさに感動しまくりの私たち。



どう考えても、この旅ラッキーだわ…
b0183911_2218447.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-12-03 22:20 | | Comments(0)

UBC訪問の最後は
キャンパス内にある人類学博物館へ。

先住民族に関するコレクションは世界有数の博物館。
b0183911_2152277.jpg



UBCの学生は無料。
入館料がいくらか知らなかったのですが…
14$+tax!!
小さな博物館ですが、いいお値段だったのですね。。
b0183911_21524100.jpg


ちょっと休息。
b0183911_21521148.jpg



この内股ちゃん、覚えてる!
b0183911_2152714.jpg



外にでると、バンクーバー名物の雨!!
秋のこの時期は本来毎日雨なんですよね〜
b0183911_2152877.jpg



懐かし話が花咲く今日の夕食は…
地ビールのペールエール(めちゃくちゃ美味しかった!!)とサラダ。
軽めに。
b0183911_2152815.jpg







当時、先住民族のアートにはウィットを感じたのですが、
学んで行くうちに悲しい歴史が多いことを知りました…
b0183911_2212719.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-30 22:44 | | Comments(0)

ベジタリアンなブランチの後は懐かしすぎる場所、
私たちが学んだ…UBCへ!

Mちゃんいわく「変わったよ…」とのことでしたが…

住んでいた寮を訪問〜
b0183911_0351552.jpg


内部のこの空気!!変わって無い〜。
事務局のスタッフにお会いすることができましたが、
Kちゃん共々たった一人だけ残っている当時のスタッフ、
シェリーを覚えていませんでした…(汗)

絶対忘れることがない…と当時は思っていた強い記憶…
人間ってある意味凄いというか。
記憶も淘汰されていってしまうんでしょうね。。


わざわざ十ウン年前の集合写真をシェリーが出してくれました。
十ウン年前の自分の姿にはさすがにウルウル…。


構内をふらふら
メイン通り
b0183911_21305569.jpg

こちらはライブラリー
b0183911_21305782.jpg

大好物だったBlue Chip Cookiesのクッキー!!
この味!!変わらない〜。
b0183911_0353631.jpg


UBCのピザ、今も変わらず美味しい!
b0183911_213319100.jpg


散歩に良く来ていたローズガーデン。
b0183911_21315337.jpg




で、「森」だったところに見知らぬ新しい建物がわんさか。
構内は建設ラッシュのようで、建設中の建物がいっぱいでした。
一応国立公園の中に大学があるのですが…
b0183911_0352568.jpg


昔あったカフェテリアは一切無くスターバックスだらけ。。
Mちゃん曰く、ファストフードチェーンを受け入れており、
昔のカフェテリアがほとんど残っていないとのこと。
当時は出店みたいなカフェがあちこちにあったのになぁ。
b0183911_21345251.jpg




新旧、いろいろ。
それにしても十ウン年の歳月はUBCを変えたけど、
幼かった自分の姿と、
考え悩み、そんなに楽しい事ばっかりだったわけじゃないこの時期が
今の自分のベースにしっかりあることを実感しました。

年を重ねて行く事って
けっこういいものかも…なんて。



b0183911_2142313.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-27 22:33 | | Comments(0)

ジョギングの後は一旦ホテルへ戻りシャワー。
この日はバンクーバー在住の友人とブランチ。
キツラノにある老舗のベジタリアンカフェNaamに連れて行ってもらいました〜。

ヒッピーっぽいお店の入り口
b0183911_16273418.jpg



Naam Breakfast♪
b0183911_13101623.jpg


これ、ビーガンパンケーキ!
ミルクも卵も白砂糖も使っていません。
バナナがたっぷり入っていてもちもち食感で美味しかった!

そして、veggie sausages!(ベジソーセージ)
b0183911_13101760.jpg

見た目はソーセージですが、中身は野菜と大豆の加工品。
結構スパイシーで美味しかった〜


友人は日本人とアメリカ人とのハーフ。
(なので日本語OK)
女子3人で懐かしバナシから仕事の話、バンクーバー情報、友人達の近況などなど…
ヨモヤマ話3時間!話しても話しても話足りない!
お店を出たのは1時を過ぎていました〜(汗)。




現地の人と会うと、街にさらに親しみが湧いて来ますね…
Mちゃん、ありがとうねっ



b0183911_1625270.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-22 22:08 | | Comments(0)

昨日のギリシア料理食べ過ぎを解消すべく、
朝一にジョギング!

ダウンタウンの端っこに位置する半島のスタンレーパークへ。
周囲一周が約10キロの舗装路になっており、ジョギングやサイクリングコースとなっています。

行ってきま〜す!
b0183911_1484963.jpg




朝焼け
b0183911_1395340.jpg

早朝に走っているかのように見えますが、この日の日の出は7:55。
朝8時過ぎの画像です。
b0183911_1395592.jpg


空気が冷たくって本当に気持いい!!
気温は日本の真冬くらい。
寄り道するも止まると冷えるのでちょっとだけ。
b0183911_13175297.jpg


カモメちゃん♪
b0183911_1310744.jpg

b0183911_1310192.jpg

約5キロ地点のライオンズゲートブリッジ。
見えにくいですが、頭上は水上飛行機がぶんぶん飛びまくってます。
通勤で使ってるのかな〜?
b0183911_1310483.jpg


アヒルちゃん♪
b0183911_13101179.jpg



10キロあっという間!もっともっと走っていたくなるような気持良さでした〜。
都会のすぐそばにこんなジョギングコースがあるとは!!
豊かな環境だなぁ。。

ちなみに。
スタンレーパークという名前ですが、内部は原生林がのこる「森」。
街から近い分、様々な犯罪がおこりやすい場所。
十ウン年前も一人で行くなと言われていましたが、
今回もジョギングは絶対外周だけにとアドバイスされておりました。
ま、朝の空気はとっても平和でしたが…



スタンレーパーク入り口近くのランニングステーション。
いいな、この環境。
b0183911_16124126.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-19 22:08 | | Comments(0)

この日の朝ご飯はTim Hortonsにて
b0183911_11224226.jpg

日本のミスタードーナツみたいな感じ?

観光案内所に寄って情報を仕入れてから、シーバス(舟)に載ってノースバンクーバーへ。
b0183911_11224561.jpg

これ、シーバスの中。15分程の船旅。

225番のバスに乗って
b0183911_11224734.jpg

向かった先はリン渓谷!
b0183911_1126521.jpg


トレイル入り口の可愛いカフェにて食料を仕入れ、
b0183911_11225051.jpg

地図を見ながら進みます。
b0183911_1122511.jpg


入り口にはこんな看板が…
b0183911_11225352.jpg

超重装備をオススメしております…。

でも、いざトレイルをてくてく歩いているとここはランナーと犬しかいないのか〜??と思える程ジョギング?をしている人ばかり!みんな超軽装〜(笑)一人で走っている人はみな大型犬をお供にしていました。
b0183911_1123161.jpg

b0183911_1123993.jpg


我慢できず、Kちゃん!走っていい??とお願いして、
日頃運動をしていないKちゃんの前後を行ったり来たりと走らせてもらいました〜。
b0183911_1123396.jpg

気持の良いトレイルです。
b0183911_11231284.jpg

昔木を伐採していたとかで至る所に樹齢1000年と思える切り株さん達が。
b0183911_11231467.jpg


森の中でランチ♪
b0183911_112381.jpg

きのこちゃん♪
b0183911_1123549.jpg


MTBも!(走行可能なトレイルが決められていました…)
b0183911_11231658.jpg


きわめつけはコチラの吊り橋!
b0183911_1141249.jpg


お隣の山のキャピラのサスペンションブリッジは観光客向けで有料ですが、
コチラは無料〜。スリルは十分です。

●トレイルメモ
市バス#228のバス停からLynn Headwater Regional Park(公園入り口)〜リンループトレイル〜シダーミルトレイル〜ヘッドウォータートレイル〜リンループトレイル〜吊り橋で約5時間。
リンループトレイルは初心者向け、シダーミル、ヘッドウォーターは中級者向けであまり人に会いませんでした。熊に注意の看板に真面目にビビリながらのラン(ウォーク)。熊鈴必帯です。


帰りはKちゃんと分かれて一人でバスを乗り継いで向かった先は…
b0183911_11474593.jpg

アークテリクスの本社のアウトレット!
(が、品揃えが悪く何も購入せず…涙)



身体をいっぱい動かした気もちの良い一日の締めくくりは…
b0183911_11485992.jpg

大好きなグリーク!ギリシア料理を食べに行きました〜。
ボリュームたっぷり〜



なんとこの日はKちゃんみずから山へ行きたい!と言い出したのです。
ソルトスプリングで山の気持良さにすっかりはまってしまった様子♪

前日のハロウィンツアーで降り掛かった気持の悪〜い気分を
きれいさっぱり森で洗い流せた気持の良い一日でした!
b0183911_11532199.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-18 22:21 | | Comments(2)

ビクトリアからのフェリーはバンクーバー郊外のTsawwassenに到着。
ここからバスとスカイトレインという無人運転の軽電車を乗り継いで
バンクーバーのダウンタウンへ向かいます。


わーい、十ウン年ぶりのバンクーバーのバス!!
b0183911_22194954.jpg


バンクーバーのバス、スカイトレイン、シーバス(舟)はゾーン毎で料金が設定されており、ゾーン1は2.5$、ゾーン2は3.75、ゾーン3は5$です。(十ウン年前からかなり値上がりしとるがな…)90以内なら乗り換え、乗り降り自由、今回はダウンタウンまで5$で行けました〜。


スカイトレインの車内。
bicycle areaと記載された自転車専用のスペースがステキ〜
b0183911_22194991.jpg


1時間程でダウンタウン到着〜

な…懐かしい!!
b0183911_22195212.jpg


b0183911_1183439.jpg


お宿にとりあえず荷物を置きに。
Barclay Hotel 一泊一部屋65$の安ホテル…
でも内装がカワイイ!!
b0183911_22195746.jpg


荷物を置いて落ち着いてから
バンクーバーアートミュージアムのカフェにて遅めのランチ。
ターキー(七面鳥)のサンドイッチとサラダ、ホットミルク。
b0183911_22195859.jpg

ボリューミーなサンドイッチが懐かしくって。
野菜たっぷりで美味しかった!

夕方まで街中をぷらぷら。
観光エリアのカナダプレイス。
b0183911_2220468.jpg




この日はちょうどハロウィン。
せっかくなので…とKちゃんが日本で調べていたハロウィンツアーに参加しました〜。

私たちが期待していたのは、可愛いハロウィンのディスプレイを見学すること。かわいい子ども達の仮装なんかが見られるかな…なんてワクワクしながら参加。

こちらツアーバス。
b0183911_2220673.jpg



こちら、運転手さん… !!
車内もハロウィン仕様にディスプレイされており、クモの巣だらけ!?
b0183911_2220792.jpg


参加者も仮装率高し…
b0183911_2220912.jpg

ウォーリーかな??


額から血を流す仮装をしたバスガイドのお姉さんの案内でツアーは始まり…
この辺りから、な、なんか違う…??
とは感じていたのですが…。

まずバスで向かったのはスタンレーパーク。
ここでは死者がでると木に吊るしたとか、
◯年前の◯◯の戦いで死んだ人の霊が彷徨っているとかうんぬんかんぬん…(英語聞き取れず…)
あまりに興味がうすいため、時差ぼけもあり即こっくりこっくり…(汗)

次に目覚めた時には住宅街で、
家族を斧で惨殺した高校生の話をしてその現場だった家を紹介したり…

どうもこれは怪談話ツアーなんだと悟りました…


なんとバンクーバーで一番古い墓地にある惨殺された◯◯さんのお墓を訪ねたり
b0183911_22201025.jpg

(夜のお墓、気味悪すぎるんですけど〜〜)
カナディアン、墓地は気持悪くないのかしら〜〜???


きわめつけはココ!!!
夜のポリスミュージアム!!
b0183911_22201261.jpg




何故か照明の消された廊下を懐中電灯頼りに進んだ展示室には
過去に惨殺された人々の死体の写真の展示があったり…
(あまりに気味悪すぎて全く見ず!!)
実際の凶器がずら〜とガラスケースに収められていたり

昔の死体安置所を見せてもらったり、
(ロッカーみたいなやつ。吐き気全開…)
実際に1995年まで死体解剖を行っていた部屋を案内され解剖の方法を紹介されたり
(もう、怖すぎる…)

途中、女の子が気持悪くなり退散しておりました…
自分の英語力の弱さがなんとありがたいと思ったことか!!
詳細聞き取れなくってよかった…


こんな中でも、面白かったのが死体解剖室で学芸員が説明を終え「何か質問は?」と参加者に尋ねたところ、「あなたは何故この職業を選んだのですか?」という学芸員に対する質問があったこと。葬儀屋さんに何故葬儀屋になったのですか?と聞くのと同じ感じかな??

この時の学芸員の答えは「家系によるもの」と「こうして惨殺された人の展示をすることは死者を弔うこと…云々かんぬん」あまりの気味悪さに下ばかりむいており良く聞き取れませんでしたが、とにかく変わった人がいるんだな…とそんな感じを受けました。


---
アクション映画さえ苦手な恐がりの私にはきついツアーでした〜〜
これも経験か??とは思いつつも
ハロウィン・ホーンテッドツアー、全くオススメしません〜(汗)



疲れ果てたこの日の夕食は
オーガニックスーパー「ケイパーズ」のイートインにて。
スープとサラダとパンの優しい夕食。
b0183911_22201626.jpg






今日は眠れるかしら…(涙)
b0183911_23462957.png

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-17 22:15 | | Comments(0)

ソルトスプリング考


ソルトスプリング島からバンクーバーへの復路はフェリーで!
b0183911_214472.jpg


直行便が無かったため、ビクトリアで大型フェリーに乗りかえて約3時間。往きは水上飛行機でわずか20分の道のりだったけど、帰りはの〜んびり船旅♪
b0183911_2155045.jpg

b0183911_216711.jpg


あんなに朝ご飯食べたのに…
b0183911_2162132.jpg

ちなみに、カナダではスターバックスの「ショート」サイズはメニューにありません。オーダーしたら出してもらえるけど、通常サイズが「ロング」です。。



----
ソルトスプリング島は本当に特殊な場所で興味深かったです。

60〜70年代はヒッピーの集まる島だったそうですが、今やロハスやアートや健康に意識の高いお金持ちの集まる島。庭に滑走路を持ち、バンクーバーまで自家用飛行機で通勤する人もいるとか。。「お金持ち」のケタが違う〜〜

教育熱も高く、たった1万人足らずの人口の島に小学校が5校。その中にインターナショナルスクールやあの独特の教育哲学を持つシュタイナー教育の私立の学校が含まれます。

シャンティのKさんによるとそれでも納得しない親達は、フェリーで20分程のナナイモの私立の学校に子どもを通わせたり、子どもを自宅学習させている科学者の親も少なくないとか。。

びっくりしたのがこの島の小・中学校(14歳まで)は週休3日制!なんと金曜日はお休みなんですって!!そんな環境で育ったKさんの息子カイ君(高校1年生)はものすごく熱心に勉強をしているそうで。実際「プロジェクトの勉強」とリビングでDNAの模型を作っているカイ君を目の当たりにしたので、「学ぶ」ことに対する意欲感じました。自ら学びたいと思ったことはきっと吸収力も違うんだろうなぁ。。


教育熱心と同時に食熱心?というのでしょうか。

オーガニックを掲げる農場が多いのは、やはり需要があるから。やはり「食」、ひいては「健康」への意識が高く食事の元となる食材へのこだわりを持つ人が多いのでしょうか。ヨガがとても盛んなのも繋がっていそう。


マクドナルドもスターバックスも無い…、
のんびりしていて、人がとてもフレンドリーだという「田舎」の面もありつつも、その背景には豊かさや教育熱心な人々が移住して形成されている島という特殊な土地柄でもありました。


私もこんな人々の暮らす環境に将来引っ越してみたいなぁ。。

b0183911_22102268.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2011-11-15 23:50 | | Comments(0)