OMM JAPAN 2016 Ngano Omachi day1

遊びゴコロ…
b0183911_22192703.jpg



11月のお話ですが…

初めて、OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHIに参加してきました〜。


OMMとは、Original Mountain Marathonというイギリス発祥の2日間に渡る山岳レースの略(メーカー名でもあります)エイド一切無し、二日分の食料やテントを担いで二名一組で地図を見て野山を駆け回る一種のアドベンチャーレース。カテゴリーは、スコア(=ロゲイニング)、ストレート(=オリエンテーリング)の2種、それぞれ「ロング」と「ショート」の距離&時間違いの2種類があります。私はスコアのロングに参加してきました〜。


思えば、今年5月、Kちゃんの蓼科での結婚式でのこと。
その時参加していた山仲間達がみなOMMに出場するとのことで、話しが盛り上がり…たまたまその場で富山のFさんからお誘いいただき、「面白そう〜」と思い、気軽な気持ちでスコア/ロングにエントリーしてしまったのです。


ふたを開けたら地図読みやらテント泊やらと、私にとってはハードルの高いものではありました。テント泊の練習を試みた9月の週末がことごとく雨で叶わず(泣) 結局、転勤&引っ越しのバタバタでFさんとの練習も出来ずで、ぶっつけ本番での参加でした。が、こういう新しいチャレンジなんだかワクワクするなぁ…と不安を上回る嬉しさで乗り込んだ長野県でのOMMレース。そんな二日間はいかに…



---
金曜日、富山経由で長野へ。
「広島」からではなく、「神戸」から富山へ行くと近いわーー、とウキウキのサンダーバード。(ちょっと感覚鈍っております…笑)


今回のバディ、Fさんとの打ち合わせ&寄り道兼ねて、富山から車で会場の大町へ向かいます。
久しぶりの長野県、嬉しいな。
b0183911_09294205.jpg

大町での前夜祭会場にて、Kちゃん達、蓼科メンバーと再会でき、これもまた嬉し♪

各メーカーの展示ブースもトレイルランレースとはひと味異なり面白い。
ピリピリした空気はなく、山好きの集まるお祭り〜的空気が本当に楽しい。
b0183911_09335949.jpg
この日はこの鹿島槍スポーツビレッジにお宿(ドミトリー)をとっていたので、温泉を堪能して10時過ぎに就寝。


翌日6時過ぎに起床し、バイキングの朝食とって8時半のスタートに備えます。
8時から順次ウエーブスタートで、私達は最後の方スタートのグループでした。

b0183911_09335978.jpg
土曜日、朝から快晴〜。
青い空と鹿島槍の雪景色が美しかった。


お宿から1キロくらい歩いた場所がスタート地点。
b0183911_09335996.jpg
私,OMM Jirishanca35に、30キロ弱の荷物。Fさんは32キロOMMザック。(テントは私が持っています)
昨夜いろいろアドバイスいただき、荷物かなり減らしました〜。神戸で準備した時は重すぎて大丈夫か??と思っていたけど、最終的にとっても軽くなり、余裕で走れる重さになっておりました。経験豊富なFさんのアドバイスに感謝♪

b0183911_09340003.jpg
1分おきのスタート待ってるの図。
参加者の装備を見るのも楽しい。大きい人も、ビックリするくらい小さい人も。
山を楽しむスタイルはみなそれぞれ。
そんな自由な空気もいいなぁ。
(山と道のザック、カッコいいなぁー)

b0183911_09340077.jpg
8:40頃スタート。
とりあえず、本日の野営地であるゴール方向に近いコントロール(ポイント)目指して走ります。


この日、Fさんと申し合わせたことは、「無理をしない、できるだけ安全な舗装路を行く」でした。
b0183911_09340127.jpg
3つ目のポイントから折り返し、道無き道のスキー場の登りから見下ろした景色。
b0183911_09340185.jpg
気持ちいい〜。
トレイルレースと、ナビゲーションレース、スタイルは違えど山を駆け回り山を楽しむのは同じこと。長野のお山の美しさに感激です。


コントロールというポイントがコチラ。
コチラに選手が身に付けているSIチップを挿入し、記録をしていきます。
b0183911_09340263.jpg
地図はこんな感じ。
b0183911_09350382.jpg
地図の中に示されているコントロールにはそれぞれ得点があり、遠方や見つけにくい場所程、得点が高いとう仕組みです。このコントロールを見つけ、選手どちらかが身に付けているSIチップをパンチさせて、記録していき得点を重ねていきます。今回、走り回れる私がSIチップを身に付けていました。

b0183911_09350332.jpg
経験浅く、要領もわからず、Fさんがどれくらい走れるかもわかていなかったので、一日目はとりやすそうなコントロールを、なるべく舗装路を使って回りました。言ってしまえば「守りに入った??」という感じでしょうか。迷わない、遭難しない?時間内に指定のキャンプ地に到着する、という感じ。
b0183911_09350308.jpg
快晴の青空に北アルプスの秋景色が美しい。

いきなり薮の中から現れる、縦横無尽に走り回る周囲の人達よそ目に安全パイ?でしたが、あまりに得点少なそうなので、最後の方は焦って藪漕ぎ少ししましたが、時既に遅し…。
すこし迷って結局コントロール見つけられず(泣)時間を考慮して諦めて1日目ゴール地点へ。
b0183911_09350487.jpg

まぁ、時間以内に到着してよかったねーって。

既に到着していたAさん達が場所を確保してくださっていたので、早速テント泊の準備。


私、テント初体験〜。
Fさんに教えていただき、担いでいたテントを設営します。
寒いので、まずは下にシートを敷き、
b0183911_09350406.jpg

ペグを通して…
二人で広げたら本当に簡単にテントが設営できました〜。
Fさんテントは「アライ」製。
二人で眠っても充分な広さがありました。
b0183911_09350525.jpg

ストレート女子のトップで戻ってきたKちゃん達はheritageのテント。
色が可愛い♡。この、テント欲しいかも♪
b0183911_09350617.jpg

他の方々のテントや装備を見るのも楽しい。
OMM名物、テントサイトのカラフルなこと。

b0183911_09350544.jpg
初体験の世界。
楽しいなぁ…とテントサイトをあちこちフラフラ。

五時過ぎにやっと日が暮れて、ご飯タイム。
運んで来たワインをホットワインにして飲んだら本当に美味しかった!
日が暮れると一気に冷え込み、アルコールが身体を温めてくれます。


そして、待ちに待った晩ご飯♡
軽量化を図り、炭水化物だらけですが(汗)
お外で食べるごはんの美味しいこと!
b0183911_09350677.jpg

ランタンっぽくしたライト囲み、
のーんびりした自然の中の贅沢な時間。
b0183911_09350629.jpg

19時頃からキャンプファイヤーも灯りました。
木の燃える温もりの温かいこと!
「炎」っていいですね。
b0183911_09360173.jpg

15時半頃到着し、のんび〜り過ごし、
この日は20時半頃就寝。
夜は氷点下5度くらいまで下がる寒さでした。




二日目に続く…








b0183911_09363265.png

[PR]
by tekuteku-m | 2016-12-01 22:06 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧