2016秋 山陰旅 day2 出雲縦断の山旅 Izumo Trail Jouney

10月、神さん集まる地…

b0183911_11120612.jpg

大山下山後はその日のうちに島根の出雲市に移動。お宿に着いたのは既に21時半頃でした…(汗)

翌日はまたまた3時過ぎ起床。広島のラン仲間にピックアップしていただき、出雲大社の北、稲佐の浜へ。
出雲在住のNさん企画、ITJこと「Izumo Trail Jouney」(ステキなネーミング♪(笑))という出雲の山々を地図を見ながら約50キロ縦断するレース形式のイベントに参加、でした〜。

出雲といえば、出雲大社に日本神話の故郷というブランド力。
そんな神様発祥の地、出雲縦断の旅はいかに…


---
稲作の浜から車に分かれて、スタート地点の賀茂岩倉遺跡へ。
スタートで渡された地図とゼッケン。
b0183911_23313844.jpg

ゼッケンがあること自体なんだか嬉しいのですが…
手描きぽくってかわいい♡


b0183911_23314131.jpg
この日、出走したのは15人程。
4〜5名のグループに分かれてのウエーブスタートです。

銅鐸は遺跡の入り口にたまたま設置されていた車よけ。
出雲ぽくってステキ…(笑)


私はCスタートで、地元のOさん先頭に進んだのですが…
スタート30分でいきなりコースアウト(笑)

分岐で不審に思うも、そのまま着いて行ったら…
ああ、これはOMMの練習すべしということだわーと、急に地図読みしだす私(汗)でも走りながらって難しい…。
なんやかや言って、分岐で先頭Oさんが待っていてくれてありがたかったです…(笑)

b0183911_23315899.jpg
最初の大きなピーク、高瀬山。
真っ平の出雲平野が見渡せて気持ちいい。
向こうの山まで走るんだと思うとワクワク♪


途中、後ろから声が聞こえたので、Dグループに追いつかれたと思ったら、なんと!先に出発していたBグループでしたーー。途中でコースアウトしたらしくいつの間にか私達が抜かしてしまった様子…(笑)

ナビゲーションレースならではですね。
こういうの、楽しい〜




最初のチェックポイント。
b0183911_23320108.jpg
無人のチェックポイントはシールが置いてあり、
このシールを地図(又はゼッケン)に貼っていくのがルールです。
b0183911_23320489.jpg

出雲南側の南山を終了したあとは、出雲平野を横断する斐伊川沿いロードを10キロ程走ります。


あっー!!出西窯〜♡
昨年「炎の祭典」でオトナ買いしました。まさかここに走りにくることになるとは…(笑)
寄って行きたい気持ち押さえ、前を進むウルトラランナーAちゃん追いかけます。

b0183911_23321649.jpg

元々フラットなロードは苦手なのですが、この川沿いの10キロのしんどいこと…!
着任前の広島ー大阪を半々ずつ過ごしていた移動生活疲れ??というか大山行きの寝不足??(笑)しんどいわーと思いつつも、まぁ、いいか…とのんびり進むと

b0183911_23321640.jpg

引っ張っていただいていたAちゃんと徐々に距離が離れていき(涙)

b0183911_23321769.jpg
この水量の多い時は水没するという情緒豊かな橋の先で痛恨のコースアウト〜!振り返ると、別のルートをスイーパーが走るのが見えた…(涙)やっちゃったなーという感じで元に戻りスイーパー氏の背中を追いかけるはめに。


ようやく着いた北山への入り口のエイド。

b0183911_23321785.jpg

キッシュに美味しそうなパンに手作りバナナケーキにそうめんに…
充実度と食べ物のセンスの良さに感激でした〜。
ありがとうございました!
b0183911_23321896.jpg
ここで、のんびり一緒に進んでいた方々がみなリタイア〜!?
え??先へ進むの私だけ??
という焦りと、このままだと神戸に帰る電車間にあいませんよという脅し?もあり、
スイーパーN氏を置いて先にスタートしました。





憧れていた出雲、北山へのトレイル。
最初のピーク旅伏山へは登りが続き…

b0183911_23321810.jpg

この神々しい鳥居をくぐると…
ドーン〜

b0183911_23321975.jpg
「わわぁーー」と思わず声を上げてしまった旅伏山からの景色。


真っ平らな出雲平野の美しいこと。

山と川と広い空
ああ、もうそれだけで充分だなと思う。



北山の森。
豊かな生命力溢れる森の瑞々しい空気。
緑が濃いい。
そんな森を息を切らせて走る気持ち良さ。
b0183911_23322068.jpg

気持ちいいなぁ…とこの↑写真を撮っていたらスイーパーN氏に追いつかれる(汗)


急がなきゃイケナイ!スイッチ再びオン〜!が、どこかホッとする私。
一人で進むと慎重な性格が功を奏して?か何度も立ち止まって地図を確認していたのでそれ程スピード出せなかったのです。電車間にあわないかも問題抱えた私なので、さすがにコースアウトしたらスイーパー氏が教えてくれるだろうと、ここから全く立ち止まらずペースアップ〜〜。久しぶりにレースモードでガツガツ進みます。

b0183911_23322078.jpg
鼻高山のピークを越え、
(ここからの景色も最高でした!)
b0183911_23323716.jpg
その先で、やっとAちゃんの後ろ姿をキャッチーー。
ヤッターー。
ここからはなんとなく3人で進みます。




八尾峠から先は川沿いの古道を進むのですが…
b0183911_23323720.jpg
マイナスイオン満載。
この川沿いの苔むした古道のなんとも気持ちの良いこと!先を急がなきゃイケナイのがもったいない。

b0183911_23323814.jpg
ひっそりと歩き継がれて来た出雲北山の古道に思いを馳せながら進みます。神話の故郷だから山がこんなに美しいのではなく、この美しい自然が神話を創ったんだろうなぁ…と思わずにはいられない情緒豊かなトレイルです。


もう、このピークが最後だよ…と教えていただいた出雲大社裏山の弥山。
b0183911_23323839.jpg

ここからも出雲平野も日本海も一望
向こう側に本日スタートした南山が見えます。
ああ、あそこからやってきたんだなーと思うと感慨深い。
まさに「旅」ですねー。
b0183911_23323910.jpg

もう電車時間は大丈夫そうだったので、
Aちゃんにお付き合いいただき、最後は余裕で寄り道なぞ…
b0183911_23323978.jpg
昨日、今日の旅の無事といただいたステキなご縁に感謝しました。
神様(出雲では「かんさん」と言うらしい…)ありがとうございました!


そして、最後は神在月に神様が降りてこられるという稲佐の浜の弁天岩へ

b0183911_23323903.jpg
この岩をタッチしてゴールでした〜。
粋なゴールですね。
約10時間半、良い旅でした。


b0183911_23324079.jpg

ナビゲーション要素あり、岩登り、美しい森や苔むしたトレイルあり、眺望良し、鬼のロード有り…。おもてなしマインドたっぷり、地元の土地への愛情あふれるルートに大満足です。そして山を楽しむことを知っている方々が企画、運営されている空気も楽しかった。何より、こうやって「島根」にご縁ができ出雲の山に走りにこれたこと自体、ありがたいなと思います。
企画のN夫妻を始め、スタッフや一緒に走っていただいたミナサマ、突然現れるご家族のミナサマ(笑)どうもありがとうございました!

b0183911_12464763.png

金曜日の夜に出発、日曜日の深夜に帰宅するという…
まさに目一杯楽しんだ山陰での週末でした。
やっぱり人ですね。
そして島根、鳥取は山も街も器も工芸品も魅力的。
また行きたいなと思います。


b0183911_12465164.png


[PR]
by tekuteku-m | 2016-11-19 22:49 | トレイルラン(トリップ) | Comments(0)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31