熊野古道 大峯奥駈道 2016 day1 強風&初の避難小屋泊編

祈りの道。
願いは通じたのか…
b0183911_20304277.jpg
熊野古道とは熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)へ通じる五つの参詣路のことをいいます。熊野古道の中でも高野山〜熊野本宮大社へ続く小辺路は何度か紹介してきましたが、このGW後半は、初めて大峯奥駈道(吉野〜熊野本宮大社)の北部をのんびり3日かけてトレッキングしてきました〜。


古道好きなのに、今まで何故大峯奥駈道に手を出さなかったのか…
それは「女人禁制」エリアがあることかしら…

やっぱりあまりお迎えされていない感じがしていたこと、
それと女人禁制のため、縦走路が途中から通れなくて一旦里山に下山せざるを得ないので面倒だったため。
でも何故関西にいる時にトライしなかったのか不思議だわ〜〜(汗)


今回いつもの東京&富山の山仲間とご一緒することとなり、
限られた3日間でのルート決めは結構時間がかかりました〜。

意見が一致したのは
・八経ヶ岳に行きたい
・あまりガツガツしたくない
・トレイルランではなくテント&食料背負っての縦走登山
でした。

そんな私達が決めたルートは…
■day1
和佐叉登山口〜大普賢岳〜七曜岳〜行者還避難小屋
■day2
行者還避難小屋〜弥山〜八径ヶ岳〜天川村へ一旦下山 洞川温泉泊
■day3
洞川温泉〜五番関〜大天井ヶ岳〜吉野

結構のーんびりプラン??
そんな女子旅はいかに…






---
東京組の夜行バスが遅れているとのことで、急遽富山のFさん号でバスの降車地までお出迎えとなった初日…
まぁ…旅に想定外は付き物ですね。。
b0183911_20305088.jpg
大和上市駅8:30発の一日一本のゆうゆうバスに無事乗車。
GWまっただ中ですが、それ程混んでいませんでした。


1時間程で和佐又口到着〜
b0183911_20305421.jpg
ここからテクテク舗装路歩いて登山口まで。

新緑がステキ〜♡
b0183911_20305473.jpg

…が、この舗装路の長いこと!!
500m程舗装路で標高を上げます。
初めて背負う荷物の重さのせいか、
見た目(地図)より長い気が…(笑)
(この舗装路、もしタクシーなどが使えるなら端折ることオススメします…)


1時間程で登山口到着
ここからようやくトレイルへ。
b0183911_20305422.jpg

キャンプ場を経て新緑の美しい森。
b0183911_20305490.jpg


---
本日の予報は強風、夕方から暴風雨…
あまり登山には適しない予報ですが、風にも負けず?ガシガシ前へ前へ。

が、風の強さから体感温度の低いこと!
シェルからレインのゴアテックスまで動員、頭もフードほっかむり状態の登りでした〜

b0183911_20305457.jpg
だんだん奥駈道っぽくなってきたかな〜。




b0183911_20305474.jpg
 最初の窟、朝日窟(あさひのいわや)到着〜

b0183911_20305403.jpg
「窟」とは、修験者の方が修行をした洞窟のこと。
祠と経木がいっぱいありました〜。
団体客のハイカーさん達が休息されておりました。



b0183911_20310434.jpg
ここから、窟のオンパレード&急登、鎖、ロープの道が続きます。
途中、あまりの強風のため、下山された方にお会いし、
天候は良くない、ムリはしちゃダメだね…と気持ちが引き締まる思い…


そそり立つ日本岳はピークへいかず、巻いて小普賢岳へ。
b0183911_20310461.jpg
ピークへのルートが無かった日本岳は山水画のような風情。
霧の中の表す姿が幻想的。
b0183911_20310490.jpg

崖っぷちのルートを一旦下って、ガツガツ登ります。

b0183911_20310437.jpg

途中の分岐にて「奥駈道」と合流。
やっと、今回の主題、奥駈ルートにたどり着きました〜。

わーい!
b0183911_20310444.jpg

分岐から直ぐに本日最高峰、大普賢岳へ。
鎖場、よじ登り系の登山道、強風の中、なかなか大変でした〜
b0183911_20310433.jpg

山頂、爆風にふっ飛ばされそうでした〜
(みんな笑顔だけど…←さすが!)

b0183911_20310401.jpg






天気予報の「防風雨」が近づいてきている感があったので、先をとにかく急ぎます。


強風、小雨&霧の中でもこれぞ奥駈!という景色♡
この笹君たちイイなイイな〜
b0183911_20310580.jpg

前方から山伏の格好をされた方が!!
b0183911_20310517.jpg
すれ違い様にお話をしました。
なんと女性!しかもドイツ人!!
和歌山のお寺で修行をされていたとのことで、本物?の修験者の方です。
「女性四人のグループは珍しい」とのこと。
やぱっり奥駈道は男子道なんですよねぇ。



修験者の登場でややテンション高めで大普賢からの降りを進みます。
b0183911_20311472.jpg
鎖場やロープの多いルート。
強風で草木もこんな感じ?


まぁ、アルプスとかに慣れていれば大したことの無い感じでしたが…
なんせビックリするくらいの強風に慣れない大荷物。。
慎重に進みます。


稚児泊手前の苔むした森の美しいこと!
b0183911_20312275.jpg
奥駈道にきたんだなぁという気分が高まります。

ここで、一人でテント泊をするという若い男性にお会いしました。
のーんびり読書したりコーヒーを飲むんだって。
いろんな山の過ごし方があるんだなぁ。。




七曜岳は岩のてっぺん。
b0183911_20312246.jpg
たぶん晴れていたら絶景かな〜〜
b0183911_20312256.jpg
b0183911_20312295.jpg
行者還岳は寄り道のピストン。
意外に距離(標高)がありました〜
b0183911_20312221.jpg
b0183911_20312397.jpg


小屋へ行く前に行者雫水にて水を補給。
ここ、かなりの崖っぷちにある水場です(汗)
b0183911_20312392.jpg
本日のお宿、行者還避難小屋到着〜
b0183911_20312395.jpg
びっくりするくらいりっぱな丸太造りの小屋!
トイレもあります。
到着したら既に1回は満員でしたが、二回を女性専用で使わせていただきました。

本当はテント泊を予定していたのですが、
あまりの強風と防風雨の予報に避難小屋泊にあっさりチェンジ♪



着替えて寝床整えて、整理し…
5時半頃にはゴハン食べて
(この日はアルファカ米チャーハン、みそ汁、プチトマト)
b0183911_20312335.jpg
持ってきていたビールなぞを飲んで
の〜んびり、ま〜ったりおしゃべりなぞするも…

なにもすることもなく、
疲れもあり、7時半頃には就寝〜

まさに贅沢な山小屋タイム♪。
ちなみに、すでに6時頃から階下ではイビキが聞こえておりました…(笑)


この日、
夜のお外の防風雨音は凄かったーー
(稚児泊のテント泊の方を心配してしまいました…)

[PR]
Commented by matsunorida at 2016-05-23 03:23 x
いよっ!待ってました!(笑)かんなり爆風でしたが女子4人だと笑顔なんですねー(^0_0^)行者還のピストン…けっこうやられましたよね(笑)なんだか懐かしい気がします、そしてまた還りたくなるようなあの山々…(遠い目)続きに期待!
Commented by ハナ at 2016-05-23 20:33 x
matsunoriさーん
きゃっ・・(笑)そんな待たないで~
て、私もマツノリさんのblogを何度も見ちゃいましたが・・(笑)
同じ日に同じルート通ってるけど見てるものなんかが違うんですよね!
爆風の中大声でしゃべり倒して歩いていた不謹慎?女子集団でした。
お会いしてたら面白かっただろうなぁ~~
by tekuteku-m | 2016-05-22 23:31 | 登山 | Comments(2)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31