ハセツネ2013 当日 思いがけない展開…

やっぱり日本で一番有名なレース…
b0183911_11513277.jpg



---
ハセツネこと日本山岳耐久レース長谷川恒夫カップ 当日。
朝8:30起き(同室の方々はもっと早く起床してた…)。
スタート近くのお宿だったので、の〜んびり準備して10時過ぎ会場入り。
b0183911_0474499.jpg


受付済ませ、ブースを覗き、準備をしていたらあっという間に13時のスタートの時刻に。
b0183911_041988.jpg

※写真は昨年優勝のダコタ選手!


b0183911_041937.jpg

このギュギュギュ〜と固まっちゃうスタート、ハセツネ名物だな〜。

チームモンタテ男子陣とスタートご一緒させていただきました。昨年の学習で自己申告よりも速い列、完走10時間台の列です〜(笑)ちなみに上の写真「つねお」ヘアーはモンタテのN君。UTMF27時間台の実力者…



スタートと同時に超ダッシュ〜!昨年巻き込まれた渋滞になるべく遭いたくなかったのだけど……
b0183911_0411241.jpg

でもやっぱり渋滞は想定内。
少しずつ動く渋滞なら、ま、いいか…って。
b0183911_0411372.jpg


今熊神社、予定より10分も早く到着。ここから少しペースを落としました。
b0183911_0411766.jpg

今年は快晴のハセツネの森、やっぱりここは気持いいですね。。

醍醐丸で友人、その他の方々の応援。
とっても元気いただきました。
ありがとう。


第一関門、浅間峠。ほぼ予定通り4時間5分で到着。
b0183911_0411934.jpg

(写真ブレブレ…汗)
ここまでライト無しで来れたのが嬉しい。
ここで夜間走の装備にチェンジ。

浅間峠で柿の葉寿司とみかんを消費。
みかん、美味しかった〜。


15分程休息してスタートします。
笛吹き峠まで約1時間。胃腸が気持が悪くなってきたので、笛吹き峠で5分程休息。三頭山の登りが来るまでは比較的走りやすいコースなので気持悪さを抑えて走ります。


キツイ登りを越えた避難小屋でボランティアをしている東京のKちゃんの応援。大きな大きな声で声援を受け、元気いただきました。
素敵な応援、ありがとう〜。



三頭山の山頂にて、気持が悪かったのですが、バテてきている身体にエネルギーをいれるため、無理矢理柿の葉寿司を飲み込みました。ここまでにジェルも3本程消費。

逆流性食道炎が酷かった昨年、何度も経験している胃腸の気持悪さ。いつもこんなに辛かったっけ?と思いながら進みます。月夜見山までの下り、3回激しく転倒。左の足肩を痛めているせいか、すべて左に転倒するのが辛かった。慎重で無茶をしない質なので普段あまり転倒しないのだけど…今思えばここでもうフラフラだったのかな…



第二関門、月夜見山駐車場は予定より少し遅れて8時間20分程で到着。
水が1.5ℓ貰える唯一のエイドです。ご褒美に持参していた牛乳を飲んで、胃薬、サプリ類を補給。
ここで体調を回復すべく10分程横になりましたが、全く回復せず。寒さでかえって調子が悪くなってきているような気もしてスタートすることに。


スタートして1キロ程。
スタートするべきじゃなかったかな…と。
悪寒と胃腸の気持悪さマックスの下り坂。


御前山の登りトレイル側で座り込みジェルを補給。少し休んで立ち上がり、歩き始めたとたん何の前触れもなく嘔吐。声もなく3回で胃腸の中の物を全て吐ききりました。今まで経験したことのないようなドボドボと口から吐き出す大量の吐瀉物、吐き出す量が尋常じゃなく自分でもびっくりして動揺。逆流性食道炎の嘔吐はミゾオチあたりから胃液を吐いている感じなのですが、今回は胃腸の底から吐ききっており、身体が発する強烈な「NO!」を感じました。こんなに胃腸の中にモノが残っていたなんて。あんなに摂取していた電解質やらアミノ酸やら胃薬やらジェルやら…身体に吸収されてなかったのかと。身体にチカラが入らないはずだなって。それまで前向きだった気持がヘナヘナと崩れ落ちていくのが感じられました。


ここで、初めて「リタイア?」の言葉が頭をよぎります。
そして身体の強烈な「NO!」の声にあっさりと、躊躇無く「リタイア」を選択しました。


今までレースは「気持」>「身体」ばかりで、私の気の強さに無理をきいてくれてた私の身体。今回、あんなに口からドボドボと液体が出てきたという身体の激しい拒絶反応に遭い動揺、気持ちの強さに身体がついて来てなかったことに気が付きました…


---
リタイアを決意した時、来た道を戻る第二関門より、前進する大ダワのリタイアポイントまで行くことを選んだのですが…。空っぽの身体ともう終わってしまった気持で真っ暗闇の崖っぷちのトレイルを進むことがどんなに辛かったことか。力が入らない登りと、胸のムカつきに耐えられない下り。そして何の意味も為さない前進に気持が崩れそうになる自分との葛藤。様々なことを感じ、考え、進んだ夜道の先に考え至ったのがハセツネのコンセプトである「自己責任」という考え。自分で準備した装備、食料、自分で選択したリタイア、自分で決めた前進のリタイアポイント…とにかく「自分」でいること、「自分」でいなければならないのだということが前へ進む理由でありエネルギー。

大ダワの明かりと人声が聞こえた時、身体の力がヘナヘナと抜けるのを感じ、真っすぐそのままリタイアブースに進みリタイアを申告。気がついたらら涙目になっており、それを見たスタッフの方のポンポンと肩を二回叩いて「おつかれさま」の声で今年の私のハセツネは終わりました。




静かなリタイア車で賑やかな会場に戻り、既にゴールしていたシゲちゃん達の空気に触れたことがありがたかった。独りで頑張るハセツネの後には、人がもたらす温かみは倍増。背筋を伸ばして座っていた硬いパイプ椅子から、ふんわり柔らかいソファーに飛び込んだような…そんな気持になれました。

H君は11時間台、シゲちゃんは12時間台でゴール。おめでとう。N君は同じくリタイアという結果でした〜。


b0183911_0412281.jpg

ちなみに、Sちゃんは21時間台、Fさんは23時間台でのゴール!
寒暖差の激しい中、長時間に渡りすごいなと思います。
完走おめでとう!





---
不思議と悔しさが感じられなかった今回のリタイア。
思えば故障でトレーニング不足の身にはハイスピードで進み過ぎていたのかもしれません。考えればあの激しい嘔吐は柿の葉寿司の生魚だったのかもしれません(噛まずに飲み込んだし…)ただ、気持の強さに身体が付いて来なかったことは初めての経験。漠然と感じていましたが、そういう身体とも向き合わなければならないお年頃になってきたのかな とも。



レース5年生。
ずっと同じテンション、同じ感覚でレースに出場し続けられるものではないのかな。
そろそろ次のステージに自分が来ている
そんな気が しています。




今年もハセツネの厳しさ、洗礼を受けてしまいました。
こんなガチレース、一つくらいはあってもいいのかな…
って。





応援してくださった方々、ご一緒させていただいた富山のミナサマ、
ボランティアのみなさま、
本当にありがとうございました。









b0183911_1443179.png

[PR]
Commented by しおこぶ at 2013-10-21 10:47 x
お疲れ様でした。「耐久」レースですからね。。過酷なのは当たり前ですよ~。僕も力をつけて、いつか出場してみたいです。
Commented by ハナ* at 2013-10-21 21:59 x
しおこぶさん
コメントありがとうございます〜
しおこぶさんならハセツネ普通にチャレンジできそう♪信越とは対局のレース、来年是非いかがですか〜(^^)
Commented by ドバッツ隊長 at 2013-10-22 20:19 x
お疲れ様でした。
隊長は、第一関門4時間15分でスルー通過しました。
ちょっと予定より早いかなと思ったけど関門の上で友人が
毎年待っててくれるので少しだけ頑張ってしまいました。
今回の戦略は、無理しないでゆっくり大ダワまで進むでした。
しかし、ゆっくりのはずが、まだ速かったのかもしれません。
と言うのは、隊長も第二関門の後、ハナちゃんと全く同じ状態に
なりました。
オーバーワークが原因だと思います。
オーバーワークで胃に変状がおこるんです。
ほんとうに死にそうに辛くても時間が経つと治ります。
リタイアした後は、平気でご飯食べたりできます。
隊長にもどうやって克服したら良いか分りません。
体力を一層高めるように鍛えるしかないのかとも思いますが、
今更もう無理の気がします。
考えられるのは、オーバーワークにならないようにできるだけ前半抑えて後半から徐々に上げていくしかないのかと思います。
今の自分には、残念ながらハセツネの71.5km走る実力が
無いのです。
こう思った時、卒業できないなぁ~と・・・・。
「自己責任」重い言葉ですが、ヤリガイがありますね。
ハセツネにいつか勝ちたいです。
一緒に頑張りましょう!
Commented by Yo-Z at 2013-10-22 23:12 x
思っていた以上に大変な状況だったんですね(汗)
私も2年前に浅間峠の手前で嘔吐して、その後50kmを歩いてゴールした経験がありますが、正に何の意味も持たないゴールでした。
その時の経験から、今回は正しい判断をされたと思います。
その判断が正しかったと証明するためにも、神流では今回の分までレースを楽しんじゃってください。それが出来て初めて「自己責任」完結だと思います。
終わりよければ全てよし。応援していま~す!
Commented by ハナ* at 2013-10-23 01:21 x
隊長
完走おめでとうございます〜!
やっぱり私もペースが速すぎたのかもしれませんね…。
いつも吐き気と嘔吐はあるのですが今回はあまりに激しくびっくりしちゃって。。でも、まだまだ未熟者だったなと、実際に辛い状況の中、完走された隊長の姿を見て思います。

71.5キロ走る実力が充分ある隊長が「卒業できないなぁ〜」と言ってしまうハセツネの魅力って何なんでしょうね〜(^^)。レースに出場し続けている隊長の言葉、深みを感じます。

頑張るのも頑張らないのも全て自己責任という言葉の内。
私もまだまだ卒業できないのかな〜(汗)
Commented by ハナ at 2013-10-23 06:41 x
Yo-Zさん
浅間峠から50キロ歩いてゴール…ある意味こっちのほうがハードかも〜。Yo-Zさん、強いですねぇ。。
リタイアの是非は未だに良くわかりませんが、今回あまり後悔していないことが自分ではショックで…(汗)。去年初めて信越でリタイアした時は悔しすぎて一ヶ月くらい地団駄を踏み続けたのですが。今回はあっさりしてて。あの悔しさが「若さ」だったのなら、今回のお落ち着きは「老成」している感があって…(汗)変化に戸惑ってます。
Yo-Zさんも今週末のレース、楽しんでくださいね〜。
Commented by matsunorida at 2013-10-23 11:32 x
嘔吐はつらいですね…ボクはRace時間が短いし胃腸が丈夫な方なので嘔吐経験は無いですが、クイちゃんと同じように"逆流性"を持っています。みぞおちから竹ヤリを付きつけられてる感じで非常にツライですよね。Paceを落として水を飲むと和らぎます。逆流性は太った人脂っこい物が好きな人お酒飲み(笑)がなりやすいと言われていますが、猫背や背中を丸める(CyclingPosition)でもなりやすいと言われてます。(ボクはかなり猫背です)補給って深いですよね、いつか"おにぎりとお茶"で走れるようになりたいと思う今日この頃です(~_~)お疲れ様、また走りに行きましょう♪
Commented by ハナ* at 2013-10-23 22:41 x
matsunoridaさん
matsunoridaさんも逆流持ちなんですね〜。私は二年前からで、今はかなりマシになってきてますが、みぞおち痛は本当に辛いですよね〜〜。やっぱりお酒?私も猫背気味…(汗)
私はロングレースばかりなので、胃腸が常に課題でなんです〜。
そうそう、マウイ、楽しんできてくださいね!
by tekuteku-m | 2013-10-20 21:40 | トレイルラン(レース) | Comments(8)

神戸、六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31