恋するピンク色… プーシキン美術館展 フランス絵画300年 

b0183911_2301745.jpg

好きな色は?

…と聞かれたら
迷い無く「ピンク♪」と
今でも即答してしまう妙齢の私…(笑)



幸福感
そんなイメージのあるピンク。



ピンク色を背景色にしちゃったルノワールが描いた肖像画、
「ジャンヌ・サマリーの肖像」を観にプーシキン美術館展へ。


当時肖像画の背景をピンクにすることは「下品」だったらしいのですが…
ルノワールはジャンヌに恋をしながら描いたんだろうな…と微笑ましく感じる背景の優しいピンク色。ジャンヌの外見だけではなく、16歳も年下の彼女の活き活きとした生命力や若さ、女性としての初々しさ、そんなものに惜しみなく愛情を捧げて描いた様子がうかがえ、なんだか優しい気持になれる作品でした。


ピンクは人の気持をピュアにするパワーがあるのかな。
じーーと作品を眺めていたら、立ち去りがたい気持に。





---
他、ゴッホやゴーギャンからピカソまで。
なんでもあり?ですが、見応えたっぷり
スター揃いの展覧会でした〜。




プーシキン美術館展 フランス絵画300年
〜12/8まで 神戸市立博物館





b0183911_2302042.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2013-10-05 22:58 | 美術展、展覧会 | Comments(0)

神戸、六甲を中心に文字通り走り回っています。そして時々アートも。UTMF&UTMB完走の100マイラー。    2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
プロフィールを見る
画像一覧