はじめての…

b0183911_03114.jpg

斑尾50k、信越五岳110K、STY、UTMF…と、
全国規模の有名レースにいっぱい出場している私ですが…

トレイルランニング5年生にして初めて経験するのは…
b0183911_032698.jpg

レースのボランティア!

地元神戸で行われた「港KOBE・Mt.六甲トレイルランニングレース」に
ボランティアとして参加してきました〜。




レースのコースは日頃ジョギングで走っているルート。
あまりにローカル過ぎてエントリーする気にはなれませんでしたが、
我が地元、何か関わってみたいと思いボランティアに初挑戦。



---
当日6:30神戸市役所前集合。
ボランティアの方のマイカーに便乗してスタート会場の森林植物園へ。
まだ人もまばらでメーカーブースが設営中でした。
b0183911_031532.jpg

お揃いの黄色のTシャツがスタッフTシャツです。
b0183911_031728.jpg


実は私、ボランティアのチームリーダーになっており、ボランティア7名+学生ボランティア5名をまとめるという重役?だったのですが…(たぶん地元で土地勘があるからかな?)
しっかりしているメンバーの方々に頼りっぱなしでした〜(汗)。
みなさん本当にありがとうございました。


まず最初のオシゴトは荷物預かり。
b0183911_031980.jpg

ボランティの方が多い??(笑)

コチラ、招待選手のイカツイみなさま。
みんな知り合いです…(笑)みんな頑張ってね!
b0183911_032147.jpg




スタート40分前にチームで最初のコース誘動場所へ移動。
◯番に◯◯さんと役割が決まっていたものの、番号を記載した地図が無く、
指定エリアに行って初めて自分の指定された場所が判明するという…(汗)。
学生は◯番〜◯番の間に配置と指示あるのみで、どこに立ってもらうかは現場判断のみ(汗)

「ここ、わかりにくいよね?ここに立ってて〜」と現場にてメンバーの意見を聞いて配置するも、さっきの場所よりこちらの方が道がわかりにくい〜とあわてて走って戻り、場所を変えたり…
いきなり走りまくったスタート前です。(汗)


---
最初はスタートから1キロ程のトレイル入り口での誘動。
楽しく声をかけてハイタッチなぞをしながら誘動するも、
後ろの方になるとシングルトラックの入り口なのでだんだん渋滞が…
b0183911_032221.jpg

兵庫県警の方が視察に来ており、公道に選手がはみ出ているとお叱りを受けました。

うーーん、いきなり運営側のスタッフとしての試練?
びっくりしたものの、ちょうどスィーパーが通過して他のボランティア達が次の誘動場所に移動するため集まっていた時だったので、居合わせた方々のおかげでなんとなく苦情をかわせました。(みんな落ち着いてましたね。。)



走って(←間にあわないので)コースを逆走し、我がチームの配置場所の市が原へ。
私はちょうど自販機やトイレのある個所で気分的には良い場所でした。

汗だくで到着して、3時間の勤務に備えてあわててトイレを済ませて少し腹ごしらえをしながら待機して10分程。予定時間より少し早めにトップのサロモンのO杉選手の姿が〜。
b0183911_032414.jpg

トップが走って来る姿は本当にカッコいい〜!!
多くの登山客が休息する市が原のお茶屋さん前だったので、「トップ選手来ま〜す」と思わずアナウンス(笑)居合わせたハイカーさんもみな拍手と声援でお出迎え。

頑張って〜と応援するとO杉さんから「招待選手なのに、こんなに飛ばしていいですか??」と真顔で質問され、返答に困った私です。それより息もあがらず普通に会話をしたO杉選手の並外れた体力に感動〜〜。こんなアスリートとレース本番の生で接することが出来るのもボランティアならではなんだなって。


なかなか来ない2位にヤキモキしていると、これまた知っているT君だったのでまたテンションアップ〜。3位はH王子…知り合いばかりで嬉しい限り。ゴールまで後5キロ程の所でしたが、意外と差がひらいていました。

6位に前日六甲をご案内した富山のH君。
かっこいいぞー!!頑張って!!
b0183911_032529.jpg


いろいろ嬉しくって、大きな声で声援&手を振り回していたら
30分程でグッタリ…(笑)

ここからは省エネ誘動??
あまりテンションの上がらないようにはしましたが…
でも、やっぱり疲労が見える選手が笑顔を見せてくれることが嬉しくて、
ついつい声援をかなり手前で送ってしまいました〜。


まぁ、でも3時間立ちっぱなしは結構辛かった…


最後は選手の間隔があいてくるので時間を持て余したり。。
ボランティアって大変ですね〜。
スィーパーの姿が見えた時はどんなに嬉しかったことか。
(最後の方の方スミマセン〜)


ちなみに、ちょうど応援しやすい場所だったので、
いろんな方がやってきて一緒に応援しながらコース誘動してくださったり…それはそれで面白かった。心配していたハイカーさん達との衝突も無く、ランナーのマナーも良かったように感じました。


--
最終ランナー通過後はチームメンバーと合流して再度公園まで移動。
再度公園からは車でゴール会場まで移動しました。
たぶんこの日は7キロ程は走ったかも…。ボランティアも体力使いますね。


誘動看板をもって会場へ戻る道すがら、走り終えた選手から「おつかれさまです〜。ありがとうございました!」と言われたことがどんなに嬉しかったことか。

ボランティア=自分のために自発的に参加するもの、とは思っていますが、感謝されるのってやっぱり嬉しい。スタートもゴールも見れない裏方だったのですが、こんな一言でまあるい気持に。ありがたいなと思うと同時に、地元神戸のレース参加者の意識の高さを嬉しく感じました。


ゴール会場に戻り後片付けの後のご褒美は
b0183911_033182.jpg

神戸メリケンサイダー美味でした!


---
朝6:30からの長い拘束時間と炎天下のコース誘動は結構ハードではありましたが。無料でたっぷり一日楽しませていただきました♪という感覚の残った初ボランティアの一日。


運営側の大変さも理解できたり、ボランティアの方々の意識の高さに感動したり、参加する側の選手の気配りも学べたり、ハイカーさん達との交流もできたり。とにかくいつも走っている山が人も含めてこんなに素敵なところなんだなと改めて思えたことが幸せでした。


ボランティアもいいですねぇ。



でも、来年は選手として参加しようかな〜











b0183911_033025.jpg

[PR]
Commented by honoka at 2013-08-12 01:06 x
ハナさん、まだ5年だったんですかーー!!
Commented by KEN at 2013-08-12 12:00 x
やっぱりボランティアされてたんですね〜 暑い中長時間にわたりコース誘導お疲れさまでした!

ボランティアのみなさんお陰で気持ちよく走ることができました!本当に感謝ですm(_ _)m
Commented by ハナ at 2013-08-12 12:21 x
honokaさん
え?コメント、そこですかーー(^^)
少し前まで「初心者です♡」と言ってたのですが、まだというより、もう5年〜〜と思うのは私だけ??
Commented by ハナ at 2013-08-12 12:22 x
KENさん
参加されてたんですね〜。
暑い中おつかれさまでした!
選手の方々からいっぱい元気をいただきました。いい空気のレースでしたね〜。
Commented by jinkita at 2013-08-12 18:39 x
ハナさん ボランティアお疲れ様でした。私は、小学生の息子がトレランレース初出場ということで、付き添っていました。キッズの部もとても配慮がなされ本当に良かったですよ。子供から大人まで楽しめる大会ですね。これもボランティアの皆様のお陰だと思います。私も来年は参加はもちろん、ボランティアでも参加したいです。
Commented by ハナ at 2013-08-13 09:41 x
jinkitaさん
レースの付き添い、おつかれさまでした〜。私はキッズの部を見ることが出来なかったのですが好評だったみたいですね!7分後スタートの大人達が折り返す子ども達の走る姿が見れて良かったと聞きました〜。子ども達の走る姿てパワー貰えますよね!
来年是非ボランティアか又は親子でレース参加を(^^)
by tekuteku-m | 2013-08-11 23:48 | トレイルラン(全般) | Comments(6)

神戸、六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31