UTMF 2013 参戦記5 A8山中湖きらら〜ゴール

b0183911_2202731.jpg


A8山中湖きららへは足の痛みに耐えきれず、
びっこをひきながら最後の舗装路をほぼ歩きで3時間半程で到着。

ここでアドベンチャーディバズのスタッフの友人にお会いして。A8で待ってるよと言われたのはスタートの時、昨日の夕方でした。うわぁ〜ここまで来たんだ〜と感慨ひとしお。お味噌汁をいただきました!本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

足の痛みはニューハレの芥田さんにテーピングを施してもらいました。
完走できるようにしてくださいとお願いしてのテーピング。
芥田さんのテーピングかなりの効果ありました!

30分程休んでスタートしようかなと思った時に隊長に遭遇〜!次はA10で待ってるよと言われ、ますますパワーアップしてA8はスタートできました。

<A8〜A9>
後半の難所第二弾石割山です。
スタートしてすぐにシゲちゃん達に追いつき、ご一緒させていただきました。
真っ暗闇の激登、すこしでもおしゃべりできる相手がいるのはうれしかったです。
b0183911_2201592.jpg

暗くてよく見えなかったけど、石割神社、巨石の間に神様が祭られています。

A9にはシゲちゃんたちにくっついて1時間半程で到着。
スポーツドリンク、コーラ、スープ、パン、オレンジをいただきました。

次のA10までは一番の難所、鎖場のある扚子山です。苦手な崖っぷちの鎖場…ここでシゲちゃんSさんに一緒に行ってくださいとお願いしました。ただしA10からは自分を追い込みたいため一人でいきますということも伝えて…。



<A9〜A10>
A9からはなだらかな登りがしばらく続いて…
突然激登エリアに入ります。ロープを使わないと登れない激登です。
体力というより腕のチカラ?最後にこれはないでしょ〜〜と。
どこまで続くかわからない激登になんだかだんだん可笑しくなってきます。
もう130キロ越え、ここまで来ればなんでも来〜いという気分。
キツイしんどい寒い可笑しい?という気持のやりとりをシゲちゃん達とできてありがたかったです。今から思えば、私、結構元気でした。。
b0183911_2201822.jpg

鎖場を超えた山頂。おつかれワタシ〜という気分。


あとは800mの下り。下りの足が残っていない…というシゲちゃん達を置いて先にA10へ。この時足の痛みはかなり来ていました。


A10へは4時間程で到着。
隊長とRRちゃんが出迎えてくれてなんとも嬉しい最後のエイドでした!
スープを持ってきてくれたり、至れり尽くせり。お友達に会えるのって本当に嬉しい。まったりしすぎてやや気持がゆるむも、「もっと頑張りたい」という気持が強く…2時20分という一番人が少ない時間に一人でA10をスタートしました。

みなさんありがとう!(写真いただきました)
b0183911_22302998.jpg




<A10〜ゴール>
真夜中二時台の山中は本当に漆黒の闇の世界。二晩目の眠気も襲ってきて、誘動テープが何度も人に見えました。なんで私一人でスタートしちゃったんだろう…と幾度か涙ぐみましたが、その度に頑張れワタシと鼓舞し、とにかく前へ前へと進みます。登りきった先にピークがあり、あとは林道ですと言われて…。足の痛みが強くなってきてペースが落ちてきた際、迷わず痛み止めのロキソニンの封を切りました。「痛みを感じることは大切」というヨガの教えを大切にして今までレースで飲んだことのなかったロキソニン。最後になって今さらながら順位を上げたいという今まで禁じていた競争心、そしてゴールへの執着。

最後の10キロは林道のくだり。ノンストップで駆け下ります。最後の極限の状態で出てきた自分という人間を作っている意地のようなものを見たような…。

山を出て舗装路にでてから足の痛みがぶり返してきたので少し歩きましたが、足をひきずりながらもゆっくり小走りでゴールへ。


↓隊長撮影。オールスポーツのゴール写真の後ろに隊長の姿がありました〜(笑)。ありがとうございました!
b0183911_2202324.jpg



---
38時間46分、ゴールは意外とあっさりと…(^^)

隊長、富山のFちゃん達、Nさんを中心としたUTMF応援隊のみなさんが早朝にもかかわらずゴールで出迎えてくれたことは本当に本当に嬉しくて。
寒い中ありがとうございました!

舗装路にでてからの声援の温かかったこと…
いままでの人生の中で一番「頑張れ」と言われたのではないでしょうか。
ありがたいなと心から思います。



---
38時間の旅、でも足の痛み以外は意外に疲労は少なく、元気にゴールすることができました。胃腸がもったことは本当によかったなと思います。思ったより冷静に自分の身体に対して判断を下している自分がおり、自分に対する新たな発見でした。そして救護室やトレーナーや友人など、上手に人に頼りながら完走した自分がいました。

思えばUTMFに当選した半年前、まずはいっぱいの人に「頑張って」と言って送り出される環境を作ろうと考えました。到底一人のチカラじゃ161キロは無理だなと。まずは家族にDVDを見せたり(あまり理解は得られませんでしたが…笑)会社の同僚に少しずつ話しをしていったり、UTMFについて私にとってプラスの事を言ってくれる友人知人を増やしていったり。それもこれもUTMF完走という目標のため。結果、苦手としていた他人に心を開くということ、人の懐へ飛び込んで行くという術を、少しですが身につけられたのかなと思います。レース中も一人で頑張らず周囲の援助を受けながら進んで行けました。自分の弱さを理解し、人に頼っていける強さを身につけられた気がします。私のUTMFは半年前から始まっていたのかもしれません。



疲労よりも心の充足の方が大きかった100マイルの旅。ゴールで交わした100マイラー同士の会釈は161キロという距離を経てきた人だけがもつ一体感に溢れその笑顔は輝きに満ちていました。その顔を見ていると、冷静ながらもとにかく一生懸命だった濃い時間が蘇り、100マイルという世界に挑戦し、なんだかちょっぴり成長した自分を誇りに思えました。


おそらく最初のチャレンジだからこそ。来年はどう感じるのか?
このファーストインプレッション、幸せな気持、しばらくは楽しめそうです。



100マイルもの距離をつなげた鏑木毅さんをはじめ運営のスタッフ、
エイドでのおもてなしをしてくださった地元のみなさん、
寒い中声をはりあげて誘動をしてくださっていたボランティアのみなさん、
エイドで応援をしてくれた友人達、
無謀なロング走やトレーニングをおつきあいしてくれた仲間、
レース中お会いした方々
全ての方に感謝です。







b0183911_13232667.png

[PR]
Commented by オフィ at 2013-05-08 23:06 x
完走おめでとうございます!
ゴールに至るまでの長い道程、心が洗われる素晴らしい景色、そしてステキな仲間のサポート!
ハナ*さんのブログを読むと38時間にギュッと凝縮された素晴らしい時間がビシビシ伝わってきて、胸が熱くなります。今回完走されたことは、あらゆることに対して自信になりますね。お疲れさまでした。ゆっくり体を休めて下さいね。
Commented by KEN at 2013-05-09 14:11 x
辛さ!楽しさ!素晴らしさ!全て伝わってみました‼ ホンマにお疲れさまでしたm(_ _)m
Commented by ハナ* at 2013-05-09 22:36 x
オフィさん
ボランティアもお疲れさまでした!そして長文にお付き合いいただきありがとうございます。今までいろんなレースに出ましたが、やっぱり初めての時が一番いろんなことを感じるので、今回も記録として残したくて書いてみましま。それにしてもエントリー費以上に余韻を楽しめてある意味お得なレースかも♪オフィさんにも是非参加してみて欲しいです(^^)
Commented by ハナ* at 2013-05-09 22:39 x
KENさん
コメントありがとうございます!
自分の記録として残しておきたくて書いたので文章長かったかと…(^_^;)
Commented by ドバッツ隊長 at 2013-05-10 20:44 x
何度でも言わせてもらいます「完走おめでとう!素晴らしい!」
自分には、無理だったかもしれません。
みなさんに謝ります。
みなさんのゴールが、うれしくて・羨ましくてついつい感動のゴール写真の邪魔をしてしまったみたいです(笑)
Commented by ハナ* at 2013-05-10 22:10 x
隊長♪
寒い中、応援&撮影ありがとうございました!隊長はきっといろんな方のゴール写真に写ってるんでしょうね〜(^_^)

100マイル、実はゆっくり進んでいたせいか胃腸の調子も悪くならず、STYより楽な感じでゴールできました!もっと過酷な世界かと思ってましたが、私レベルの時間帯だとゆったりしてて応援も多く精神的にもリラックスしたまま走れました。隊長も是非来年もエントリーを!!(^^)
by tekuteku-m | 2013-05-08 06:37 | トレイルラン(レース) | Comments(6)

神戸、六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31