常念岳〜燕岳、北アルプスへ 3日目

夜寝ている時から息が苦しく、頭がガンガンに痛かったのですが…
朝、4時に起こしてもらうも、激しい頭痛と吐き気に襲われて。。
あまりの気持の悪さに起き上がれず…

これが低酸素症の「高山病」というものなんだと直ぐにわかりました。
同室(ベッド?)の方から寝てたら呼吸量が少なくなり、症状が悪化すると言われ、
なんとか無理矢理起き上がり着替えたりするも、身体がほとんど動きません。
胸焼け、頭痛のしんどかったこと…

後で調べてわかったのですが、ピーク時の山小屋は人が多く、
それだけでも酸素量が少ないので高山病になりやすいとのこと。
また、血中のヘモグロビンの量(酸素を運ぶ)が影響するため
貧血気味の女性は高山病にかかりやすいとか…
ぐすん。


2時間程ヨタヨタしていたのですが、むりやり朝ご飯へ。
b0183911_1374756.jpg


少し食べたら、なんだか元気に?
そしてロキソニンを飲んで頭痛の症状が改善!

今だ〜、ということでとにかく標高を下げるべし…という高山病改善の掟に従い
300m程下がった燕山荘へ向かう稜線まで降りることに。

7時頃出発。霧で視界が悪いです。
b0183911_1374945.jpg


高山病の影響か、どうも体温調整ができず妙に暑くなったり寒くなったりで途中なんども着たり脱いだり。
目眩がするなか、この梯子が怖かった…
b0183911_1375121.jpg


雨が降っていないことには感謝
b0183911_1375466.jpg


稜線に降りてしばらくすると、目眩もおさまりだんだん元気復活〜
お花を撮るゆとりも…
こちらコマクサさん♡
b0183911_1375597.jpg


霧も晴れて視界も開けてきました〜
b0183911_1375774.jpg


こちら蛙岩。見えなくはない…?
b0183911_1375981.jpg


こんな岩の通路も。
b0183911_138039.jpg


お花〜♡
b0183911_138276.jpg


なんとトレイルランナーにお会いしました。
b0183911_1381113.jpg

一の沢〜常念小屋〜燕山荘のルートを一日で往復するとか…!!
この気温の中、この半袖短パン。
少しお話をさせていただきましたが、素敵な方でした。



3時間程で燕山荘に到着〜
b0183911_13832.jpg

が、しかしTちゃんはもう発った後でした…
ゴメンね。。

この頃から晴れてきた!
高山病で苦しんだ大天井岳が〜
b0183911_138514.jpg


こちらイルカ岩
b0183911_1381376.jpg


燕山岳から…。晴れてる〜〜
b0183911_132841.jpg


快晴の北アルプス〜。
今日からの登山の方がうらやましい!!
b0183911_13252336.jpg


高山病や雨風の悪天候で高いお山はもう向いてないかな…と思いかけていた気持が
この晴天で上書き保存…(笑)

超名残惜しくもそろそろタイムリミット!
天井荘でご一緒した方と3人で下山へ。
北アルプスは背中になるけど、安曇野平野が一望できる合戦尾根ルートも
素敵なトレイルでした。
b0183911_13253467.jpg


合戦小屋にて
b0183911_13305377.jpg

スイカ!!
b0183911_13312098.jpg

ごちそうさまでした♡




3時間弱で登山口の中房温泉に下山〜。
3日ぶりのお風呂、気持ち良かった!
水が自由に使えることが本当にありがたい。
b0183911_1332236.jpg





一緒に下山した方に車で穂高の駅まで送っていただきました。
車で道路を降りるにしたがってだんだん「街」の景色に。
3日間2500m越える山中にいたせいかどこか不思議な気分。
学生時代の長期の海外放浪旅行から帰ってきた時の感覚を思い出します。

テレビもネットも無く、荷物も最小限のため
おしゃべりと寝ることに徹する山小屋での夜は
人と人との距離が近く時間の濃度が高い気がしました。

シンプルな時間っていいな。









来年はどこのお山へ行こうかな。
b0183911_13434315.png

[PR]
Commented by matsunorida at 2012-07-23 14:33 x
海外や"別世界"に行って 帰ってくると いつもの景色も 全く違った質感に見えますね☆
そして その質感は どこか 物憂げで どこか切なかったり…
高山病や アクシデントがあったみたいですが ステキな山旅になって良かったですね~
そんな高い山 行ったことないので いつか行ってみたいなぁ っと思いました♪ 
Commented by ハナ at 2012-07-24 00:42 x
matsunoridaさん
そうそう、物憂げ…、そんな感じ。
山小屋で働いている若い方々が、昔アジアの旅先で出逢った、長期滞在者とだぶって見えてしまったのも何か共通点があるような気がします。

私もまだまだ高い山初心者…(汗)
やっぱり走るのが好きなので「のんびり登山」はあんまり向いていないのですが、高い山に集まる方々とは気が合うなと思いました〜。matsunoridaさんも是非☆
Commented by ドバッツ隊長 at 2012-07-24 20:12 x
とっても良い旅でしたね。
隊長は、お山だと直ぐに走る・走るなので中々景色見てる間が
ありません。
2・3年前に北穂に登頂した時に、山は走っちゃだめ。
お山のルールの大事さをつくづく思い知らされたのを
思い出しました。
命の大切さ・・・。
たまには、ゆっくりお山を楽しむ、これも良いですね。
競争の無い世界、まだあまり知りません。
3回にわたるレポ楽しませて貰いました。
癒されます~。
もう少し大人になったらもう一度登ってみたいです。
天空の世界に。
Commented by sasashin at 2012-07-25 14:01 x
時間があるようでない空間、すごくいいですよね。
景色も出会う人も一期一会と思うと今の時間を大切にしたくなります。
Commented by ハナ at 2012-07-25 23:17 x
隊長♪
私も「のんびり登山…」と思ってましたが、走らずにはいれらませんでした〜〜。やっぱり走るのって楽しい!
北穂高に行ったことあるんですね!私は3000m越えは未経験…。きっとまた高山病になりそだわ。。
そうそう、富士登山競争ですね〜。3700m目指して頑張ってください!
Commented by ハナ at 2012-07-25 23:20 x
sasashinさん♪
一期一会…そうなんですよね〜。旅先での出逢いは特にそうですね。
そうそう、sasashinさんも富士登山競争!!
3700m目指して頑張ってくださいね!
by tekuteku-m | 2012-07-22 23:00 | 登山 | Comments(6)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30