ワインのお話と…

ワインってちょっと難しい…
そう思っていたのだけど。

Hさんからチケットをいただいて、
フェリシモの神戸学校へ。
b0183911_2312227.jpg

ゲストはビーズ千砂さん。
フランスのブルゴーニュ地方にあるワイン生産農家に嫁いで
現在マダムとして活躍されている方。

ワインの作り方のお話から千砂さんの生活の事まで
いろいろ。
魅力的なキャラクターの千砂さんにほんわかした気分になります。

休息時間は千砂さんのブドウ園で作られたワインの試飲。
b0183911_2312535.jpg


2007年、2008年、2009年と同じブドウ畑で育ったワインを試飲。
b0183911_2312645.jpg

同じ畑の同じ品種のぶどうでこれ程味が違うのかと、びっくり。

そして、私は2007年が断然美味しい!と思ったのですが…
会場の方々の好みはみごとに3分。
「美味しい」の感じ方は人それぞれなのだと。

2009年は気候も良く、何の心配も無く育ったブドウで作ったワイン。
大地のエネルギーをストレートに感じる元気なワイン。
いわゆるグレートイヤーの年のワインとのこと。

で、確かに「あっさりしすぎて物足りない…」と私が感じたのも
その素直な味が今の私の好みじゃなかったのかな?

私が一番美味しいと感じた2007年は天候の悪かった年。
試行錯誤を重ねて収穫した非常に手間のかかったブドウだそうで、
苦労と手間がわかっているのね…的な。
そのせいか心を落ち着かせる「癒しのワイン」とのこと。

あ、私疲れてるんやろか…なんて思ったり。

ぶどうの生育とワインの味の個性がこれ程影響するとは…
舌をもって感じた貴重な経験でした。



思ったより奥が深く面白かったワインのお話…
そして、ワインの生育と同じく「自然」な自然体の千砂さん
とってもステキでした〜

Hさん、チケットありがとうございました!


---
ワインでほろ酔いになりながら、Junさんとお茶をしに…
b0183911_2312849.jpg



ワインの酔い+ケーキの甘味でガールズトークが弾み…



そして、ふらりルミナリエ!
b0183911_2312940.jpg

今年は色鮮やかなルミナリエ。
ルミナリエ、みんなが嬉しそうに光を眺めているその空気が好き。


楽しい土曜日の午後でした♪
[PR]
by tekuteku-m | 2011-12-11 23:34 | 日々のこと | Comments(0)

神戸、六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31