Madarao Forest Trail 50k 2010 〜当日〜

レース当日は朝3時起き。
朝起きて一番にするのは、ローションパックと
膝、腸脛靭帯、足首へのテーピング。
同室Mちゃんと小声でおしゃべりしながらのんびり?テーピング。

準備して5時前には朝食会場であるスタート地点へ。
昨日4食も食べたせいかなんとなく胃が重い。
カーボローディング失敗か…???
おにぎりは食べられず…
b0183911_12362345.jpg

b0183911_12365836.jpg


去年あんなに緊張してた朝食会場、今年はなんとなくリラックスモードです。
食べ終わってささとストレチしたりして準備へ。
真っ暗だった空もだんだん明るくなってきます。


スタート15分前にスタートゲートへ。
今年はきちんと前の方に並びます。
RWSのM崎さんと握手、Sくんとも握手。
頑張ろうねとお互い励ましあい、笑顔で元気もらいました。
なんか、いいな。

去年もご一緒したMちゃんと一緒に並んでちょっと心強い。
お互いレース二年生、恐らくレースに対するキモチが似ているはず。
b0183911_12384734.jpg

b0183911_12383576.jpg



楽しい石川弘樹さんのDJ風カウントダウンでいざスタート。
50キロの旅へ〜


最初はカラダが重い…のはいつもの事なので、
ちょっとしんどいかな…と思うペースでがんがん飛ばします。

ゲレンデの激登り。
b0183911_12442571.jpg


30分くらいで約7キロ地点の第1エイドへ。

そして10キロ地点で50分。
ちょうどお会いしたN君にオーバーペースだよーーと言われるも
なんとなくカラダがやっと軽くなってきたのでそのままのペースで飛ばす。
去年歩きまくった林道、今年は歩かない!と念じてがしがし走る。

が、やはりオーバーペース??
ちょっと足がつり気味になってきたのでアミノ酸投入。
2時間弱で第二エイド。

ここでM崎さんと会い、笑顔で頑張ろうね〜って。
斑尾山への激登りを登る。
得意な登りのはずが、足が思うように前へ進まない…
思えばあまりの忙しさに寝不足、トレーニング不足の9月
ちょっと調整不足かな…などと弱い言い訳の声が聞こえてきて。
あ、キモチが負けてる…と気がつき
カーボショッツを投入。
とにかく今ある力が「私」なのだから、今の私を全力投入しよう…
とキモチを立て直す。
b0183911_12501627.jpg

野尻湖がきれいです。

日頃は痛くならないふくらはぎが痛くてつってきて。
下りはまったくスピード出せず、よろよろ駆け下りる。

第三エイドで3時間過ぎ。
またM崎さんと笑顔でしんどいけどがんばろうね〜って。
彼女の笑顔はウレシイな〜。

袴岳への登りを頑張ったらまた足がつってきて
30キロ過ぎたあたりから走れなくなり。5キロくらい歩いて進む。
ややキモチがが焦る。

第4エイドで4時間半。
またM崎さんとお会いし、笑顔でエネルギーチャージ。

ここから40キロ地点がしんどかった…
足がつって痛いし、なかなか5キロおきの表示が表れないし。
とにかく一歩一歩進めばゴールに近づくのだと
何度も何度も心でつぶやく。

そして、気がついてたら頑張れ、頑張れと小声でつぶやく私…
意識が朦朧としているのに気づきアミノ酸MUSASHIを投入。
今回ケミカル系に頼りまくったけど、
ほんと朦朧とした意識がキューと復活するのがわかるのが凄い。

MUSASHI、アミノバリュー、カーボショッツと
このあたりから30分毎にカラダに投入してとにかくふんばる。

40キロ過ぎたあたりから、あと10キロだ!!と思うと何故か元気に。
友人達がボランティアをしている最後のエイド、第5エイドへ、ここで5時間50分。

普段は絶対しないのに、友人達にハグして元気をもらう。
もうしんどい〜〜と泣き事を言ってゴメン。
でもホントここのエイドではエネルギーもらいました。
みんなありがとね。


最後の7キロよろよろ走る。
ラストスパートする体力も残っておらず、結構抜かされるも
ここまでチカラを使い果たしていることに、満足しているジブン。

もう少しでゴールだ…と気持だけは元気で
限界に近づいている足とカラダに活をいれてとにかく一歩一歩と進んで。

最後は、ああもう走らなくっていいんだ〜〜ってわけのわからない嬉しさで
ゴールをしましたーーー。

なんと6時間台でのゴール!
去年からは2時間も早くゴールできました!



ゴールして5分くらいして落ち着いてきたら涙が出てきました。
ああ、私すごく頑張ったな、って。
嬉し涙??本当に頑張った自分に対するこみ上げてくる感情??
本気で走った事を「レースを楽しむ」、というのかな。



---
去年とくらべるとほとんど写真も撮らずに走りました。
たまにはこんなレースもいいかなって。
で、頑張りました。

こんなに頑張れた自分と成長した自分に遭えて
なんだろう、何かを越したような。
やはり50キロを一人で自分の心と身体と対話しながら進む。
濃い濃いジブン時間。
いろんなものが見えたり、見えなかったり。
まだまだ整理しきれません。


今年は多くの友人と参加しました。
笑顔で励ましあい、場の空気を盛り上げてくれた友人達、
今年も同室でご一緒したMちゃん、
二年連続ご一緒しているA君、N君、
車の運転やサポートに徹してくれたHさん、
励ましメールをいただいた信越組のみんな、
レースを支えてくださった地元のみなさん、
プロデュースしてくださった石川弘樹さん

全ての方々に感謝の気持です。
ありがとう!
b0183911_13334513.jpg

[PR]
Commented by こうじ at 2010-10-09 20:41 x
お疲れ様。ナイスランです(*^^)vいつアップされるのか楽しみにしてました(^_-)-☆
なんかエライ早くなってますね。払い込みが遅れてスタートラインにも立てなかった者にとっては羨ましい限りです。

>本気で走った事を「レースを楽しむ」、というのかな。

そうでしょうね。確か去年は『周りの人ものんびりムードでいい感じ』みたいな一文があったと記憶してます。それも一つの「楽しむ」だと思います。でも今年は『ガチ』ですね。「大会」じゃなくて「レース」。ランナーとしての意識の変化でしょう。
しかし斑尾まで遠征に行くと「せっかく行ったしゆっくり楽しむ」か「精一杯出し切る」のか。悩むトコですね(^_^;)



Commented by ハナ at 2010-10-10 22:58 x
こうじさん、ありがとうございます〜
レースに参加できなかったこと、残念ですね。。

確かに2回目だから「ガチ」ができたのかな??
でも、楽しんで走るのも私は好きです〜。
石川イズムを知っている方ならこの感覚わかるかな…
と思ってしまった今回のレース。

もう今シーズンは終わったので、のんびり山を楽しみたい今日このごろです…
by tekuteku-m | 2010-10-07 01:33 | トレイルラン(レース) | Comments(2)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31