真面目モード

本日、東山三十六峰トレランのレースに参加。
京都東山トレイルを宝ケ池から伏見稲荷までの30k。
手作りなレースだけど参加1000人と結構参加人数の多いレース。

まず、国際会館前に到着して、つり下げられているゼッケンをとる。
受け付け無し…(汗)
b0183911_23164939.jpg


そして、アナウンスや開会宣言などなく
時間がきたらいきなりスタート…(汗)
b0183911_23173610.jpg


まずは宝ケ池をぐるりと周り、一般道を走って山へ。
なんと、電車が通って走れなくなったり。
b0183911_23185780.jpg


シングルトラックは、渋滞で走れなかったり
b0183911_23192759.jpg


なんだか、結構テキトーな感じのレースでしたー。

---
私はというと、膝の調子が良くなく最初から戦意喪失?
後方スタートで、とにかく30k走れる膝を…と
ゆっくり走る。

最初の山で既に膝に違和感。
イテテテと心の中でつぶやき第一エイドへ。
すでに仲間6人は先へ…(涙)
第二エイドまでの大文字山の登りより、降りは本当に痛くて痛くて。
ああ、膝の痛みなく気持よくチカラをだしきって走れるようになりたいな…
と真剣に思う。

3つあるエイドでほとんど休むことなく、
無理をしないスピードで走って
なんとか、4時間半程でゴールインしましたー。


--
二回目のトレランレース、感想は…
なんか、しんどかったーという感じ。
斑尾のレースは、石川弘樹さんが提唱する自然を楽しみレースを楽しむ、
そういうランナーが多く、あまりがつがつしていなかったかな。
声をかけあったり、前後する初対面の人としゃべりながら走ったり、
ビューポイントでは撮影をしたり…エイドで雑談したり

が、今回のレースは無理矢理抜かしてくる人、
無言で抜かす人、道を譲らない人…
石川さんの提唱するようなマナーはあまり見られず。。
そして、エイドでのんびり休息したり、写真をゆっくり撮ったりする人もいず、
ひたすら「走る」真面目モード?なレースでした。

恐らく、レースの主旨が違うのだろうとは思うけど、
斑尾の楽しいレースを経験した身にとっては、
ちょっとしんどかったなーとキツさが残るレースでした。

ただ、ボランテイアの方々は斑尾と同じく、温かい声援をおくってくださり、
それは本当に心強かった…
心温まる声援をおくってくださったボランテイアの皆様には感謝072.gif


あと、会場でいろんな方々にお会いできたのは嬉しかったー。
ランニング教室のIさん、Yさん、
会社のTさん、
先々週のイベントでお会いした方々。
そして、斑尾をご一緒したA君、N君、Mさん。
神戸から応援にきてくれたY君。
その他…

レースはキツかったけど、
楽しい一日でした♪
[PR]
by tekuteku-m | 2009-12-13 23:42 | トレイルラン(レース) | Comments(0)

神戸・六甲を中心に山をグルグル。そして時々アートも。2016年秋、関西に戻ってきました。


by ハナ*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31