惹かれるもの…

大好きな日本画家、小野竹喬の展覧会にふらり立ち寄る。
平日の昼間の美術館、結構混んでいて…。
でも、どこかのんびりした空気。
b0183911_2310315.jpg


b0183911_23102221.jpg


小野竹喬の絵のなんといっても「色」が好き。
わっ…とココロにすっと入ってくる色。
うっとりしてしまう色の組み合わせ。
お気に入りの奥の細道句抄絵シリーズはじぃーと絵の前に立ち尽くして
色を堪能、至福の一時。
好きだなぁ…としみじみ思う。


静かで頑固な人だったんだろうなと思う。
でも、彼の絵はひたすら幸福感を感じられ、眼差しは優しい。
決してエッジの効いた、派手な絵ではないのかもしれないのだけど、
日常の中に美を見いだす強いチカラを静かに感じる。

「好きだな」と感性が強く惹かれる絵には
好みというより、人の個性が表れるのかもしれない。
小野竹喬に惹かれるようになったのはここ数年。
ちょっぴり無理をしない自分を見つけられたような。
そんな気もするかも…。

会期は12月20日まで。
もう一回見に来よっと。。

b0183911_23364372.jpg

[PR]
by tekuteku-m | 2009-11-25 23:41 | 美術展、展覧会 | Comments(0)